登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
甲斐駒-アサヨ峰-鳳凰三山 甲斐駒-アサヨ峰-鳳凰三山(南アルプス)
img

記録したユーザー

asparakiwi さん
  • 日程

    2020年9月20日(日)~2020年9月22日(火)

  • 利用した登山口

    尾白渓谷駐車場   青木鉱泉  

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:JR小淵沢駅から尾白渓谷駐車場へ

  • 天候

    初日:雨、2日目:快晴、3日目:晴れ後曇り

この登山記録の行程

【1日目】
尾白渓谷駐車場(09:20)・・・笹ノ平(11:30)[休憩 15分]・・・刀利天狗(13:29)・・・五合目小屋跡(14:21)・・・七丈小屋第1(15:21)

【2日目】
七丈小屋第1(05:20)・・・八合目(06:21)・・・甲斐駒ヶ岳(07:53)[休憩 10分]・・・駒津峰(09:04)・・・仙水峠(10:05)・・・栗沢山(11:37)[休憩 30分]・・・アサヨ峰(13:19)・・・早川尾根小屋(15:22)

【3日目】
早川尾根小屋(05:30)・・・広河原峠(06:00)・・・白鳳峠(07:20)・・・高嶺(08:20)・・・アカヌケ沢ノ頭(09:00)[休憩 30分]・・・観音岳(10:40)[休憩 30分]・・・御座石(12:25)・・・中道登山道入口(14:35)・・・青木鉱泉(15:15)

総距離 約27.5km 累積標高差 上り:約4,160m
下り:約3,839m
コースタイム 標準:24時間35分
自己:23時間53分
コースタイム倍率 0.97
2泊3日で南アルプスに行ってきました。今回は、黒戸尾根⇒甲斐駒ヶ岳⇒アサヨ峰⇒鳳凰三山⇒青木鉱泉と辿ります。七丈小屋に1泊、早川尾根小屋でテント泊。前半=甲斐駒ヶ岳までは、8月末に一度登ったルート。今回はテント担いで更に先を目指す。
初日は1日中雨、山の上の気候は既に冬。黒戸尾根は相変わらず歯ごたえ十分だが、道が分かっているせいで疲労は前回より軽い。ただ、ぬかるんだ道の登りは滑りやすく地味に体力を奪われる。2度ほど転んでズボンを泥まみれにしてしまった。
七丈小屋はテント場が埋まっていたので止む無く小屋泊まりにしたのだけれど、小屋はとても快適でした。暖かいストーブと、夕食のカレー(お替りOK!)がとても体に染みました。登山者の中には明日、仙丈ケ岳に向かうつわものもいた。(藪沢小屋⇒地蔵尾根と辿るらしい。)
2日目は曇りのち晴れ。8合目からのピラミッドが美しい。甲斐駒ヶ岳に登頂後、早川尾根小屋まで縦走。やや雲が多かったが、尾根伝いの路は素晴らしい景観の連続で歩いていて飽きない。仙丈ヶ岳、北岳、駒ケ岳に目を奪われる。足元は岩稜帯が多く気を抜けない場面も多いし、アップダウンの繰り返しで体力を削られる。
駒津峰への下りは変化に富んだ楽しいルートだった。駒ケ岳の巨躯に圧倒される。鋸岳の景観も素晴らしい。仙水峠⇒栗沢山の登りも結構きつい。栗沢山頂上で昼食を取る。恰好の展望台。アサヨ峰の辺りでは風が強い一方気温が上がらず体温管理が難しい。すれ違う人は少ないが、ほとんどがトレランの強者だった。早川尾根小屋へ下る頃には、足の疲れも溜まっていてしんどい。道はかなり整備されているが、崩落の影響か、一部ワイルドな箇所もあり、気が抜けない。
早川尾根小屋ではテント場に泊まらせて頂いた。水場もトイレもあってありがたい。夕食には温存してきた梨をがぶり。渇いた身体を潤してくれる。深夜の気温は2Cぐらい。寝袋にくるまって朝を待つ。
3日目は4時に起床したが、撤収に慣れていないせいか、出発は5:20ぐらい。天気は曇り。広河原峠、赤薙沢の頭、白鳳峠、高嶺とアップダウンを繰り返す。高嶺手前で立ち入り禁止サインがあるので何だろうと思ったら、数十メートル規模の崖崩れの傷跡。自然は限りある事を痛感。そこを過ぎたあたりで道に迷った。トレースを追いかけていたら、沢筋に入りミスに気づく。トレースを頼り過ぎてもいけない、手堅く引き返す。高嶺近辺は爽快。北岳に目を奪われる。ここ数年は登れない可能性もあり、なおさらまぶしい。地蔵岳と観音岳も見えてきて、見飽きることがない。赤抜沢の頭の前ぐらいからは、撮影ポイントが多すぎて、ついつい足が止まる。赤抜沢の頭に荷物を下ろし、身軽になり賽の河原へ走って往復。聳えるオベリスク。鳳凰三山の景観の素晴らしさ。観音岳に登るあたりから雲が多くなり、景観は失われていったが、ルート自体が素晴らしいので飽きない。観音岳山頂で昼食。尾西のアルファ米にはずいぶんとお世話になったせいか、少し飽き始めた。薬師岳山頂から青木鉱泉へ下山を開始。(当初、夜叉神峠に降りるつもりだったが、予定より1時間遅れだったのでコース変更。)しかし、この下山道の前半はかなりしんどい道。急斜面&湿潤な森はかなり歩きにくい。湿った丸太にパイルドライバーを一発くらい、尾てい骨を強打。林道に降りる頃にはへとへとになっていた。青木鉱泉への道すがら、通りすがりの登山者と意気投合し、青木鉱泉へのショートカット(渡渉ルート)を教えてもらったが、水嵩が高く使えず。青木鉱泉からその人の好意で車に載せて頂き、山ネタで盛り上がりながら甲府へ。タクシー代(8,500円)が浮きました、感謝。旅を満喫した3日間。

総括:今回はジョギングで体力を少して戻して臨めたので、総じて苦労はなかった。常に30%の余力を残すよう努めたので、長丁場でもきつくはなかった。やはり平地でのトレーニングが何より大事だ。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、GPS機器、テント、シュラフ、マット(個人用)、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

asparakiwiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    登山口から積雪あり。五合目から前爪アイゼン。冬期営業中(宿泊要予約、売店は日帰り利用不可)
    21年01月21日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

asparakiwi さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雪
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...