登山記録詳細

トレイルランニング
参考になった 0
土樽ラウンド茂倉・一ノ倉・谷川・万太郎 茂倉・一ノ倉・谷川・万太郎(上信越)
img

記録したユーザー

kutsuhimo さん
  • 日程

    2020年9月22日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:土樽PA上り線裏の緑地駐車場に停車

  • 天候

    強風・ガス・時々晴れ

この登山記録の行程

分岐(05:40)・・・矢場ノ頭(06:50)[休憩 2分]・・・茂倉岳(07:45)[休憩 5分]・・・一ノ倉岳(08:07)・・・オキの耳(08:50)・・・トマの耳(09:00)・・・谷川岳肩ノ小屋(09:05)[休憩 10分]・・・中ゴー尾根分岐(09:24)・・・オジカ沢ノ頭避難小屋(09:50)・・・大障子避難小屋(10:17)・・・万太郎山(10:48)[休憩 10分]・・・井戸小屋沢ノ頭(11:45)・・・大ベタテ沢ノ頭(12:15)・・・登山口(12:35)・・・分岐(13:00)

総距離 約19.3km 累積標高差 上り:約2,396m
下り:約2,396m
コースタイム 標準:12時間38分
自己:6時間53分
コースタイム倍率 0.54
土樽から谷川岳へ突き上げる谷の馬蹄形縦走。まずは茂倉岳へ茂倉新道を登ります。初めからなかなかの急斜面が続きます。最初のピーク、矢場の頭はなかなか遠く。稜線のような雰囲気が出てくると矢場の頭はもう少し。ここまで滑りやすい木の根に注意です。矢場の頭からは森林限界を超えたのか、吹きさらしです。右側から常に風が上がってきています。ガスがちですが、風に吹かれているので展望が開けたり、無くなったりします。避難小屋を過ぎ、笹原を茂倉岳山頂へ。谷川岳ロープウェイが豪雨災害で運休となっている影響か、山頂に人影はなく。谷川主稜線に入りますが、相変わらず人影は少ない。一ノ倉岳で、四阿山からぐんま県境トレイル縦走4日目のグループに出会う。圧倒的な猛者感。一ノ倉沢(左側)はガスで何も見えない。高度感もわからない。滑りやすい岩をやりすごし谷川の双耳峰を通過し、肩の小屋で休憩。連休中にも関わらず山頂、肩の小屋ともに人影なし。休憩後、さらに人影のないぐんま県境尾根を万太郎山方面へ向かう。タワに降り、オオジカ沢の頭への登りは、鎖場・痩せ尾根の通過があり気を使います。そこから先は緑一面の稜線歩きです。ちょうどガスも切れてきたので、精神面も回復。大障子の頭くらいから万太郎山が見えますが、視界にはいるだけに、最後の登りがしんどいです。登りつめた先は分岐ピークなので、少し先の万太郎山を踏みます。吾策新道を使い土樽へ。急な下り斜面もありますが、やり過ごし、徐々に近づく土樽PAを目指します。森の中に入ると、しっかりとしたトレイルになり、スピードアップできます。果てしなく長く思える尾根を下り、沢の音が聞こえ始めると林道はすぐそこ。全身筋肉痛でした。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

kutsuhimoさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

kutsuhimo さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...