登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 13
越後三山 中ノ岳 これは遭難 何とか生還 中ノ岳、日向山(上信越)
img

記録したユーザー

鋸太郎 さん

この登山記録の行程

十字峡登山センター0454……0525一合0525……0602二合0602……0632三合0632……0701四合0701……0746五合(日向山)0815……0830六合0830……0857七合0918……0958八合0958……1038九合(池ノ段)1038……1058中ノ岳1112……1117九合(池ノ段)1145……1210八合1210……1237七合1306……1320六合1320……1336五号1357……1431四合1431……1455三合1455……1527二合1527……1614一合1614……1700十字峡登山センター


総距離 約11.4km 累積標高差 上り:約1,809m
下り:約1,809m
十字峡登山センターから中ノ岳をピストンしました。
駐車場には午前3時頃着きましたが、雨がシトシト降っています。
4時頃には出発したかったのですが、様子見で結局5時出発となりました。
  
のっけから急登です。片道6kmで1600m近く登ります。
一合、二合と都度標識が迎えてくれますが、ひとつひとつが遠かったです。
加えて強烈な暑さ。途中同行して頂いた方々ともお話ししたのですが、2000m級の低山とは言え新潟県までくれば涼しかろうと思うのは、近年は当てはまらないとの事でした。
持参した水分がどんどん無くなっていきます。
それでも総量を半分に割って、降りに備えました。
思慮が至らなかった点をひとつ上げれば、午後の方がより暑くなると言う事ですね。
  
眺望が開けた頃には八海山、越後駒ヶ岳、そして今回登る中ノ岳と、越後三山がきれいに見えました。
やっぱり夏山は早朝ですね。
十分姿を堪能しましたので、登るに連れてガスが出てきてもそれ程気にはなりませんでした。
とは言えお山は気まぐれで、ガスが出たかと思うと晴れて、晴れると強烈な熱が襲います。
時たま「そよそよ」程度に吹く雪渓の吹き上げにほんの少しだけ涼を取りながら、頑張って登り続けました。
ほんと風は全くなかったです。
  
助かったのはトンボ軍団でしょうか。アブやブヨが飛び回っていましたが、彼らのお陰で食われることは全くありませんでした。
死に物狂いで11時頃登頂。途中30分位寝ましたから、あの暑さではまずまず頑張ったペースではなかったかと思います。
  
その後は急斜と暑さに、早々に下山を開始しました。
九合目付近の雪渓の雪を保冷バッグに仕込み、残しておいた水分を冷やします。
この雪が後々自分を救うとは思いもしませんでした。
  
先に書いておきますが、中ノ岳は素晴らしい山でしたよ!
秋口に登るのがベストでしょうね!
真夏は避けた方がいいと思います……。
  
----------------------------------------------
  
■ここからは「遭難」の報告になります。
  
ひと言で言えば熱中症です。
3L持って行って、下山時五合目で残りの水分が500cc。
疲労もありましたが、気温は30度を優に超えていたでしょう。
ここでご挨拶させて頂いた方々と別れ、自分は最後尾、マイペースで降りて行きます。ただ五合目とは言え、ここから距離にして3kmで、1000m以上降ります。
  
熱感が異常に上がってきているのはすぐに分かりました。
自分の汗で十分水分を含んでいるタオルで、うなじを保護します。
ですが斜面は強烈で、足や腹筋に負担がどんどんかかっていきます。
すぐに熱中症と分かる症状が現れ始めました。
立ちくらみ、筋肉痛、痙攣、吐き気などです。
登山と平行して趣味で剣道を続けていますが、剣道での熱中症は瞬間的な劇症、登山のはじわじわ型ですね。
  
さて熱中症を確認したら、患者(=自分)には何をするか。
木陰で休ませる、欲しがるだけ水分を与えるなどが模範解答ですが、木陰で休ませるにも山全体が強烈な暑さです。水分に至ってはそもそもありません。
  
それでも何とか排熱しながら下山しなければいけません。
生憎周囲に他の登山客の姿はありませんし、放って置くと熱中症はどんどん悪化していきます。
  
幸い、九合目付近の雪渓で雪をかき集めて保冷バッグに入れていました。
残りの水分をゴチソウにするためだったのですが、この溶け出した水分が大活躍してくれました。
タオルに浸して、うなじを何度も拭いて排熱します。
ただ泥だらけで、飲むのはさすがに無理でした。
  
とにかく少しづつ降っては、木陰で大の字になりました。
身体は苦しいのですが、水分の摂取は計画的に行います。
眠れるなら、少しでも眠ります。とは言え木陰でも風はほとんどなく、岩場だと岩自体が強烈な熱を含んでいました(自分がフライパンのソーセージの気分でした)。
無理はしません。50m降って「無理だ」と思ったらすぐに大の字になりました。
  
後はもう、日差しが弱まるのを待ちました。
何とか凌げる場所で夕暮れを待ちます。
その後も少し降っては休憩と排熱。ただそれも限界が来て、ついには汗が出なくなり、強烈な寒気が襲い始めました。
こうなるともう、勝負をかけるしかありません。
悲鳴をあげ続けるフトモモに無理を言って、滑落しない様に必死に降っていきます。
一瞬の勢いで降りきれる距離ではありませんでしたが、それでも何とか下山。
駐車場ではマイカーの後ろに広がる雑草帯に転がり込みましたが、右に左にのた打ち回って、しばらく起き上がれませんでした。
「頑張った自分ポーズ」なんかじゃなかったんです。
  
ともあれ、無事故で生還は果たしました。
付近にはゼンマイとか自生していましたから、最悪それらを齧りながら夜を待つことも考えていましたが、朦朧としながらも、変に冷静でもありました。
救援を頼むことだけは、全く考えませんでしたね。
  
その後は兎に角水分をリットル単位で摂って、PAで2時間ほど眠って回復。
高速も300km、無事走りきれました。
帰宅後すぐに冷水シャワーを浴びましたが、熱は全く抜けませんでした。
  
----------------------------------------------
  
■反省会
  
思いつく原因はいっぱいありますが、列挙して反省です。
  
・睡眠不足。途中のSAで給油を忘れ、新潟県内の24hのガソリンスタンドを探すのに深夜1時間のロス。結局仮眠は1.5h程度でした。
(因みに近隣の24hガソリンスタンドは、小出IC近くまで行く必要がありました)
・水分不足。当てにしていた訳ではありませんが、事実上水場がない事はしっかり計画に入れておくべきでした。因みに途中にある、60m降る水場は枯渇状態、避難小屋の雨水は衛生状態が宜しくない様でした。どうしても飲むのなら、煮沸とろ過が必要でしょう。自分はいつもコーヒーフィルターも持ち歩いていますが、使うべきでしたかね。
・帽子。できればうなじを隠せるものを準備すべきでした。麦わら帽子、欲しかったんですが、近所のスーパーで売ってたのは女性向けばかりで、自分のアタマには入らなかったんです……。
・冷却グッズ……はそれでも余り必要だと思いません。
・行動食……は摂ってましたね。ゼリーとか。
  
道中、下山してきた方々も「水切れが怖いから降りてきた」と口々に言ってました。
折角ヒントを貰っていたのに、適用できなかったのはホント反省です。
  
夏山はお水が生命!
  
----------------------------------------------
  
■追記
  
復路の車内では兎に角水分を取り、PAでは何時間も寝て深夜零時前まで時間をかけて帰宅しましたが、床につくも翌朝午前五時には全身の疲労と筋肉痛で起床。
仕方ないので山行記録を書いていましたが、午前十時頃自覚ないまま自宅で倒れ込みました。
  
頭を強く打って救急車で搬送、入院。
この追記をこっそり集中治療室で書いています。
(バレるとスマホ取り上げられちゃうのですが)
  
劇症の脱水症状だった様です。腎臓の数値も相当悪かったので、強烈な頭痛にもロキソニンを貰えませんでした。
生きて下山、高速を無事故で走らせて帰宅を果たしたものの、最後の最後で大反省です。
下山後水を2~3リットル飲んで休む程度じゃ回復しきれないのですね。
でもどうすりゃ良かったのかなあ。
症状を自覚して、展開を予想して打てる手を打って、それでも下山後16時間での時間差熱中症です。
  
因みに退院後確認した、倒れる直前の自分の行動ですが、この山行記録を仕上げて公開して、費用の精算をして家計簿をつけて、洗濯機も回してました。
午後には剣道の稽古に行くつもりでした。
直前に娘に「おはよう、ただいま」と言った記憶もありますから、気が抜けたんでしょうかね。
ごめんね迷惑な父ちゃんで……。
もう娘の言うがまま、ずっとポカリスエットばかり飲んでいます。
  
※追記の追記
下山後16時間で卒倒、救急車で運ばれた直後の血液の状態は、それでも極度の脱水状態だったそうです。あんなにガブガブ飲んだのに。
個人差はあるでしょうが、ひと度劇症の脱水状態になったら経口補水では間に合わなく、もう点滴してもらうしかないとのことです。
  
  
----------------------------------------------
  
■追記2
  
お隣のサイトには、当日ご一緒させて頂いた二組の方の記録がアップされていました(地元のお二方+駐車場もお隣だったお一方)。
他にもソロの方が二方いらっしゃいました。
ほんと皆さんにご迷惑をかけずに済んで良かったです。
当日は厳しかったですねー!
  
でも中ノ岳、いいお山でしたね!

登山中の画像
  • 十字峡登山センターから出発です。
  • 目の前にある階段が登山口。
  • 6.9km、頑張ります。
  • 行ってきます!
  • 階段を登ると
  • どんどん急登になります。
  • アカハツですね。
  • 一合到着。
  • お山方面はまだガスってました。
  • オニイグチの仲間でしょうか。
  • ピークは全て越えて行きます。
  • 鎖場登場。 ただし一合目近辺だけでした。
  • 二合目に到着。 地味に遠いです。
  • これはタマゴダケでしょうね。 食用です。
  • 三合目。
  • 朝摘みオレンジの冷凍版。 ゴチソウです。
  • 八海山が見えました。
  • 四合目です。
  • 急斜が続きます。
  • 暑いー!!
  • 五合目、日向山に着きました。 靴下を搾るととんでもない汗が!
  • 向かう先の中ノ岳。
  • お隣には越後駒ヶ岳。
  • 日向山山頂の雨量観測計です。
  • 残雪登場。
  • 六合目はこじんまりと。
  • 七合目。 ここで15分ほど仮眠を取りました。
  • 雪渓が大分残ってました。
  • スカシユリですね。
  • トンボは大群でいました。 人懐っこかったです。
  • オカグルマ、かな?
  • ウツボグサでしょうね。
  • 八合目もひっそりと。
  • ヤマエンゴサク……?
  • さあ稜線が見えてきました。
  • 九合目、池ノ段着です。
  • 残雪がありました。 帰りにしゃくしゃく遊ぶことになります。
  • 中ノ岳山頂方面ですが、見えているのはまだ山頂ではありません。
  • 中ノ岳山頂です。
  • お社がありました。
  • 山頂標識です。
  • 標識がありました。
  • 残念ながら水平方向はガスってましたが、気分だけでも。
  • ピンクのウサギさんを連れてきました。 本当は兎岳に連れて行くつもりだったのですが、五合目時点でピストンに変更を余儀なくされました。
  • チョウチョが一頭、ずっと腕に止まっていました。 貴重な塩分?
  • 帰り道も厳しいでしょうから、そろそろお暇します。
  • ですが九合目の残雪で残りの水分を冷蔵。
  • 保冷バッグにも雪を投入しました。 これが後に自分のうなじを救う事になります。
  • ガスガスですが、涼しさは期待できるかも。
  • 必死に五合目まで戻りました。 そんな事はなかったぜ……。 午後に入って、もう滅茶苦茶暑かったです!
  • フラフラになりながらも二合目を通過。
  • 死に物狂いで下山しました。 キツかったなあ!
  • おみやげは新潟のえびせんだよ! 「それでもおみやげは買ってくるんだね?」 あたりまえでしょ!
  • 生きて下山、無事故で帰宅を果たしたのに、まさかの自宅で卒倒。 入院は五日間に及びました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、マット(個人用)、燃料、ライター、カップ
【その他】 2バンドラジオ、アマチュア無線機、予備ヘッドライト、モバイルバッテリー、風力計、カラビナ、細引き、スリング、プルージックコード
参考になった 13

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

鋸太郎さんの登山記録についてコメントする
  • 目黒駅は品川区 さん
    新潟は暑いでしょう。無事に下山できてなによりせす。暑さ対策は「荷物を極力減らす」ことですかね。荷物が多いと時間と体力がかかって、その分水がたくさん必要になって、さらに荷物が増えるという悪循環になるので、その逆をやると意外と2Lもいらずに登れてしまうことがあります。

  • 鋸太郎 さん
    コメントありがとうございます!
    新潟ホント暑かったです!

    登り五合目時点で、特に水溜りに足を突っ込んだ訳でもないのに、靴下と靴の中は汗でダバダバでした。脱いで搾りましたが、手袋も同じでした。

    余りの暑さに登りの途中で既に撤収すら考えたのですが、八合目付近でザックの大部分をデポって、天蓋だけをアタックザックとして、何とか登頂だけは果たしました。
    何時ものクライミングギアがかなり堪えましたが、一番は風がほとんど吹かなかった事ですね。

    荷物は見直します。
    アドバイスありがとうございました!

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

鋸太郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 13

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年12月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?