登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
西黒尾根から茂倉新道へ 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

あし0316 さん
  • 日程

    2019年11月2日(土)

  • 利用した登山口

    土合口   土樽駅  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:1日(金)夜自宅京葉道路~首都高速~関越道 白毛門駐車場
    ☆トイレは土合駅利用 車中泊
    復路は土樽駅から土合駅まで電車で移動。(1日3本)
    ※240円

  • 天候

    快晴
    [2019年11月02日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

土合橋(05:45)・・・田尻尾根入口・・・土合口・・・ガレ沢のコル[休憩 15分]・・・谷川岳肩ノ小屋(10:16)[休憩 3分]・・・トマの耳・・・オキの耳(10:15)[休憩 5分]・・・一ノ倉岳・・・茂倉岳(12:30)・・・矢場ノ頭(13:45)・・・分岐・・・土樽駅(16:10)

総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,813m
下り:約1,885m
コースタイム 標準:8時間55分
自己:34時間2分
コースタイム倍率 3.82
 3年振りの谷川岳。西黒尾根から馬蹄形のつもりが、あまりに快晴だったので茂倉岳から茂倉新道へ抜けてワンデイハイクに変更。当初、蓬ヒュッテでテン泊予定だったので16キロ弱の荷物となり、歩荷訓練にもなりました。水は3L。登山指導センターで給水。美味しく頂きました♪
 西黒尾根は登山指導センターのHP情報どおり、登山道に巨木が横たわり通行の妨げになる程度で、他は支障なし。錦秋の谷川岳はハイカーや観光客でいつにも増して賑やかでした。前半ゆっくり登り、ラクダのコルあたりで小出しで水分とエネルギー補給。ゆるゆると歩くと、谷川岳に到着。肩の小屋でトイレ休憩。トマの耳で5分休憩。オキの耳までの細い尾根道には行列。大人気ですね。奥之院を過ぎ、一ノ倉岳まで通過すると人もまばらに。男性の軽装ソロ登山者ばっかり。
 おならは無かったけど、背後でゲップされたり。だしぬけに『どこに行くんですか?』と聞かれたり、品の良い紳士的な人には会いませんでした。(ここ最近、迷惑行為を受けたばかりなので、見知らぬ男性への警戒心は半端なく強いです。) 茂倉岳まで気持ちよい尾根道を進む。相変わらず泥濘の箇所にはまり、新品マイシューズが・・。いずれ、汚すものだけどちょっと悲しい。茂倉岳避難小屋はまだ人気も無さげ。矢場の頭に向かう途中で、ソロの男性登山者が避難小屋目指して登ってきた。矢場の頭からは樹林帯の木の根の上を進む。
 そこを通過すると、赤土や粘土質のブナ林広がるエリア。危険と思しき場所にはトラロープ。遠慮なく使わせて頂きました。関越道を走る車の騒音が大きくなり、舗装路に出る。ダンプが走るので歩行者用の道を歩く。やがて、高波吾策の胸像広場に。まもなく土樽駅に到着。50歳。この重量を担いでの到着時間なのでCT的には早いほうだと思う。(笑)

登山中の画像
登山画像
長~い西黒尾根から谷川岳を臨む。とにかく距離が…
登山画像
西黒尾根の新しい難所。台風で登山道に鎮座する…
登山画像
跨げばなんてことはない。
登山画像
鎖場の始まり。
登山画像
紅葉シーズン真っただ中
登山画像
ラクダの背
登山画像
ザンゲ岩
登山画像
肩の小屋から天神尾根眼下。
登山画像
谷川岳(トマの耳)
登山画像
奧の院。ホラ貝を吹き、祈願している男性がいま…
登山画像
草紅葉と笹のコントラストが映える。晩秋の景色。
登山画像
中芝新道の分岐。
登山画像
茂倉岳
登山画像
矢場の頭。
登山画像
高波吾策の胸像がある広場。蓬ヒュッテの管理人…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
【その他】 補助ロープ・スリング小・中各1本。カラビナ2枚・環ビナ2枚。
※トラロープがあったので、使う事はありませんでした。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

あし0316さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

あし0316 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年12月7日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗に強く、保温力の高い一着
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット
体の熱を反射させて温める!独自素材のダウンジャケット コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「ワイルドカードダウンジャケット」をご紹介!
NEW グレゴリーの背負い心地を試してみませんか?
グレゴリーの背負い心地を試してみませんか? 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」のモニター募集。最上級のフィット感と快適性を体感しよう!
NEW カリマーの最新モデルでモニター5名募集
カリマーの最新モデルでモニター5名募集 カリマーの「ultimate series」は、高所や雪山のために開発した最上位モデル。開発物語を読んでモニターに応募し...
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?