登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
鎌尾根縦走(燕岳登山口-新穂高温泉) 燕岳・槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ambit_hiro さん

この登山記録の行程

【1日目】
中房・燕岳登山口(06:35)・・・第2ベンチ(07:26)[休憩 25分]・・・合戦小屋(09:13)[休憩 23分]・・・燕山荘(10:34)[休憩 10分]・・・燕岳(11:13)・・・燕山荘(11:30)[休憩 46分]・・・大下りの頭(12:57)[休憩 19分]・・・切通岩(14:26)・・・大天井ヒュッテ(15:10)

【2日目】
大天井ヒュッテ(05:45)・・・ヒュッテ西岳(07:44)[休憩 14分]・・・水俣乗越(09:04)[休憩 26分]・・・ヒュッテ大槍(11:08)[休憩 40分]・・・槍ヶ岳山荘(12:36)[休憩 34分]・・・槍ヶ岳(13:30)[休憩 10分]・・・槍ヶ岳山荘(14:01)

【3日目】
槍ヶ岳山荘(05:40)・・・千丈沢乗越(06:21)[休憩 8分]・・・硫黄乗越(08:17)[休憩 22分]・・・双六小屋(09:37)[休憩 37分]・・・弓折乗越(11:13)・・・鏡平山荘(11:51)[休憩 11分]・・・シシウドが原(12:35)・・・秩父沢出合(13:10)[休憩 12分]・・・小池新道登山口(14:01)・・・わさび平小屋(14:20)

【4日目】
わさび平小屋(06:20)・・・笠新道登山口(06:29)・・・新穂高温泉駅(07:12)

総距離 約37.0km 累積標高差 上り:約3,881m
下り:約4,224m
コースタイム 標準:24時間42分
自己:20時間46分
コースタイム倍率 0.84
 いつの間にか始まった、夏休みの「南ア」「北ア」の交互縦走。今年は、北アルプスの縦走。思い切って表銀座にしてみましたが、下山口は上高地を避け、新穂高に下りました(わさび平小屋のお風呂が目的です)。
 前日は、穂高駅の周辺でビジネスホテルに前泊(中房温泉と有明温泉の予約が出来なかった為)し、翌日の一番バスで中房・燕岳登山口に向かいます。登山道は、良く整備されており、地図は不要です。山小屋も充実していて、お昼ご飯は、全て山小屋のメニューにお世話になりました。どこも、乾燥室は稼働していたので、汗に染みた登山服を翌日に着ることがありません(においも多少消えます)。
 燕岳までは、いきなり急登が始まりますが、途中休憩所が多く、休みながら登ります。登山者が異常に多いことと、梅雨明け直ぐと言うことで、かなり湿気が多く疲労が激しいです。登山道は、前日の雨の為、濡れていますが、砂礫の為、滑りません。ただ、登山者が多いのは燕山荘までで、それ以降は、数名(10名程度かな?)。尾根歩きを堪能できます。「大下りの頭」から、大天上岳を見たときは、体力的に厳しく、引き返そうかと思いました。予定していたコースは、トラバースコースで、切通岩の分岐で、自分一人になった時には、やばいかもと思ってしまいました。
 結局、大天井ヒュッテでは、切通岩の分岐で別れた方々と同じになったので、そちらが主要コースなのかもと思いました。
 二日目も晴天で、水2ℓを準備します。ヒュッテ西岳までは、多少のアップダウンを繰り返し、徐々に迫ってくる槍の雲が取れるのを見ながら進みます。ヒュッテ西岳でヘルメットを装着し、2連の梯子をクリアーし水俣乗越へ、ここから、いよいよ、東鎌尾根の核心部。ストックをしまって登ります。一番怖い、5連の梯子も出てきます。途中、エネルギー補給の為、ヒュッテ大槍で豚骨ラーメンを食し、槍ヶ岳山荘を目指します。槍ヶ岳山荘到着後、槍を登る人の多さと、下から登ってくる人の多さに、なんか違うかもと思ってしまい、槍に登る気力が失せてしまいました。小一時間ほど、ぼっとしていたのですが、団体が登ってきて「20分後に登ります」の声を聴き、その前に「行っときますか」と気を取り直し頂上に上がりました。槍本体は、最後の梯子以外は怖く無いです。
 三日目は、西鎌尾根を下ります。途中見える、奥北アルプス(そう呼ぶのか知りませんが)の雄大さが、こっちの方が好きだなと思いながら、休み休み下ります。途中、双六山荘でお昼とビールを戴き、雷鳥を楽しみながら下りました。最後は、わさび平小屋でお風呂に入って終了です。
 ちょっとこれからの山行の有り方を考えています。

登山中の画像
登山画像
中房温泉登山口で届け出を出します。
登山画像
行き成り、急登が始まります
登山画像
第一ベンチは、大勢人がいました。休めないので…
登山画像
第二ベンチも一杯です。ここでは、強引に休憩で…
登山画像
第三ベンチの標識。
登山画像
富士見ベンチ。
登山画像
登山道は砂礫の為、少し湿っていても歩き易いで…
登山画像
合戦小屋への最後の登り。
登山画像
合戦小屋。何故かスイカが名物。
登山画像
燕山荘が見えてきました。
登山画像
燕山荘への最後の登り。
登山画像
燕山荘到着です。
登山画像
分岐点にリュックをデポして、サブバックで燕岳…
登山画像
途中のいるか岩。
登山画像
頂上。標識はこれだけ。
登山画像
燕山荘で購入した、ピンバッチ。
登山画像
尾根を振り返ります。
登山画像
燕山荘で昼食(カツカレー)を取り、大天井ヒュッ…
登山画像
途中で、三羽ほど雷鳥を確認。
登山画像
大下りの頭の標識。
登山画像
大下りの頭から見た、大天井岳。長い道のりで、…
登山画像
でも、気持ちの良い尾根歩きです。
登山画像
途中こんな梯子も出てきます。
登山画像
こんな階段も。
登山画像
切通岩分岐の標識。事前のコースは、右のトラバ…
登山画像
ここの鎖場は、足場もしっかりしていて、鎖不要…
登山画像
ここも長い鎖場。鎖は必要ありません。
登山画像
ここも不要です。
登山画像
滑落注意の標識。鎖と言い、この様な標識と言い…
登山画像
この鎖もいりません。
登山画像
ここも同じ。
登山画像
傾斜の緩い岩稜帯の下り。足元が見えずらいので…
登山画像
眼下に見える、大天井ヒュッテの屋根。
登山画像
大天井ヒュッテ到着です。
登山画像
翌日のスタート地点。
登山画像
今日も槍は雲の中です。
登山画像
気持ちの良い稜線歩きが続きます。
登山画像
雲が架かった、槍を恨めしそうに眺めています。
登山画像
アップの写真。
登山画像
赤石岳山頂。
登山画像
西側斜面は、風が止むので暑いです。
登山画像
取れそうで取れない雲。
登山画像
こんな痩せ尾根も出てきます。
登山画像
ヒュッテ西岳が見えてきました。
登山画像
槍ヶ岳の雲が取れました。
登山画像
長い梯子。
登山画像
長い鎖場。滑りやすい岩なので、鎖を使います。
登山画像
水俣乗越。いよいよ核心部開始です。
登山画像
行き成り、両手両足を使っての登り。
登山画像
こんな梯子も。
登山画像
五連の長い梯子(下から撮影)。ここが、一番怖い…
登山画像
徐々に大きくなる、槍ヶ岳。
登山画像
ヒュッテ大槍に到着。最後の登りを前に豚骨ラー…
登山画像
正面に聳える槍ヶ岳。下に見えるのが殺生ヒュッ…
登山画像
こんな登山道を越えていきます。
登山画像
最後の梯子。
登山画像
槍ヶ岳山荘到着です。
登山画像
見上げた槍。
登山画像
悩んだ末、登った槍ヶ岳山頂。
登山画像
眼下には、槍ヶ岳山荘の屋根。
登山画像
槍ヶ岳山荘で購入したピンバッチ。
登山画像
穂高方向。
登山画像
翌日の槍の横からの御来光。
登山画像
西鎌尾根。
登山画像
双六小屋に向けて出発です。
登山画像
気持ちの良さそうな西鎌尾根ですが、滑りやすく…
登山画像
千丈沢乗越の分岐。
登山画像
滑りやすいので鎖を使います。道幅は広いので怖…
登山画像
雪渓も出てきます。
登山画像
細かなアップダウンが続きます。
登山画像
左又乗越の標識。風が通るので気持ちが良いです。
登山画像
綺麗な稜線が続きます。正面に見えるのが、樅沢…
登山画像
お花畑も綺麗です。
登山画像
硫黄乗越。
登山画像
振り返って槍ヶ岳。
登山画像
樅沢岳山頂。
登山画像
その先にもう一つ樅沢岳の標識。その向うに展望…
登山画像
展望ヶ所から見た槍。西鎌尾根からずっと槍ヶ岳…
登山画像
こちらは反対側の山々。左から双六、蓮華、祖父…
登山画像
双六小屋に到着です。ここで、カレーライスとビ…
登山画像
沢山食べたので体が重いです。
登山画像
花見平はお花がいっぱい。
登山画像
弓折乗越。
登山画像
ここにも雷鳥の親子。
登山画像
鏡平到着。
登山画像
シシウドが原
登山画像
イタドリヶ原
登山画像
秩父沢出合は命の水場。顔を洗って最後の歩きを…
登山画像
小池新道登山口。
登山画像
崩壊した林道。雪渓が崩れています。
登山画像
ここでは、この季節に蕗の薹が見られます。
登山画像
わさび平小屋到着。ビールで一人祝杯。今回も、…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ambit_hiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三俣山荘 ~三俣蓮華・雲ノ平
    三俣山荘
    最低気温3℃と、今朝はぐっと冷え込みました。周辺の登山道で通行できないところはありません
    19年09月19日(木)
    笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    朝の気温は10℃を下回るようになっています。草は枯れ初めて、秋の様相が濃くなっています
    19年09月13日(金)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    日の入りが早くなります。秋の山行計画を
    19年09月12日(木)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    山肌が赤や黄色に薄っすらと色づき始めています
    19年09月12日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ambit_hiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年9月19日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!