登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
大荒れの道、俎石山 俎石山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2020年6月15日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:R26 南海霊園

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

09:35 南海霊園墓地
10:16 登山道入り口
11:31 稜線合流
12:22 旗立山
12:58 俎石山
13:48 桃ノ木台分岐
14:37 大河内池
14:44 南海霊園墓地

泉州低山3回目は俎石山

南海霊園→旗立山→俎石山→南海霊園の周回コースを計画

南海霊園の近くのスペースに駐車して出発。
旗立山の稜線に向かう。車道を進んで突き当たりを右に進むと林道に変わる。
しかし、入り口は草ぼうぼうでなんか怪しい気配。

入ると道は石ころだらけで、枝が邪魔して歩きにくい。
道は広いが時々道が無くなる。
あまり人が入っていないようで、木々で先が見えない場所が多々あり、都度道を見失う。
それでも途中までは、その木々を突っ切れば、道が現れる。
半ばを過ぎると、道も分からなくなる場所が多くなるので、当たりをつけて進んでいく。

地形図で急登が現れる場所まで進むと、右に広い登りの道が現れる。
登ると20m程で道が無くなっている。
仕方ないので、河原の中の道なき道を登っていく。
すると、右から登ってきた少し広い道と合流する。先程無くなった道の様だ。

ここから先は急登だが、道が荒れすぎているなぁ、と思っていると、左に小道が続いていたので、その道を進むことにした。
少し広い道を進んでいくと、地形図の道から次第に離れていく。そろそろ戻らないとと考えていると、突然道が無くなった。
仕方ないので、藪をかき分けて右へ進んでいく。先ほど急登を諦めたあたりに到着しても、道らしき道は無い。
GPSを確認すると、稜線まで10m程しか無いが、前方には藪が立ちはだかっている。
と、右側に少し空が見える場所がある。
ここだな、と思い藪をかき分けてちょっとした崖を登っていく。
やっとの思いで、稜線にたどり着いた。
2時間の計画だったが、概ね3時間かかってしまった。
もうヘトヘトになっているが、稜線はここから急登が始まって、延々登りが続く。
休憩しながら、ゆっくり登っていき、旗立山を経て俎石山到着は3時間半かかってしまった。

俎石山は景色は無いが、ベンチが8つ程設置されている。

今日の昼ご飯は、夏の定番「ゆずそーめん」 暖かいが柚の酸味で不思議と涼しく感じる。

しばらく休憩して、下山開始。

すこし戻って、箱作駅方面の道標に従って、下っていく。
下山道は広く歩きやすい。

途中でハンガーコースの道標のある分岐を左に入っていくと、入り口は少し妖しいものの、入ってみると登山道はしっかりしている。
何度か分岐はあるが、箱作駅を目指して下っていく。

1時間強で南海霊園到着

8.6Km 5時間09分 登りのコースが大荒れで、おすすめは出来ないコースだが、危険は無い。
登りで体力を使い果たしてしまい、距離の割に時間がかかってしまった。

登山中の画像
  • 南海霊園の手前のスペースに駐車
  • 少し戻って、ここから、車道を進む。
  • 車道突き当たりを左へ
  • すぐに林道に切り替わるが、どうも怪しい道だ
  • 案の定、あまり人が入っていないようで、かなり荒れていて、時々道が分からなくなる。
  • 道が無くなる所では、GPS片手に方向を定めながら進んでいくと、また道が現れる。 これを何度も繰り返しながら進んでいく。
  • 右に広い登りの道が現れるが、20m程で道が無くなっているので、戻って左の道を登っていく。
  • う~ん、道じゃあないなぁ
  • 登り切ると、少し広い道と合流する。 どうも、先ほど道が無くなっていた道がここまで続いているようだ。 道が崩落してたのかな?
  • ここから先は真っ直ぐ進めない程道が荒れている。
  • 左に小道が続いていたので、こちらを進むことにした。
  • 少し進むと、景色が開けた。
  • 引き返すようにして登っていくと、地形図の道から次第に離れていくので、地形図の道に戻らないと、と思っていると、道が無くなった。 右をみるとこの通りの藪 ここは強行突破だな!
  • 先ほど真っ直ぐ登るのを諦めた道?に合流。 さてこの藪の中これからどうするかな?
  • 登るのを諦めた道を覗いてみたら、崖登りだった。 真っ直ぐ登らなくて正解!
  • あたりを調査
  • 立ちはだかる藪! 駄目だこりゃ
  • 稜線まで10m程しか無いので藪を突っ切ってしまえば良いが、 右に一筋の光が。さて、ここを登ってみるか
  • 登り切って、振り返る。
  • 先に稜線が見える
  • 稜線に出て、ほっとする。 やれやれ
  • が、いきなりの急登 もう体力残ってないし。
  • 長い登りにへろへろ
  • ほぼ3時間 やっと旗立山到着 木の枝のベンチ
  • に座ると良い景色が見えるので、一休み
  • 展望台があるみたいだが、ヘトヘトなのでパス 行っとけば良かった。と後で後悔
  • 下山は右のルートかな?
  • 俎石山到着 3時間半でした。
  • 標識の前に座って 疲れ果てていたので、記念写真撮り忘れた
  • 昼は柚そうめん 麺は2分茹での細麺を使用
  • 熱いけど、柚の酸味が涼しく感じる 夏の定番メニュー
  • 下山道は登りと打って変わって、広く歩きやすい。
  • ここは箱作(左へ)
  • 行き過ぎたのでちょっと戻って、 ハンガーロードを下っていく
  • 入り口は少し怪しいが、道はしっかりしている。
  • 時々開ける景色
  • 要塞跡
  • 下は大河内池
  • 道なりに進むと、ここに出て来る
  • 出口を振り返る。
  • 南海霊園到着
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...