登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
岐阜 VOL.1 槍ヶ岳~双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年9月29日(日)~2019年10月2日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:長野道「松本IC」から国道158号線を西に進み、「沢渡」を抜けて「釜トンネル」手前を左折して「中ノ湯IC」から「安房峠道路」に入り「平湯IC」から国道471号線を北上します。「奥飛騨温泉郷」で突き当たるので右折して「新穂高温泉」を目指します。スノーシェッドをくぐり、途中の「深山壮」バス停で左に入ると「深山壮」の駐車場上に、区画された登山者用の無料「市営新穂高第3駐車場」1段約50台の駐車場が4段あります。1番下の段に仮設トイレが2個あります。「松本IC」から「新穂高温泉」まで約63km・100分です。

  • 天候

    【1日目】曇り後雨、至軽風 【2日目】晴れ時々曇り、軟風 【3日目】快晴、軽風
    [2019年09月29日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】市営新穂高第3駐車場(05:40)・・・右俣林道ゲート(06:10)・・・穂高平小屋(06:45)・・・奥穂高岳登山口(07:25)・・・チビ谷(08:20)・・・藤木レリーフ(08:55)・・・槍平小屋(09:45)・・・西尾根のコル着(12:35)昼食・・・西尾根のコル発(12:45)・・・南岳小屋(14:15)・・・南岳山頂(14:30)・・・南岳小屋(14:40)
【2日目】南岳小屋(06:10)・・・南岳山頂(06:20)・・・中岳山頂(07:20)・・・大喰岳山頂(08:00)・・・槍ヶ岳山荘(08:25)・・・槍ヶ岳山頂着(08:40)・・・槍ヶ岳山頂発(08:55)・・・槍ヶ岳山荘(09:10)・・・千丈沢乗越(10:05)・・・左俣岳山頂(11:30)・・・硫黄乗越着(12:00)昼食・・・硫黄乗越発(12:20)・・・樅沢岳山頂(13:00)・・・双六小屋(13:25)・・・双六岳山頂(14:25)・・・双六小屋(15:15)
【3日目】双六小屋(06:35)・・・弓折乗越(07:45)・・・弓折岳山頂(07:55)・・・弓折乗越(08:10)・・・鏡平山荘(08:45)~鏡池(09:00)・・・シシウドヶ原(09:30)・・・イタドリヶ原(09:50)・・・小池新道入口(10:55)・・・わさび平小屋着(11:10)昼食・・・わさび平小屋発(11:30)・・・市営新穂高第3駐車場(12:40)


総距離 約39.2km 累積標高差 上り:約3,513m
下り:約3,513m
【1日目】新穂高ロープウェイの右手の道から「右俣コース」で入山しますが延々の林道です。
林道ゲートから70分ほど林道を歩くと「奥穂高岳」の分岐に着き、そこからやっと登山道です。
出発の駐車場から約4時間(標高差900m)で「槍平小屋」に着いて、「南岳新道」に入ります。
右手奥の「南岳新道」入口に「老朽化のため通行困難箇所があります」の看板が出ています。
「南沢」を渡ると「南岳新道」が本格的に始まりますが、新道とは名ばかりで、ボロッボロです。
新しい梯子もありますが、ほとんどの木製梯子は崩壊していて、梯子場だけに大急勾配です。
落石で鎖が切れていますが、問題なく通行できます。登山道が岩場になり延々登り続けると
「槍平小屋」から4時間半で「南岳小屋」に到着したので、軽く「南岳」まで雨中のピストンです。
【2日目】天候回復でご来光に元気をもらい、まずは「南岳」に再登頂して、3000mの稜線を
気持ちよく「中岳」「大喰岳」と進みますが、垂直岩場を東側から巻いたり一気に直登したりと
そこそこハードです。どんどん天気が良くなり、絶好の天気の中「槍ヶ岳」山頂を独り占めです。
360度の大展望を楽しんだら下山して、「槍ヶ岳山荘」横から「西鎌尾根」を下っていきました。
「西鎌尾根」には鎖場がありますが使用せずに通行できます。しかしアップダウンの連続です。
「左俣岳」「樅沢岳」とピークを越えると、眼下に小さく「双六小屋」が見えて一気に急降下です。
「双六岳」にピストン後、USBコンセントのある、天ぷら夕食で有名な「双六小屋」に投宿です。
【3日目】「双六小屋」の周りを熊がウロチョロする中、ご来光を見て、遅い朝食後に出発です。
左の「樅沢岳」から南に伸びる尾根を越えると、「槍ヶ岳」から「西穂高岳」の連峰が現れます。
穂高連峰を左に見ながら「笠ヶ岳」方面に稜線を気持ちよく楽に進むと「弓折乗越」到着です。
一度「弓折岳」まで軽くピストンして、再び「弓折乗越」からは「左俣コース」で下山の開始です。
途中の「鏡池」に逆さに映る穂高連峰を堪能し、「わさび平小屋」に下りてビールで昼食です。
「わさび平小屋」から1時間ちょい林道から車道を下ると、新保高温泉の町に無事下山です。

登山中の画像
登山画像
【1日目】市営新穂高第3駐車場で0セットです
登山画像
誰もいない新穂高温泉を右のロープウェイ方向に…
登山画像
「右俣林道」で新穂高の右俣コースを延々歩き続…
登山画像
奥穂高岳登山口 480m
登山画像
「奥穂高岳」の分岐からやっと登山道になります
登山画像
紅葉の道がだんだん険しくなってきました
登山画像
槍平小屋 906m
登山画像
「槍平小屋」から「南岳新道」に分かれますが「…
登山画像
「南沢」を渡ると「南岳新道」の悪路の急登が始…
登山画像
各所で木梯子が老朽で崩壊して非常に困難な急登…
登山画像
悪路を登り続けると岩場に変わっていきます
登山画像
「西尾根のコル」手前に「救急箱」が有ります
登山画像
西尾根のコル 1258m
登山画像
だんだんと穂高連峰らしい登山道になっていきます
登山画像
鉄梯子で左に下ってカール形状をトラバースします
登山画像
最後は再び延々の岩場が稜線まで続きます
登山画像
南岳小屋 1873m
登山画像
南岳山頂 1925m
登山画像
【2日目】「大キレット」と「北穂高岳」が朝日…
登山画像
「南岳小屋」で見るご来光で今日の天気を確信し…
登山画像
南岳小屋 1876m
登山画像
南岳山頂 1927m
登山画像
3000mの稜線を「槍ヶ岳」に向かいます
登山画像
朝日のシルエットに「常念岳」がきれいな姿です
登山画像
「槍ヶ岳」山頂のガスが取れてきました
登山画像
ここはちょっと危険な垂直の岩壁です
登山画像
次は「中岳」に向かい気持ちよく稜線を進んでい…
登山画像
中岳山頂 1973m
登山画像
左下から「東鎌尾根」が登ってきています
登山画像
3000mの稜線はかなりのアップダウンが続き…
登山画像
大喰岳山頂 1986m
登山画像
「槍ヶ岳」へは一度下ってから登り返します
登山画像
「槍ヶ岳山荘」まで登ってきました
登山画像
槍ヶ岳山荘 1965m
登山画像
ザックを置いて目の前の岩峰「槍ヶ岳」に取り付…
登山画像
ほぼ垂直の岩壁の上空彼方まで梯子が続きます
登山画像
これが「槍ヶ岳」山頂への最後の鉄梯子です
登山画像
「槍ヶ岳」の山頂を独り占めです
登山画像
今日歩いてきた3000mの稜線です
登山画像
これから下る「西鎌尾根」です
登山画像
「槍ヶ岳山荘」に向けて下山開始です
登山画像
槍ヶ岳山荘 1963m
登山画像
「槍ヶ岳山荘」の横から「西鎌尾根」に入ります
登山画像
景色と気持ちのいい「西鎌尾根」を「双六」に向…
登山画像
「槍ヶ岳」の達成感で心地よく「西鎌尾根」を下…
登山画像
振り返ると「槍ヶ岳」がカッコいいです
登山画像
「西鎌尾根」も結構なアップダウンが続きます
登山画像
右手には「鷲羽岳」と左奥に「水晶岳」です
登山画像
「西鎌尾根」の最後のピーク「樅沢岳」が見えて…
登山画像
樅沢岳山頂 1641m
登山画像
眼下に「双六小屋」ですが彼方の「双六岳」を目…
登山画像
双六小屋 1451m
登山画像
「双六岳」への岩場は見た目と違って登りやすい…
登山画像
右手には「鷲羽岳」と左奥に「水晶岳」です
登山画像
双六岳山頂 1749m
登山画像
北アルプスでは珍しい滑走路のような登山道を下…
登山画像
「双六小屋」に戻ってきました
登山画像
「双六小屋」の夕食は天ぷらで有名です
登山画像
【3日目】双六小屋 1434m
登山画像
左手の「樅沢岳」から南に伸びる尾根に登ります
登山画像
尾根に登ったら「穂高連峰」の全景が待っています
登山画像
とても歩きやすい新穂高「左俣コース」の稜線を…
登山画像
前方彼方に「笠ヶ岳」が見えてきました
登山画像
弓折岳山頂 1465m
登山画像
弓折乗越 1432m
登山画像
「弓折乗越」から眼下の「鏡平山荘」へ下ってい…
登山画像
左には昨日下った「西鎌尾根」も一望できます
登山画像
鏡平山荘/鏡池 1165m
登山画像
天気が良いため「鏡池」に映る「逆さ穂高連峰」…
登山画像
「笠ヶ岳」を右手に見ながら下山していきます
登山画像
前方には「穂高連峰」の「西穂高岳」が見えてい…
登山画像
わさび平小屋 225m
登山画像
「わさび平小屋」で「双六小屋」のお弁当を食べ…
登山画像
平日で誰もいない新穂高温泉に帰ってきました
登山画像
市営新穂高第3駐車場に無事下山です
登山画像
お疲れ様でした
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ライター
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    季節外れの暖かさが続いています。雪崩の発生しやすい斜面では十分な注意を
    20年02月16日(日)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ