登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
槍穂高半縦走~穂高一周 穂高連峰(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

遊歩道 さん

この登山記録の行程

【1日目】
横尾・・・涸沢ヒュッテ

【2日目】
涸沢ヒュッテ(06:25)・・・北穂高小屋(09:43)・・・A沢のコル(12:20)・・・北穂高小屋(13:59)

【3日目】
北穂高小屋(05:48)・・・涸沢のコル(06:22)・・・涸沢岳(08:16)・・・穂高岳山荘(08:36)・・・奥穂高岳(09:40)・・・最低コル(10:40)・・・紀美子平(11:24)・・・岳沢パノラマ(13:26)・・・岳沢小屋(13:51)・・・河童橋(16:00)


総距離 約12.0km 累積標高差 上り:約1,866m
下り:約2,659m
今年も次田経雄登山スクールに参加。計画のコースは、槍ヶ岳に登り、南岳~大キレット~北穂高~涸沢岳~奥穂高~前穂高~岳沢~上高地の計画だった
参加者は、リタイヤ組の脳外科ドクター、ソロ女子の全体4名

【概要】
23日に早く出発するため、22日は横尾泊まり。その日から雨
23日に早朝から大雨のため、槍沢が危険となるかもしれず、涸沢ヒュッテに向かうことにした
涸沢につくと雨はやんでいた。
天気図からも判断がしにくい天気で、結果としては北穂高まで行くこともできた。
その日は、涸沢を各自散策。雪渓はまだ残っていた。
北穂沢から洪水のように水が流れる様子を初めて見た。午後にはかなり落ち着いた様子。

24日は北穂高に向かい、到着するとキレットへ降りることにした。
南岳までは時間的にも難しいので、キレットの底を目指す。
最低のコルではなくA沢が最も低く、開けているため休憩しやすかった。
キレットのルートのうち、難所と呼ばれるのがHピークのナイフエッジ、飛騨泣きの垂直癖、
南岳からは緩やかな下り坂が続くため、北穂向きは後半が厳しくなる。大キレット縦走より
A沢往復の半キレットのほうがよく考えれば、技術的には高い
その後、北穂高小屋へ戻り宿泊
よく考えると、北穂に登りキレット下りでさらに登り返しのため、体験しがたいコースだった。

25日は、朝から雨。但し1時間ほどで止む。この雨は昨日の天気予報では想定されていなかった。
涸沢岳のコースに進むと、歩いて15分ぐらいで稜線に出る。視界が悪く滝谷からの冷たい風が吹いていた。先生から、山行を続けるかどうかの決を求められたが、可とした。
雨は一時的だと判断し、今後は天気が回復すると予想したからだ。
鹿島槍あたりに着くと、天気がようやく回復する。途中何組かのパーティを見かけた。
予想天気の話をしたが、まともな話が出来たのは1組だけ。
涸沢岳の手前で、少し休憩。よく見ると涸沢岳にグループが入っているため、落石事故防止のため。
涸沢岳のコースはキレットと同レベルで、少し緊張する。
涸沢岳の下りから重太郎新道から岳沢までは特に緊張するところもなかったが、きつく長い下りのため、あまり好んでいくところではない。
朝に出発が1時間遅れたため、到着は1時間遅れの16時ごろとなった。

【ポイント】
大キレット:全員が南岳からのコース。飛騨泣きを下る場合、足のステップをどうするかで迷いが生じる。そして、登りと飛騨泣きのフルコース。また、斜面を歩く場合に岩が脆い場所が多い。高度差が400メートルあるため
荷物が多いと負担がかかる。北穂に荷物を預けてよかったと思う。山行記の書き方も、足を滑らせれば的なものが多く、確かに油断は禁物だが、肩幅程度の道幅があれば恐怖心は感じにくくなる。三点支持を行うためのガバも豊富で、岩をまたぐ場所もあるが滑落する危険は少ない。
ペンキが豊富にあり、ルートファインディングも容易。
・所詮一般道であるが強い精神力が必要
・天気が良ければソロで縦走は可能(ただし、ソロで縦走するため普段からソロ泊などの訓練をすること)

涸沢岳:滝谷、涸沢からの風が全く異なり、滝谷の風は冷たい。朝は8℃だった
レベルとしてはキレットと変わらないような印象。涸沢岳の鎖場は長いが、落石の危険が高く他の登山者と離れて歩くため、渋滞しやすい。

吊尾根、重太郎新道:山雑誌の前評判を気にし過ぎたのか、実際は殆ど難所もなく緊張せず。むしろ、印象が薄い。(鎖場、梯子は普段通り)

【まとめ】
悪天候のなか、これだけの山行が出来たのは、引率力のおかげと思っている。
荷物も、暑さ対策、寒さ対策、雨対策を強いられる中で縦走向けの軽量化を図る必要があった。
個人的には、食料をあと2食分、ウエアを1着減らすことは可能と思われる。

大キレットに関する情報を色々探したが、結果論としては、かなり違ったと思う。国内最難関とかという評判がかなり独り歩きしている。(一般登山道の難易度はリスク度にあるのではと思う
捻挫は非常に厄介で、一旦捻挫すると動けなくなる。こういったときに対応が困難になるのがキレットの難しさと考えている)
大キレットを登るのに登攀用具は不要。3000メートル稜線での体感は、耳で聞くだけではわからない。自分が体験したことしか役には立たない。
天気が悪いときに引き返すことも必要。天気予報だけでは実際の山頂とは違う天気となる。
遭難原因は行きたい気持ちが危ない気持ちを上回るときに発生する。

【宿泊】
涸沢ヒュッテは唐山学校ではないにもかかわらず、非常に歓迎していただいた。
北穂小屋も混んでいなければ、こじんまりとしてスタッフも感じよく、無茶ぶりにも快く応じていただいた。料理もおいしく、感謝と共に大変お勧めできる小屋である。

【その他ツアー】
同時期に神戸より奥穂高3/4日ツアー11万円と宿泊が一緒だった

登山中の画像
登山画像
明神館ー徳澤で熊を発見
登山画像
23日、昨日からの雨で本谷橋が浸かる
登山画像
涸沢の入り口も水量増大
登山画像
カールは例年並み
登山画像
24日、北穂高への登り
登山画像
北穂沢ゴルジュ
登山画像
南陵の憑りつき
登山画像
北穂山頂、これで4回目
登山画像
キレットへの下り
登山画像
穂高からの縦走が多かった(女性のソロ)
登山画像
キレットへの下り
登山画像
山行記で頻出する、岩場のステップ
登山画像
滑べるとハイマツにつっこむ
登山画像
飛騨泣の下り(視線で分かる)
登山画像
キレットの底へ
登山画像
A沢のコルから展望
登山画像
証拠写真
登山画像
北穂高へ戻る
登山画像
ここまでキレット
登山画像
25日南陵の別れからすぐ上ったところ
登山画像
涸沢岳への登り
登山画像
穂高岳山荘
登山画像
奥穂高から槍ヶ岳方向を望む
登山画像
奥穂高山頂
登山画像
吊尾根方向
登山画像
ジャンダルム
登山画像
吊尾根への登山道
登山画像
前穂高を望む
登山画像
吊尾根から涸沢カール
登山画像
紀美子平
登山画像
よく山行記に登場する、鎖場を上から眺める
登山画像
鎖場を下から眺める
登山画像
カモシカのお立ち台
登山画像
重太郎最後の長い階段
登山画像
河童橋に到着
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

遊歩道さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    季節外れの暖かさが続いています。雪崩の発生しやすい斜面では十分な注意を
    20年02月16日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

遊歩道 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年2月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中
グレゴリー「ズール/ジェイド」のレポート公開中 5人目のモニター「そめや」さんは鈴鹿山脈の竜ヶ岳へ。冬の日帰り登山でジェイド38が快適だった理由とは?
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目
カリマー最新3アイテム モニターレポート4人目 最上級モデルのモニター4人目は九州在住の野崎さん。ヤブ岩バリエーションルートでの使用感は?
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?