登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
屋久島縦走(淀川登山口~白谷雲水峡登山口)※ツアー 宮之浦岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

赤月夜 さん
  • 日程

    2019年5月13日(月)~2019年5月14日(火)

  • 利用した登山口

    白谷雲水峡登山口  

  • パーティ

    5人 (赤月夜 さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:前日鹿児島空港より屋久島空港入り(プロペラ機)
    空港から宮之浦までバスにて移動後宿泊
    当日はツアー参加のため迎え有り
    ツアー会社の前からタクシーで淀川登山口(県道で1時間弱)

    帰りは白谷雲水峡登山口よりツアー会社の車で宮之浦まで送ってもらう

  • 天候

    1日目晴れのち雨 2日目雨

この登山記録の行程

計画
【1日目】8h 9.7K
淀川登山口(06:00)・・・淀川小屋(06:50)[休憩 30分]・・・花之江河(09:10)[休憩 15分]・・・黒味分れ(09:45)・・・投石平(10:15)[休憩 30分]・・・宮之浦岳(12:35)[休憩 60分]・・・焼野三差路(14:00)・・・平石展望台(14:40)[休憩 30分]・・・第2展望台・・・新高塚小屋(16:45、泊)

【2日目】7h05min 11.1K
新高塚小屋(06:00)・・・高塚小屋(07:10)・・・縄文杉(07:20)[休憩 45分]・・・ウィルソン株(09:20)[休憩 30分]・・・大株歩道入口(10:15)[休憩 15分]・・・楠川分れ(11:40)[休憩 60分]・・・辻峠(13:40)・・・太鼓岩・・・辻峠(14:05)・・・白谷小屋(14:35)[休憩 30分]・・・白谷雲水峡登山口(16:05)

実際
【1日目】8h15min 11.45K
淀川登山口(05:44)・・・淀川小屋(06:36)[休憩 22分]・・・花之江河(08:41)[休憩 25分]・・・黒味分れ(09:25)・・・投石平(09:53)[休憩 18分]・・・宮之浦岳(12:18)[休憩 39分]・・・焼野三差路(13:26)・・・平石展望台(14:10)[休憩 10分]・・・第2展望台・・・新高塚小屋(15:53、泊)

【2日目】8h10min 14.05K
新高塚小屋(05:37)・・・高塚小屋(06:42)[休憩 5分]・・・縄文杉(06:57)[休憩 31分]・・・ウィルソン株(08:57)[休憩 25分]・・・大株歩道入口(09:59)[休憩 10分]・・・楠川分れ(11:32)[休憩 67分]・・・辻峠(13:40)・・・太鼓岩(13:56)[休憩 10分]・・・辻峠(14:18)・・・白谷小屋(15:10)[休憩 10分]・・・白谷雲水峡登山口(16:25)

総距離 約20.9km 累積標高差 上り:約1,815m
下り:約2,566m
コースタイム 標準:14時間40分
自己:16時間25分
コースタイム倍率 1.12
淀川登山口~淀川小屋~花之江河~投石平
基本的には小さなアップダウンを繰り返す。ところどころ、岩の上を歩くが、整備されていて歩きやすい。むしろトレランで飛ばしたい。
淀川小屋の辺りは水がきれいで、最初水に反射した森木々に気付かず川底の石が見えるだけだと思った。
展望があるところもあるが基本的には樹林帯で、大きなヤクスギはそこまでない。

投石平~宮之浦岳
ここから安房岳、栗生岳を越えて宮之浦岳まで登っては下るを繰り返す。投石平よりは急坂が多い。この辺りから雲がかかり始めた。

宮之浦岳~新高塚小屋
基本的には下り基調。途中で雨が降ってきてどしゃぶり。途中で整備している人がいた。新高塚小屋は無人。食料と寝袋が必要。ねずみがいるので食料の取扱注意。

新高塚小屋~縄文杉~ウィルソン株~大株歩道入口
基本下り。木道が多い。縄文杉以降は登ってくる人が多くすれ違いに時間がかかる。森林鉄道に出るまでは木道の急坂。そして、雨で滑りやすい。大きなヤクスギが多いので見ていて圧倒される。

大株歩道~楠川分れ
森林軌道跡。現在でも搬出や救急に使われている。軌道跡なので急勾配はない。レール部分も真ん中に歩きやすいように板が敷き詰められている。樹林帯の中に完全に入ったので雨あしが多少緩む。途中でツアー会社の方がタープを張り、昼食。雨で冷えきった体にはありがたかった。

楠川分れ~辻峠~太鼓岩~辻峠
楠川分れから再び登山道。このあたりは夏場蛭が出るらしい。登山道の横の岩は大きいものが多く、一人で雨の中歩いていたら、幻想的ととるべきか怖いなぁと思うべきか。辻峠でデポして太鼓岩。太鼓岩までは急登。

辻峠~白谷小屋~白谷雲水峡登山口
辻峠からはほぼ下り。岩が多いので、滑る。苔むす森(もののけ姫で有名)を歩く。やはり、こちらの方は縄文杉ほどではないものの人が多い。川の徒渉等ある。登山口に進むほど、雨あしが強く、また傾斜がきつくなる。

★よかった点
・コースとしては全体的によく整備されており、登山口が標高1,300mなので、宮之浦岳まで標高差500mなので、楽。ただ、距離が長いのとトイレがあまりない。
・ユズリハやヤクスギ等本州では見ない植物。また、岳詣りをされていることからも信仰の山の痕跡が見受けられる。
・人と共存してきた森っていう感じ。水もきれいで透き通って川底が見えたりする。
・雨でも苔やヤクスギがいきいきするので、楽しめる

★うーんだった点、改善点
・半年前にツアーの予約しようとしたら、平日だったが既に希望日は埋まっていた。屋久島の予約をなめていた。。。
・今回はツアーだったので登山口の手配はツアー会社で行ってくれたが、平日朝のバスでも行列が長かった。また島のため、両登山口ともにアクセスは幹海辺の幹線道路より急激に坂道を登り、交通機関も少ないため余裕をもって行動したい。なお、早朝タクシーはツアーなどで埋まることが多く、個人手配の場合早めに事前予約をした方がよい。
・営業小屋はなく場所は早い者勝ち。多いと泊まれないこともあるらしい。自炊と寝袋持参。
・小屋にねずみがいるらしく、食料や水を吊り下げる。
・とにかく、新高塚小屋から下山までは階段が多く、雨だと滑りやすい。
・縄文杉以降は、縄文杉目当てのツアーが多いのですれ違いが大変。待ち時間が多かった。
・1日目午後以降はずっと雨だった。

★立ち寄り箇所
・ふれんど(宮之浦。素泊まり。部屋のとなりがパチンコ屋で遅くまで明るかった)
・鹿児島ホルモン宮之浦店(煙がすごい。メニューは屋久島っぽさがなかった)
・潮騒(首折れタチウオが食べたかった。唐揚げも尻尾がせんべいみたいでおいしいし、刺身も歯応えがあっておいしい。)
・PANORAMA(トビウオのすり身を薄くしてあげたトビカツがうまい)

★その他
・5月18日に豪雨で屋久島登山者が一晩下山できないことがあったが、ぎりぎりその前だったので登山できた。

登山中の画像
登山画像
前日登った開聞岳
登山画像
プロペラ機 揺れてこわかった。。。
登山画像
鹿児島ホルモン
登山画像
登山口思ったより普通の登山口
登山画像
これでもヤクスギじゃないらしい1000年以下は小…
登山画像
気持ちよい緑。緑っていうか黄緑だな。
登山画像
2日間このメンバーです
登山画像
切り株がこうやって腐っていって次の命土台が出…
登山画像
ここから世界遺産
登山画像
淀川小屋を過ぎて。川底が緑色だと思ったら木々…
登山画像
同じところから。
登山画像
ヒロハヒノキゴケ(たぶん)とにかく苔好きには…
登山画像
自然とこうなったのかしら?
登山画像
ユズリハがきれい
登山画像
花之江河日本最南端の高層湿原
登山画像
ところどころ水の流れを進む
登山画像
黒味岳分岐後のちょっとした下り
登山画像
晴れてる❗
登山画像
結構、岩のところもある
登山画像
投石平より今から歩く方向
登山画像
黒味岳 てっぺんに人が立っている
登山画像
ここから登ったりくだったり
登山画像
あれは宮之浦かな?
登山画像
雲が多くなってきた
登山画像
結構急。
登山画像
頂上だけが岩という不思議な眺め
登山画像
登ったり下ったりを繰り返す
登山画像
栗生岳
登山画像
宮之浦だけ山頂よりこれからいく方向を眺める
登山画像
雲がかかってきた
登山画像
整備をしているこの人たちはどういう行程でここ…
登山画像
永田岳 行ってみたかったな
登山画像
急に森。
登山画像
岩と森がミックスし始める
登山画像
ヤクスギの森に。
登山画像
本日のお宿 新高塚小屋
登山画像
2日目。最初から雨の下り。
登山画像
晴れる気配はない。
登山画像
高塚小屋。定員数が新高塚より小さそう
登山画像
ずぶ濡れだけど、これが本来のこの森の姿なのだ…
登山画像
縄文杉確認されている限り屋久島で最大の屋久杉
登山画像
夫婦杉
登山画像
世界遺産はここまで。
登山画像
ウィルソン株屋久島で一番古い切り株
登山画像
ウィルソン株の中
登山画像
森林軌道
登山画像
消防?のがたまたま来た。
登山画像
森林軌道もお別れ。
登山画像
森のフラミンゴ襲われないように同化中
登山画像
太鼓岩 何もみえない
登山画像
苔むす森
登山画像
徒渉があったり
登山画像
この辺、レインウェアの中もびしょびしょ
登山画像
急坂です
登山画像
ゴール
登山画像
夕飯 潮騒トビウオの唐揚げと首折れサバ
登山画像
この部分が絶品!
登山画像
キビナゴ天ぷらさかなのクオリティがすごい
登山画像
2軒目PANORAMA
登山画像
鳥の白肝のレバーパテ バゲットスライス添え
登山画像
トビカツ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

赤月夜 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...