登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
階段を登れば北アのパノラマが待っていた《青空の蝶ヶ岳》 蝶ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2020年9月21日(月)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道18号から妙義ICより上信越道に乗り頭部湯の丸ICまで利用し丸子、鹿教湯経由、無料開放になった三才山トンネル経由で三股駐車場ヘ。

    帰りは、三才山トンネル経由で佐久南インターへ(立科地域より高速入口まで渋滞、高速に乗ったら渋滞の知らせ電光板で知り佐久スマートで降りて佐久に逆戻りして下仁田街道に出たらここも妙義へ方面丁字路信号迄渋滞、ここからは裏道で18号へ逃げて散々の帰り道で自宅へ20時着。

  • 天候


この登山記録の行程

9月20日
【車移動】
           自宅      14:18
  18:12  三股駐車場(車中泊)
9月21日
【山歩き】
         三股駐車場     4:30
 4:45    三股登山口     4:50
 5:17   ゴジラみたいな木 
 6:00    マメウチ平     6:11
 6:35     蝶沢
 7:06    第二ベンチ     7:13
 7:40    最終ベンチ
 7:55    大滝山分岐
 8:04   蝶ヶ岳ヒュッテ    8:08
 8:11    冥想の丘      8:30
 8:47    横尾分岐
 9:00     蝶槍       9:07
 9:18    三角点ピーク    9:53
10:17    冥想の丘
10:20    蝶ヶ岳      10:26
10:47   最終ベンチ
11:05   第二ベンチ
11:25    蝶沢       11:30
11:59   マメウチ平     12:05
12:39  ゴジラみたいな木
12:44    力水
12:57   三股登山口
13:10   三股駐車場
【車移動】
        三股駐車場    13:31
13:56 ほりでーゆー四季の郷 15:15
  入浴料金     ホームページ割引券利用  450円
     登山口からの距離      13.6km
       〃   時間      21分
 20:00    自宅


総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,615m
下り:約1,615m
青空探し第2段は
4連休当初の計画変更で岩手山より蝶ヶ岳ピストンへ変更し、前日20日の昼過ぎ出発して三股駐車場ヘ、白線枠内最後の一台ラッキー(簡単に考えていたのでびっくり)車はベットに変身しておそそかな前夜祭(登利平)。
大成功の青空探し山選びで、北アルプスの蝶ヶ岳より穂高岳、槍ヶ岳、常念岳と大展望と稜線歩きを少々満悦して帰った来ました。

【山歩き】
 翌日4時出発と思っていましたが4時半と出遅れ、登山口まで約1㎞歩いて登山相談所で登山届を提出した、

 ヘッデン頼りに登山路を登っていくと、休息中の登山者の所は暗闇に寝ているゴジラでした、まだ暗い登山路をいくらか明るくなって足元が見えしばらく行くとやっとひと山越しのマメウチ平に、

 マメウチ平で休息を入れた、ここより広い尾根登りとなり楽ちんもつかの間見所ない登り一辺倒の登山路は「階段ヶ岳」と読んでも不思議ではない階段が延々と小屋まで続きます、

 この登りがあったからこそテン場で目にした景色に歓喜が上がります、雄大な北アルプス(穂高岳・槍ヶ岳、そして遠くに御岳、乗鞍岳)の景色が今目の前にあります、山頂は左右のピークに登山者がいますが何やら方位盤らしき物が見える右ピークを山頂と思い行きます(山頂表示がなく方位盤の真ん中に蝶ヶ岳と刻まれていたのでこれが山頂と思い込んでしまいました)ここで腰を下ろしアルプス稜線展望に首ったけ、

 しばらくして稜線先の「蝶槍まで行こう」と話して先の尖った頂へ稜線漫歩で出かけます、常念へ向かう登山者に混じってアルプス稜線歩き、あの暗い登山路を登ってきたご褒美ですね、蝶槍手前で山頂ではゆっくりできない広さに気づきザックを登山路わきにデポして空身で登頂、やっぱり狭すぎて御前は広げられませんね、3人組の紅1点の方に写真を撮ていただき感謝です。

 それでは三角点ピークまで戻って登頂祝い膳を広げます、行き来する登山者の後ろに君臨している槍穂を眺めながら乾杯、最高のひとときですね、

 方位盤まで戻り気になった隣ピークへ行って見るとここに山頂表示柱が(唖然とする)山頂の勘違いでしたね、それでもチャンと山頂を踏めました、

 帰りはスライドラッシュ、階段は一人しか歩けないのでスライド待ち、皆さん疲れ切って登ってきます(ザックが大きい登山者ばかり(テン泊装備)、

 大滝山分岐よりはただただ降る長い道でお昼にマメウチ平に到着、昼時でベンチは満席、休息後はまたまた降るのみ、階段は少なくなりましたけどやっと登山口へ、約1㎞降って駐車場ヘ、

 駐車場は大分空きが出ましたよ、帰り道の林道は路駐が一杯、とこ時両サイドに駐車されてやっと一台通れる幅しかないところもこれが下の「まゆみ池駐車場」まで続いていました。

 帰りの林道沿いにある「ほりでーゆ―四季の湯」で温泉入浴後、無料開放になった三才山トンネル経由で佐久南インターへ(立科地域より高速入口まで渋滞、高速に乗ったら渋滞の知らせ電光板で知り佐久スマートで降りて佐久に逆戻りして下仁田街道に出たらここも妙義へ方面丁字路信号迄渋滞、ここからは裏道で18号へ逃げて散々の帰り道で自宅へ20時着。
山頂稜線はご機嫌、駐車場もラッキーと思えましたが帰りにしっぺ返し(倍返し)でしたよ。

登山中の画像
  • 朝まだ寝ているゴジラ前を通過
  • ひと山越て 平で広い尾根歩きの途中にあった 標高2000M案内板(中間地点ですね)
  • 多分この辺が最後の水場では? 水はありません・・・登山相談所のスタッフが言っていました「出てないですよ」
  • 本日は初の花写真 トリカブト
  • 第二ベンチに到着 ここでも一休み・・・階段が多くなっています
  • やっと展望が 蝶槍の稜線でしょう
  • 本日の登りは「階段の連続」 一歩一歩足を上げないといけませんね
  • 常念岳と前常念岳稜線を見ます まだ遠いな・・・行きませんけど
  • 最終ベンチ到着 小屋まで(稜線)1km切った 階段は続く何処までも
  • 蝶槍稜線が近づいて来ているので 終盤戦です
  • 常念岳との背比べも目線の高さに近づいています
  • 階段脇に まさかのキンポウゲが
  • 振り返れば 厚い雲海の上に浮かんで浅間山は 水蒸気ガスが真上に昇っています
  • 樹林帯を越した 大滝山分岐上です
  • なんとツガノアオザクラが残っている
  • 草紅葉もまだ一部だけ
  • 期待が持てる ハイマツの上は青空
  • 安曇野側は雲海?富士山は見えませんが 八ヶ岳がうっすらと見えます
  • テン場に出た 穂高岳、槍ヶ岳も出た 感激の一瞬
  • テン場で 小屋の赤い屋根をアクセントに 槍ポーズの妻と槍ヶ岳
  • 見所ない登りが終わって 最高のパノラマが待っていました この青空の下に
  • 蝶ヶ岳ヒュッテの自販機 値段の参考に? 以前来た時(5月連休)500缶が500円だったな・・・いつの話?
  • 穂高岳と霞沢岳の間に 焼岳
  • その隣奥には 乗鞍岳と御嶽山
  • 大天井岳か蝶ヶ岳山頂(こちら側がそうだと思っていました)の奥に
  • 方位盤と穂高岳
  • 腰を下ろして休息前に 穂高岳と記念写真
  • 真っ青な空と 北アルプスの岩峰 常念岳へ向かう登山者
  • 蝶ヶ岳の広い山頂稜線尾根の先に常念岳と大天井岳が
  • こんなに近くで見たのは何十年ぶり 槍ヶ岳
  • 槍と同じく何十年ぶりの大きな奥穂高岳
  • 乗鞍岳、コロナ観測所も見えますね
  • 御嶽山 今日はおとなしそうですね
  • 腰を下ろした所には イワツメクサが一輪 踏みつぶさなくてよかった
  • 最高の贅沢な時間を過ごしています 年配者の一言・・・昔あの稜線をすべて歩いたんだよね、もうできないだろうな?
  • 広大な蝶ヶ岳稜線と常念岳
  • 奥穂、涸沢岳、北穂のちょっとアップ 涸沢からの登山者が見えるかな?
  • 槍沢と槍ヶ岳
  • 涸沢と涸沢岳 登山路は見えるが登山者は見えないよね
  • 安曇野側は 雲海が光り出しました
  • 時間も早いし 「蝶槍まで足を延ばすか」の提案に 即座に妻が乗ってきました
  • パノラマ展望稜線歩きを少しだけ触れてきます 紅葉と穂高岳
  • 雄大な眺めの中を歩く幸せ
  • 蝶槍を目の前にして どうも休める場所がないようで ザックを登山路脇にデポ
  • 空荷で蝶槍登頂 槍がつくので槍ポーズ・・・でもバックは穂高岳
  • 傍で写真を撮っていた3人グループの女子の方の甘い誘いに乗って撮ってもらいました・・・槍と穂高両方写っている
  • 蝶槍から見る槍ヶ岳 何枚も写していますよね
  • 蝶槍から先はコルを経て常念岳へと続きます
  • 南岳と北穂間の大キレット 長谷川ピークは怖かったな、飛騨泣きどこだったのだろう
  • 三角点ピークまで戻って 槍ヶ岳に乾杯
  • 穂高岳を眺めつつ 軽装なので蝶ヶ岳散策登山者かな?
  • こんなに天気が良いとライチョウさんとは出会いがないですね
  • 蝶槍方面にガスが上がってきました
  • 三角点ピーク下の斜面にある紅葉 でも背景の空はガスで真っ白
  • 富山側は青空が続いています 紅葉と槍ヶ岳
  • 名人の指入り写真復活 穂高岳にばんざい
  • チョットすまして 槍ヶ岳さんこんにちわ
  • 帰ります 紅葉と槍ヶ岳
  • まだここが山頂と思っています 順番待ちして方位盤と山頂写真がないねと写します
  • お互いを写します でも小屋後ろに見える人混みピークが気になります
  • 来てみましたら こんな事に こちらが本当の山頂だったのですね
  • 山頂を踏めてよかったですよ
  • 旧山頂標識と 北穂と槍ヶ岳 テン場中の路地を通って下山です
  • 登山路は見所がないので ベンチ看板撮り
  • この看板 凝っていますね
  • 帰りにここで休憩しました
  • 蝶沢に咲いていたキオン
  • サラシナショウマの花期の後・・・登り時も気が付いていました
  • マメウチ平休息後 下山路には マイズルソウの宝石が
  • こちらも宝石のように 実が光っています
  • 朝は眠っていましたが 下山時はペット状態(歯を入れたり抜いたり遊んでいました)
  • 力水で最後の力をいただき下山します
  • この吊り橋ゆれすぎ 下の沢に落ちたら大変
  • 登山相談所に着きました ここにもトイレ有ます 駐車場まで800メートルと記載あり
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、トレッキングポール、マット(個人用)、ライター
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    10/18涸沢の積雪は20cm。まだ残る箇所ありチェーンアイゼンあると安心。営業は10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘周辺はすっかり晩秋の装い。雪はいつ降ってもおかしくない季節へ
    20年10月15日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...