登山記録詳細

トレイルランニング
参考になった 0
奈良俣ダムから笠ヶ岳とついでに至仏山2019 笠ヶ岳、悪沢岳、小至仏山、至仏山(関東)
img

記録したユーザー

モリゾー さん

この登山記録の行程

奈良俣ダム(07:00)・・・笠ヶ岳登山口(07:23)・・・ワラビ平(08:12)・・・咲倉沢ノ頭避難小屋(08:52)・・・笠ヶ岳(10:21)・・・小笠(10:50)・・・オヤマ沢田代(11:23)・・・小至仏山(11:41)・・・至仏山(12:09)・・・小至仏山(12:46)・・・オヤマ沢田代(12:55)・・・小笠(13:24)・・・笠ヶ岳分岐(13:44)・・・咲倉沢ノ頭避難小屋(14:40)・・・ワラビ平(15:03)・・・笠ヶ岳登山口(15:49)・・・奈良俣ダム(16:22)


総距離 約29.2km 累積標高差 上り:約2,297m
下り:約2,294m
 前週に行こうと思っていたけれど、天候不良のため延期していた本来の計画を消化しに行ってきました。お盆休み前なので別に行かなくても良かったんですが、一昨年、昨年と悪天のため盆休み中の計画をことごとく中止にさせられているし、この先台風来襲のニュースも飛び込んできているので、晴れている内に消化しておきたい計画は実行すべしと思ってスケジュールを押し込みました。
 尾瀬周辺の山々に登っておきたい山が幾つかあるのですが、尾瀬のあの混み様を思ってしまうとどうしても行く気がしないものです。しかしほったらかしのままになっている現状を打破しようと手始めに笠ヶ岳に行くことにしました。笠ヶ岳なら尾瀬の山々の中でもうまいことやれば、静かな山行ができると踏んでいたからです。そのために目を付けていたのが湯の小屋温泉から続く笠ヶ岳までの登山道。片道10㎞位あると思われる道の途中には損壊している避難小屋があるだけで、他に寝泊りできる施設がないというのがミソ。しかも避難小屋の損壊しているという情報はもう10年近くからあり、人通りが少なく維持補修が困難な状況であることが如実に分かるからです。実際行ってみるとその読み通りで非常に静かな山旅となりました。笠ヶ岳に着くまでに誰一人と会うことがないというね、至仏山周辺はあんなにも人が凄いのにね。

 湯の小屋温泉から続く登山道は良く整備された道だと思いますが、ワラビ平までは小ピークが多く地味に体力を削ってくれます。林道と出合う箇所がありますが、もう林道とは言い難い位に廃れた道です。ワラビ平から咲倉沢ノ頭避難小屋まではエライ急登道。咲倉沢ノ頭避難小屋からは道が緩やかになりますが、倒木が多く歩きやすいようでそうでは無い道が続きます。途中沢が幾つかありますので、水が足りないときはここで補給しましょう。水を汲むときゴミが入ってしまうので、茶こしのようなフィルタを持って行くと便利です。蛍池あたりまで来るとようやく長かった樹林帯の道から解放され周りの景色を楽しむことが出来るようになります。湿原地を抜けるといよいよ笠ヶ岳に到着です。というように登山道としては大変地味な道なので玄人好みです。人混みを避け、静かに歩きたいという方以外は、鳩待峠から笠ヶ岳を目指される方がよいとは思います。

登山中の画像
  • 奈良俣ダムからスタート
  • オートキャンプ場の分岐をゲートがある方に歩いて行きます
  • ヒヨドリバナが咲いています
  • ノリウツギと思うのですがどうでしょうか
  • トリアシショウマなのかな
  • ゲートから路面をえっちらおっちらと行くと再びゲートがあります
  • ゲートを越えたこの十字路に笠ヶ岳登山口があります
  • 良く整備された歩きやすい道
  • アスナロが大量に生えていました
  • 地味~な登り下りが多い尾根です
  • ようやく林道と出合いました
  • 綺麗なヤマアジサイが咲いていました
  • 林道は廃れています。一応登山道は左の斜面の方です。林道も進めますが、藪がやや煩い感じです。山道はアップダウンが地味に多いです
  • ワラビ平からの登山道
  • ずーっときつい登りが続きます
  • ちらりと遠方が見えましたが、笠ヶ岳の姿はガスの中
  • 咲倉沢ノ頭避難小屋到着。噂通りの損壊っぷり
  • 避難小屋から先は多少緩めの坂になります
  • またもや笠ヶ岳はガスの中
  • 快適に歩ける道と思いきや倒木が多く、いちいち迂回したり乗り越えたりで時間を食います。7~8箇所くらいはあったのではないでしょうか
  • 小さな沢が4~5箇所ありました。山と高原地図に記載されている水場はこれらのことのようです。暑くて水不足となっていたので助かりました
  • 地味~な登りが続きます
  • 開けてきたと思い歩を進めると、蛍池に到着です。いきなり楽園に来た気分
  • ようやく木陰から笠ヶ岳を視認できました
  • タテヤマリンドウが咲いていました
  • よく見るとその傍にモウセンゴケが…。植物の多くが搾取される側なのに搾取する側という食物連鎖の常識を覆してくれる強者です
  • キンコウカと思しき花
  • イワイチョウでしょうか
  • ゴゼンタチバナでっす。ブレちゃった(ノД`)シクシク
  • 片藤沼到着。でーんとした笠ヶ岳が。この辺は湿地に道がついているのですが、木道等はなく歩き回ると道を荒らしそうで躊躇します。人通りが少ないことがまだ救いですね
  • 片藤沼は美しい池塘でした
  • 多分イワオトギリ
  • ミヤマウイキョウみたい
  • イブキジャコウソウのような気がするんだけど、もうわかんない(´・д・`)ゞ
  • 笠ヶ岳の麓まで来ました
  • キンロバイだと思うのだけれども
  • これいっぱい生えていましたね、タカネナデシコいうらしいです
  • ここで至仏山方面と分かれます
  • 笠ヶ岳の登りの途中で振り返って
  • クルマユリです
  • ホソバヒメウスユキソウですね
  • ミヤマコウゾリナかな
  • 笠ヶ岳到着
  • 至仏山へ通ずる稜線。残念ながら至仏山はガスの中。ということで時間もあるので向こうに行きましょう
  • ノアザミに
  • ニッコウキスゲの群生
  • オオバギボウシ
  • イワシモツケでしょう
  • 気持ちのよいトラバース道
  • チングルマのお馴染みのフワフワの毛
  • ニッコウキスゲをドアップ
  • コバイケイソウも
  • ジョウシュウアズマギク?
  • ホソバツメクサなんすかね
  • 朽ちかけているハクサンチドリ
  • 振り返って笠ヶ岳、ご立派(`・д・´)キリッ
  • トキソウっぽいけど、分かりませーん
  • 小笠を過ぎると暫し樹林帯を歩きます
  • 樹林帯を抜けると明るい道
  • ロープの掛かった岩場があります
  • 振り返って笠ヶ岳と小笠
  • シラビソの果実、なんかヵヮ。゚+.(・∀・)゚+.゚ィィ!!
  • 悪沢岳到着
  • アカモノちょびり
  • 終わりかけのハクサンシャクナゲ
  • 鳩待峠・至仏山の分岐に到着
  • 至仏山目指してレッツラゴー
  • 木道で歩きやすーい
  • 尾瀬ヶ原方面。ガスってて燧ヶ岳が見えないのが残念
  • 鳩待峠方面
  • まだ咲いているじゃないですか。もう羽毛化して花は見れないと思っていました
  • ミヤマキンポウゲと思います。まだシナノキンバイとの区別が付けられないです、勉強不足です
  • コメツツジさん、こんちわ
  • 木道をえっちらおっちら
  • 小至仏山到着
  • 何となく至仏山が視認できる位にはガスが引いてきたようです
  • ヒメシャジンさん
  • もう少しで至仏山
  • んで至仏山到着
  • お昼休憩中にガスが少し晴れ、尾瀬ヶ原と薄っすら燧ヶ岳の姿が見えました
  • ダムに戻ったところで振り返ると笠ヶ岳と小笠が見えました。ということで帰ります
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、行動食、GPS機器
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モリゾーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モリゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...