登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
飯豊山 大日岳 北股岳 2019 飯豊山 大日岳 北股岳(東北)
img

記録したユーザー

コシアブラ さん
  • 日程

    2019年8月10日(土)~2019年8月11日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日移動し道の駅あいづ湯川で車中泊(4:40発)
    御沢登山口(5:40着)

  • 天候

    快晴,暑い。 夜は横風とガス
    [2019年08月10日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
御沢登山口(06:15)・・・横峰(08:01)・・・峰秀水(08:20)・・・三国小屋(09:21)[休憩 13分]・・・切合小屋(10:39)・・・本山小屋(12:07)[休憩 3分]・・・飯豊本山(12:24)・・・御西小屋(13:22)[休憩 63分]・・・文平ノ池(14:39)・・・大日岳(15:16)[休憩 3分]・・・文平ノ池(15:45)・・・御西小屋(16:04)

【2日目】
御西小屋(04:15)・・・御手洗池(05:00)・・・烏帽子岳(05:45)・・・梅花皮小屋(06:15)・・・北股岳(06:36)[休憩 10分]・・・梅花皮小屋(06:56)・・・烏帽子岳(07:28)・・・御手洗池(08:00)・・・御西小屋(08:53)[休憩 83分]・・・飯豊本山(11:13)・・・本山小屋(11:26)・・・切合小屋(12:32)[休憩 8分]・・・三国小屋(13:39)[休憩 6分]・・・峰秀水(14:23)・・・横峰(14:40)・・・御沢登山口(15:29)

総距離 約43.6km 累積標高差 上り:約4,276m
下り:約4,276m
コースタイム 標準:32時間5分
自己:17時間54分
コースタイム倍率 0.56
御沢登山口から入り、三国小屋、飯豊本山を経由、御西小屋にテント設営後に大日岳往復。翌朝、日の出を見に梅花皮小屋方面に向かい、ついでに北股岳まで足を伸ばして引き返し、テントを撤収して御沢登山口に下山した。
二日間共にいい天気で暑いぐらい。一日目は三国小屋や草履塚、姥権現辺りから飯豊山から大日岳にかけての稜線がくっきり見えて、これぞ飯豊と言う大きな山塊と緑に残雪が映えて凄くいい眺めだった。大日岳はガスが抜けたりかかったりで忙しい。
本山小屋から御西小屋まではそれまでの厳しいアップダウンは無く、緩かな勾配の道が続き、両側に沢山の花が咲いてまた深い谷を見ながら物凄く気持ちのいい稜線歩きだ。道行く人の中にもいいお山ですねーと返してくれる人もいた。
ただ北側の縦走路の尾根はガスで見えず終い。
テントを設営し暫し休憩後に大日岳を往復したが、この時間は大日岳と飯豊山にガスがかかり山頂からは何も見えず百名山四座揃い踏みとはならなかった。(途中では磐梯山、安達太良山、西吾妻山が見えた)でもサブザックは軽く、快適な往復だった。
夜はガスが横風と共にやって来てテントが煽られたが爆睡。翌朝、話し声で目が覚めたら間もなく日の出だったので慌ててライトを着けて出発。今度は大日岳と北側稜線にガスが無く、何処で日の出を見ようか迷ったが、大日岳は昨日行ったので北側稜線を進み、無事にダイグラ尾根越しに昇る日の出を見ることができた。
そこから戻ろうか悩んだが、時間もあるし手が届きそうな形のいい北股岳、烏帽子が見えて行くことに。
前年秋に奥胎内から北股岳まで来ているので、取り敢えず尾根を繋げて見ようと思ったのも動機のひとつ。
しかしザックは軽いが楽にはいかず烏帽子岳,梅花皮岳,北股岳のアップダウンは思いの外厳しいが何処までも続く尾根と遠く朝日連峰、その奥に鳥海山等々凄くいい眺めに元気を貰った。
北股岳到着後,来た道を往復。だんだん太陽も高くなり気温も上がってくる。
大汗をかきながら戻ったが,かなりの人が御西小屋で休憩して、大日岳に向かう人戻る人が行き交っていた。遅い朝食を摂り、テントを撤収して本山経由下山、切合小屋で給水休憩をしていたら、なんと前週、南アルプス聖岳の薊平、聖平小屋で会った新潟のおねえさんと再会、今度は山仲間と一緒。まさか翌週に会うとは、聖平では縦走の疲れが溜まっていたようなので無事に下山できていて安心したし、翌週にまた大きな山塊に挑むとは、元気で山が好きなんだなと思った。また何処かの山で会いましょう。
三国小屋の温度計は西側が27℃、東側が25℃でまだ暑い。そんな中まだまだ皆登って来る。
時間的に切合小屋辺りに泊まるのかなと思う。
途中の峰秀水の水は物凄く冷たく、この暑さの中で本当に生き返る。顔を洗って首を冷やした後、延々と長く続く尾根を下って無事に下山した。
稜線にガスがかかっていた時もあったが、二日間を通せば各々の尾根や山を見ることが出来、花も沢山で、多くの人達と話や挨拶が出来て気持ちのいい山歩きだった。(暑かったけど)
その後、飯豊の湯で汗を流して次の西吾妻山に登るのに道の駅裏磐梯に向かった。

登山中の画像
登山画像
御沢駐車場
登山画像
登山口 木が太い
登山画像
直ぐに立派なブナ林に
登山画像
峰秀水 冷たくて旨い
登山画像
剣ヶ峯
登山画像
三国小屋方面を見上げた
登山画像
三国小屋
登山画像
三国小屋から切合小屋への道と大日岳
登山画像
途中のステンレス製の梯子
登山画像
手前草履塚と奥 飯豊本山
登山画像
花畑の向こうに大日岳
登山画像
切合小屋の水場。余り冷たくはない
登山画像
また大日岳
登山画像
飯豊本山
登山画像
姥権現から大日岳方面
登山画像
姥権現
登山画像
またまた大日岳と続く稜線
登山画像
御前坂
登山画像
本山小屋
登山画像
飯豊本山
登山画像
ニッコウキスゲ
登山画像
本山到着
登山画像
これまでの稜線
登山画像
大日岳方面の尾根
登山画像
北側に続く尾根はガス
登山画像
稜線歩き
登山画像
稜線歩き
登山画像
間もなく御西小屋
登山画像
御西小屋 テント泊¥1000,スーパードライ350缶が¥…
登山画像
文平の池とガスの大日岳
登山画像
振り返ると右から磐梯山、安達太良山、西吾妻山
登山画像
大日岳山頂。何も見えない
登山画像
日の出前
登山画像
北股岳方面
登山画像
天狗の庭
登山画像
天狗の庭から大日岳
登山画像
日の出 右のピークが飯豊本山
登山画像
御手洗池
登山画像
大日岳
登山画像
二王子岳
登山画像
飯豊本山
登山画像
本山から御西小屋
登山画像
烏帽子岳手前の花畑
登山画像
雲海と遠く朝日連峰、その奥に鳥海山
登山画像
飯豊本山、だいぶ来た
登山画像
御西小屋からの尾根
登山画像
烏帽子岳到着
登山画像
烏帽子岳から大日岳
登山画像
梅花皮岳と奥に北股岳
登山画像
梅花皮岳到着
登山画像
北股岳とその下に梅花皮小屋
登山画像
梅花皮小屋
登山画像
北股岳到着
登山画像
北側に続く尾根
登山画像
飯豊、大日岳方面の尾根
登山画像
また朝日連峰
登山画像
戻って御西小屋
登山画像
再び本山
登山画像
本山下のテント場
登山画像
三国小屋方面
登山画像
峰秀水、やはり冷たい
登山画像
無事に下山しました。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

コシアブラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年11月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 『山と溪谷』単独行に関するアンケート
『山と溪谷』単独行に関するアンケート 『山と溪谷』2020年2月号の企画のための読者アンケート調査です。単独行経験がある方はぜひご協力ください
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
NEW 登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由
登山ガイドが語る。ゴアテックスを選ぶ理由 山行に合う本当に必要な装備だけを揃えるという登山ガイドの武田佐和子さんに、ゴアテックス製品を選ぶ理由を聞いた
NEW 実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す
実用的なフック・ソール、スカルパの靴を試す 高橋庄太郎さんのギア連載。今月はスカルパ「ZGトレック」を平標山の山行でテスト。その履き心地とは?
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ
紅葉登山シーズンも中盤から終盤へ 標高1000~2000近くまで降りてきた山の紅葉。低い山でじっくりと紅葉狩りを!