登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
秋の太神山・矢筈ケ岳ハイキング 太神山・矢筈ケ岳(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん

この登山記録の行程

07:51 駐車スペースに到着
07:51 出発
08:08 迎不動
08:23 不動橋
08:43 中不動
09:00 泣き不動
09:04 矢筈ケ岳分岐
09:12 二尊門
09:25 不動寺
09:37 太神山
10:00 矢筈ケ岳分岐
10:36 分岐
10:49 矢筈ケ岳頂上到着
11:45 出発
12:33 河原出合
13:05 登山口


総距離 約10.6km 累積標高差 上り:約962m
下り:約963m
10.6Km 5時間15分
晴天、朝は少し肌寒かったので、レインウェアを着たが、歩き始めて1時間程で脱いだ。
5時間15分 10.6Km迷う事もなく、道もいい、楽しい山歩きができた。適度にアップダウンもあり、歩きごたえもある。矢筈ケ岳への分岐をやり過ごし進むと二尊門がある。ここの仁王さんは優しい顔している。二尊門から太神山へは結構距離がある。先ほどの矢筈ケ岳分岐まで戻り、矢筈ケ岳へ向かう。道は良いがアップダウンガすこしきつくなる。矢筈ケ岳山頂手前は岩をよじ登る場所もある。矢筈ケ岳からの下山ルートでは、一旦分岐まで戻るルートを計画したが。地形図ではショートカットする道があるので恐る恐る入って見た。すぐにテーピングを見つけたので安心。しかし踏み跡もないので、テーピングをしっかり確認しながら降りていく、不安にならないよう必ず視界にテーピングが入る距離で見つかるので、結局迷わない。15分程で計画ルートに合流。ここからは一気に下って行くが、途中岩場があり、せせらぎや清流があり、変化に富んでいるので、結構楽しい。
また来てみたい。難点は全ルートでほとんど見晴らしが無いこと。

登山中の画像
  • 登山口手前の駐車場
  • 登山口、登りは、左手を進む
  • すぐに向不動がある
  • 地図があるが、かなり大雑把だ
  • 車止めを抜けて行く
  • 右に入って行く
  • 不動橋
  • 振返る
  • 少しキツイ登りなのでゆっくり登って行く
  • 泣き不動?と思ったら中不動だった
  • 気持ちがいい登り
  • 泣き不動
  • 暫く進むと、矢筈カ岳分岐があるので、取りあえずやり過ごす
  • 二尊門
  • 優しく微笑む仁王さん
  • こっちは女性だ、なんかいい感じ
  • 参道を緩く登って行く
  • 地蔵さん
  • 車道と合流
  • すぐに不動寺に到着
  • 更に奥に進む
  • 杉の大木がある
  • その脇を登る
  • 登ったところに御堂があるけど、なんでこんな斜面に立ってるんだろう?
  • 更に上に行く
  • 巨岩が・・・
  • 岩と、さっきの御堂がくっついている。この岩がご神体なんだ
  • 太神山到着!
  • 不動尊かな?
  • 矢筈ケ岳分岐まで戻る
  • 矢筈ケ岳までは結構アップダウンがあるが、歩きやすい道で、変化に富んでいるので楽しい
  • ちょっと登ると平たんな道がある、少し進むとまたちょっと登りがあるって感じなので、あんまりしんどくない
  • 左です
  • 真っ直ぐです
  • 岩場登りです
  • 岩場から見下ろしたところ
  • 場を登り切って少し進むと、いきなり林の中に矢筈ケ岳の頂上が現れる
  • まだ、早いけど飯だ!今日はパスタです
  • 頂上の広場は、あんまり広くない、数人でいっぱいになる。
  • パスタをゆでます。80g
  • ゆでている間に、ウインナーと野菜を切ります。
  • 5分のパスタ茹で上がるのに8分かかった、ゆですぎないように麺を上げておいて、今度はフライパンでにんにくを炒める。いい香りが広がる
  • 鷹の爪を入れて、野菜を炒める
  • バスタを加え、黒こしょうで味を調える
  • バジルを振り掛けて出来上がり
  • あんまりうまいので、完食です
  • 1時間ものんびりしすぎたので下山です。計画外のショートカットコースを下山することにした。恐る恐る下って行ったが、テーピングがあるので、なんとか迷わないですんだ。下山ではこう言うのあんまりやっちゃいけないんだけどね
  • GPSとテーピングで慎重に下って行く
  • 計画ルートに合流、一安心
  • ずっと林の中だったので、視界が開けると、うれしい、この日は日本晴れでした
  • 河合出合、どっちだろう?と随分迷ったが、右に行くことにした。
  • 右で正解。すぐに岩場が出てくる、これが結構楽しい
  • 更に岩場下りがある、振り向いて撮影
  • 岩壁だ
  • 今度は清流、水がすごくきれいだった
  • 登山口到着、楽しかったなぁ~
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年2月16日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
NEW 何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。