登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
天目山へ...久しぶりに長沢背稜に立つ★ 天目山(ミツドッケ)★(関東)
img

記録したユーザー

Noob Scouter さん
  • 日程

    2020年8月14日(金)

  • 利用した登山口

    東日原  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:奥多摩駅の目の前から東日原行きバスに乗車。バス停は東日原で降りる

  • 天候

    晴れのち曇り

この登山記録の行程

東日原(08:44)・・・一杯水避難小屋(10:45)・・・天目山(三ツドッケ)(11:05)[休憩 5分]・・・一杯水避難小屋・・・東日原(13:15)

総距離 約10.9km 累積標高差 上り:約1,228m
下り:約1,228m
コースタイム 標準:5時間
自己:4時間26分
コースタイム倍率 0.89
今日は奥多摩は日原から天目山(三ツドッケ)に行ってきました。コースはヨコスズ尾根での行ってこいです。

実は今日は鹿倉山-丹波山村というコースを予定していましたが、昨晩準備段階でまさかの通行止め区間があることを知り...急遽計画を変更しての山行と相成りました。不覚と言えば不覚ですが、当日気づかずに行ってしまうというアクシデントを回避できたという点で、私はツイてるなと思ってますw

東日原には8:34到着です。天気予報通り、快晴です。準備を整えたらいざ出発です。8:40です。

少しだけ道を戻ってから上り坂を歩きます。少しだけ不案内な個所が、最初からありますね。私の前を行く人が間違った道を歩きだし、しばらくして戻ってきました。地図でちゃんと行きたい方向を確認するのが大事ですね。

その先登山道に入りまして、暑い中歩いていると息もヒィヒィいいますw身体がエネルギーを使い始めるまでの辛抱と言い聞かせ、ゆっくり歩きます。地図でその後の地形の展開を確認しなが、進みます。前回山行の川苔山-本仁田山以来、左足の小指の付け根が、普段歩き含め負荷をかけすぎてたのか今日の登り途中でも痛くなってきます。あと暑さにやられてふっと注意が散漫になりそうな場面もあったので、アクエリアスのみつつ、体力と注意力のマネジメントを心がけます。

個人的な印象ですが、尾根とりつきまではきつかったですが、そこを過ぎると急こう配はあまりなく、体力的な面では幾分か楽になりました。代わりと言っては何ですが、滝入ノ峰のトラバースが続く個所は、危なすぎではないですが注意を怠らない方がいい程度にはドキドキしました。

一杯水避難小屋には10:45に到着しました。特に休憩する予定もなかったので、そのまま山頂を目指します。
で、、、この先が今日イチバン!に面白かった箇所です
(^q^)

地図を確認すると、山頂へは小屋の右側から裏手に回り込み、そのまま尾根筋に取りついて一直線となっています。先日奥多摩VCさんのツイートでも道不明瞭と注意があったので、ドキドキですw「よっし、ここから尾根筋に乗っかればいいのか」と確認したらそそくさと移動を再開。
VCの注意喚起の通り、道が不明瞭、というか道あるの?というレベルですw ただ、道を歩くのではなく地形を歩くというスタンスでいるので、道があろうがなかろうが必要な尾根筋を歩くだけだ、という気持ちで登っていきます。ここからド直登が平気で現れてきましたw

ほどなくして向かって左側にうっすらとみちっぽいのが見えてきたのでそっちに移りました。視線は尾根筋から離しません。そこをちょろっと歩くと、その先で道(っぽいもの)は消えました。さてここからどうしようかと思案しましたが、とりあえず目の前の斜面を直に登り上げて尾根筋復帰を狙います。あがった先にははっきりした道がついていました。
ただ、変な足取りになったせいか、三叉路を過ぎたところでの復帰で、その先の北北西向きの下降が始まるところでした。

一か所、大きな段差のある岩場を慎重に降りていくと、左から動物の鳴き声がして、すぐ下の斜面を野生の猿が3匹、全速力で走り去っていくのが見えましたw
その先再び急な登り返しをクリアすると、ようやく三つドッケの頂上です。ホント、心臓破りの坂ですwww

初めて三つドッケに来ましたが、山頂は蕎麦粒山に負けず劣らず狭いですw そして、景色は奥多摩の最奥部からの眺めという事で、ようやくそれが見られたことは感動でした☆
ただ全体の感想としては、渋い雰囲気w
頭の中でコーヒーのCMの"ダバダ~ダ~バダバダ~♪"が流れましたw
登山口についたときは晴れてましたが、残念ながら雲が出てきていて、それだけが少し残念ではありました。

本当ならここでお昼と思ったんですが虫がひどく多くてとてもじゃなけどゆっくり出来る環境ではありませんでした
(^^;

さて道を戻っていきますが、今度は下り基調のせいか道がはっきり視認できました。
で、ちゃんと蕎麦粒山と一杯水避難小屋との三叉路に到達しましたが、ここも面白かったです。
他の山域だったらちゃんと道標があるだろう場所でも、道標がなかったです☆ただ、三つドッケから降りてきて左右にそれぞれ下りて行ける尾根が伸びているだけ、という状態でした。
ただ、地図で見て確かにその三叉路という確信はありましたし、右手に斜面を見続ける案配で下りて行けば間違えようのない区間だったのでなんてことはなかったです。
私は長沢背稜エリアはあまり経験がありませんが、こういう地味に不案内なところが点在しているとすると、読図的にもチャレンジしがいのある楽しい場所じゃないかと思えてきましたw

予定通り避難小屋までもどってきましたが、食事については全く空腹感がなかったので、そのまま下山していきます。ずんずん下りて行きますが、最後の方に杉の根本あたりが皮剥がれしているのがいくつも...鹿のオイタが過ぎますねぇ

さて日原街道が見下ろせるところまで戻ってきて見えたのが...道路を埋めつくす車、車、車、、、、ある程度は予想していましたがおもわずワロスwwwwwwwwwと感想が漏れました。

以前より長沢背稜の界隈には苦手意識も持っていましたが、偶然とはいえ今回はそれを払しょくするいい機会にできました。

この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、トレッキングポール
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Noob Scouterさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Noob Scouter さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。