登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
中央アルプス馬蹄形縦走 木曽駒ヶ岳、宝剣山、空木岳(中央アルプス)
img

記録したユーザー

strongrenren さん
  • 日程

    2019年11月3日(日)~2019年11月4日(月)

  • 利用した登山口

    千畳敷   駒ヶ根高原  

  • パーティ

    2人 (strongrenren さん 、父 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:横浜自宅3:00発-宮の台バスセンター駐車場5:45着
    帰路は14:00頃駒ケ根ICに入るが、中央道大月から30km渋滞。
    たまらず上野原で下り、道志街道-宮ケ瀬-圏央道で帰ろうとしたが、藤野の山中の抜け道はことごとく通行止め。結局、上野原に戻り、河口湖-御殿場経由、東名で22:00帰宅。大月から直接河口湖に向かえば、3時間ほど早かったと思います。

  • 天候

    2日間快晴!!
    [2019年11月03日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
千畳敷(08:25)・・・乗越浄土(08:55)・・・宝剣山荘(08:58)・・・木曽駒ヶ岳(09:26)[休憩 10分]・・・宝剣山荘(09:55)・・・宝剣岳(10:14)[休憩 5分]・・・三ノ沢分岐(10:35)・・・極楽平(10:44)[休憩 10分]・・・濁沢大峰(11:40)・・・檜尾岳(12:51)

【2日目】
檜尾岳(06:06)・・・熊沢岳(07:06)[休憩 10分]・・・東川岳(07:55)・・・木曽殿山荘(08:12)[休憩 15分]・・・空木岳(09:19)[休憩 10分]・・・分岐点・・・大地獄[休憩 10分]・・・池山小屋分岐・・・池山林道終点(11:54)[休憩 5分]・・・駒ヶ根高原(12:17)

総距離 約21.6km 累積標高差 上り:約1,712m
下り:約3,508m
コースタイム 標準:15時間5分
自己:9時間22分
コースタイム倍率 0.62
僕は16歳高1男子です。11月の3連休、初日はクライミングの大会でした。
残り2日11/3-4で中央アルプスの2つの百名山、木曽駒と空木岳に行きました。
標高が高く、時期も遅いので、行くか止めるか迷いましたが、結果はほぼ全行程で快晴となり、
大変楽しい山行でした!

<以下、行程順>
(バス~ロープウェイ~千畳敷~木曽駒)
宮の台バスセンターは6:45から発券開始、始発バスは7:15発車です。
もうオフシーズンかと思ってましたが、お客さんは思いのほか多かったです。
何とか2台目のバスに最後で乗車。一番前の補助席に座りましたが、
結果的に一番で降車でき、ロープウェイは7:50発の始発に乗ることができました。
(ロープウェイの定員は60名で、バス1台分より少し多く乗れるため)

千畳敷でトイレ、身支度、登山届提出を済ませ、8:25に出発。
直ぐ頭上には宝剣岳の岩峰、東側には南アルプスの大パノラマ、そして
その奥には富士山も見えます。
乗越浄土、宝剣山荘と通過し、約1時間弱で木曽駒の山頂に到着!

山頂では、御嶽、乗鞍、槍・穂高、八ヶ岳連峰、南アルプス連峰、
そして南にはこれから向かう中央アルプスの峰々、と360度の大展望でした。

(木曽駒~宝剣岳~極楽平)
今回の核心部です。6月に田中 陽希さんが登った際は鎖が凍結していました。
最悪その状態を想定し準備しましたが、幸いほぼ夏山同等でした。
山頂以降も気の抜けない岩場が続きます。
短い区間ですが、緊張度は大キレット並みと思いました。
極楽平に到着した時は、すごくホッとしました。

(極楽平~檜尾岳避難小屋、以上1日目)
ロープウェイで来た方々が来ない極楽平以降は、静寂な山歩きです。
でも、なだらかな稜線や岩場の登降が交互に現れ、とても良いルートだと思いました。
檜尾岳山頂到着は昼過ぎでしたが、写真を見ると少し日が陰っていて、夕方みたいですね。
利用者は僕達だけかと思いましたが、夕方にかけ2人の単独者が来られ、4人での利用でした。
大変清潔な良い小屋だと思いました。
街がすぐ下に見えるので夜景がまた最高です!

(2日目:檜尾岳避難小屋~木曽殿山荘)
前日申し合せた訳ではないですが、避難小屋泊の皆様と同調し4:30頃起床。
麓の駒ケ根の街の夜景や星空がきれいです。
ヘルメットにヘッドランプを装着!というスタイルをやりたくて5:50出発!
でも、稜線上は日の出前より明るく、すぐに消灯です・・・。
南アルプスからの日の出を横目に空木岳に向かって進みます。
前日の行程と同様、稜線歩きや岩場の登降がMIXされた、楽しいルートでした。

(木曽殿山荘~空木岳~宮の台)
最低鞍部の木曽殿山荘から空木の山頂までは、標高差約500mの急登・直登です。
でも、目標が見える分ペースがどんどん上がります!標高を稼ぎ、ピークに到着!
その後暫くのトラバースを経て、9:15山頂!

花崗岩とそれが風化した砂でできた、白くて明るい山頂でした。
昨日~今日と歩んだ稜線や、昨日泊まった避難小屋がはっきり見渡せます。360度山、山、山、最高の景色です!
また、隣の南駒ヶ岳も大変美しく、深田 久弥が百名山選びに迷った心境が良くわかりました。

下山は池山尾根を下ります。
途中の駒石は、僕の記憶では金峰山の五丈岩に近い大きさです。
花崗岩の山は、こんなのがあり楽しいです。
クライミングシューズなら登れる、と思いました。
(降りれなくなるのでやりませんが)

単調でかなり長い下りですが、約3時間で攻略!
麓は紅葉が綺麗でした!

(下山後)
宮ノ台駐車場のすぐ上、こまくさ荘で入浴&昼食。
露天風呂からも千畳敷が見えました。
これで610円はとてもお得と思います!

(全体を通してのコメント)
1)中央アルプスについて
 北アルプスの大きく分け東西2列の山容や、南アルプスの奥深い重厚な山塊に対し、
 1列しかピークが並んでないでしょ、と少し軽く見ていましたが、
 実際登ると展望台のような眺望に感動しました。夜景も見えますし。
 南駒ヶ岳以南も、今後是非訪れたいと思いました。
こんな山に囲まれた駒ヶ根のような街で暮らしたいです!

2)檜尾岳避難小屋について
 「避難小屋」の名称から、使わないという方が多いと思いますが、広く明るく良い小屋です。
 冬に限らず、夏でも縦走計画に組み入れても良いと思います。

登山中の画像
登山画像
8:25千畳敷ホテル前を出発
登山画像
秋から冬へと移り変わる千畳敷
登山画像
長大な南アルプス連峰
登山画像
雲海!
登山画像
乗越浄土からの宝剣岳。初冬の装い
登山画像
今から向かう木曽駒方面
登山画像
御嶽山。まだ噴火の痕跡が残ります。
登山画像
木曽駒から見た宝剣岳です。
登山画像
更に空木岳、かな?
登山画像
富士山が見えています。
登山画像
甲斐駒カッコイイ!大好きです!!
登山画像
白根三山の意味が分かります。北岳、農鳥岳、間…
登山画像
夏に歩いた赤石、聖、光方面です。
登山画像
宝剣岳の山頂は狭く、足場が悪いため、撮影者が…
登山画像
山頂でお互いを撮影しました。これ以上の距離を…
登山画像
上から見る千畳敷もなかなか良いです!
登山画像
空中に飛び出している石。登山道はこの横を通り…
登山画像
その後、岩の下をくぐります。楽しい!
登山画像
足元は大きく切れ落ちています。
登山画像
独立峰の三の沢岳。これも美しい山です。
登山画像
極楽平とはとってもナイスなネーミング!ここま…
登山画像
ここからも南アルプス!
登山画像
これから向かう稜線です。結構遠いな!
登山画像
宮の台-しらび平-千畳敷文明機器の全ルートです。
登山画像
宝剣岳、伊那前岳。
登山画像
待ってろよ、空木岳!
登山画像
檜尾岳の山頂です。
登山画像
山頂からの空木岳。
登山画像
今日泊まる避難小屋が見えます。
登山画像
北側を振り返り。木曽駒と宝剣岳です。
登山画像
檜尾岳避難小屋
登山画像
明日向かう空木岳です。右の鞍部が「木曽殿越」…
登山画像
再度、木曽駒と宝剣岳です。1日目はここまで!
登山画像
おはようございます!2日目です。檜尾岳から見た…
登山画像
2度目の檜尾岳山頂
登山画像
パパも。
登山画像
朝日!!
登山画像
朝日を撮影する僕。パパ撮影。
登山画像
熊沢岳で。パパ
登山画像
空木岳は逆光でまだシルエットです。
登山画像
木曽殿山荘です。もう小屋閉めです。良くこんな…
登山画像
道標
登山画像
空木の山頂への急登です。行くぞ!!
登山画像
空木岳山頂GET!
登山画像
花崗岩が林立しています
登山画像
山頂標の上の岩に立っています!
登山画像
南側。のびやかな稜線とその先の南駒ケ岳。大変…
登山画像
これから下る池山尾根。綺麗ですが、長そうです…
登山画像
この頃から、雲が沸き立ってきました。
登山画像
またね、空木岳!
登山画像
木曽駒と三の沢岳。その奥に北アルプスが。
登山画像
今回の全行程。檜尾岳避難小屋も写ってますが、…
登山画像
駒石と思って撮影しました。でもこれは違いまし…
登山画像
こちらが本当の駒石です。ここまでは登れました!
登山画像
駒石の全貌。
登山画像
ずーっと下って、標高2000m近辺でやっと水場があ…
登山画像
池山林道終点に降りました。
登山画像
黄葉がきれいでした。
登山画像
登山道の道標。
登山画像
ジムニーなら登れそうな広い登山道です。
登山画像
ぐるっと回って車に到着!!
登山画像
下山後も安定した晴天でした。今回写真は以上で…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
【その他】 水は2人分6L携行。下山時残量は1L弱でした。
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

strongrenrenさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

strongrenren さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年4月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。