登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
新緑・奇岩・奇峰・満開のさくらー妙義山 (5C) 妙義山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年4月18日(土)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:行き
    高崎から信越本線松井田駅まで
    松井田駅からタクシー(呼び出し)で妙義神社まで1180円
    駅をおりても常駐タクシーはないので、電話で呼び出す必要がある
    帰り
    もみじの湯からタクシー(呼び出し)松井田駅まで2350円

  • 天候

    晴れ
    [2015年04月18日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

妙義神社(8:46)・・・白雲山登山口(8:55)・・・第一見晴(9:15)・・・第二見晴(9:37)・・・タルワキ沢(9:54)・・・タルワキ沢のコル(10:46)・・・相馬岳(11:05ー11:30)・・・タルワキ沢のコル(11:43)・・・タルワキ沢出合(12:18)・・・本読みの僧(12:25)・・・東屋(12:46)・・・大砲岩分岐(13:40)・・・大砲岩周遊・・・第四石門(14:15)・・・第二石門(14:40)・・・第一石門(14:54)・・・石門入口(15:00ー15:11)・・・一本杉(15:20)・・・大人場(15:43)・・・金鶏橋(15:51)・・・中間道登山口(16:10)・・・もみじの湯(16:20)


総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約2,528m
下り:約2,549m
春の妙義山は新緑に、奇峰、奇岩群、満開のさくらと変化に富んだ楽しみを与えてくれた。もう少し季節が進むと、樹間から岩峰群が見えにくくなりそうだし、この時期の妙義山は良いのではないだろうか。

稜線を進む白雲山コースはロッククライミングの技術が要ると聞かされ、今回は中間道を進んだが、それだけでは少々もの足らない気もしたのでタルワキ沢から道を分けて相馬岳往復を加えた。急登が続き、二カ所クサリ場もあるが、技術的には難しくない。頂上から浅間山や金鶏山、金洞山の眺めも良く、楽しみが立体的になる。往復二時間ほど余計にかかるが、脚力に余裕があればお勧めしたい。

中間道に戻り奇岩や石門巡りを楽しんだ後は、「さくらの里」に出る。ちょうどソメイヨシノが満開で園地を埋め尽くしていたが、石門入口と松井田駅に近い妙義神社の間には公共交通機関がなく、徒歩で戻らねばならない今回は残念ながら上から景色を楽しむだけにとどめた。サクラの季節は、「さくらの里」を起点として満喫した後、石門巡りだけするのも一案だろう。

実は、石門までで事実上登山は終わりと思っていたのだが、一本杉から中間道よりもさらに標高が低い並行した登山道を折り返していくと、静かで新緑に彩られ、また今日登ってきた妙義山を違った角度から見上げることができ、満足感がさらに高まった。これも脚力に余裕があればオススメのコースだ。このコースの途中にはカタクリの自生地があるそうだが、残念ながらこの時期は花は終わっているようであった。

群馬県山のグレーディングではCとなっているので、主観的な評価Bから表記を改める。

登山中の画像
  • 妙義神社から出発。さくらが咲き、ウグイスが鳴き、春の雰囲気満点
  • 第一見晴らしから
  • タルワキ沢から中間道を分けて、相馬岳(表妙義最高峰)を目指す
  • タルワキ沢のコル
  • 妙義山の岩峰群も見上げるだけでなく、この様に同じ高さから眺めると印象がまた違って面白い
  • 相馬岳頂上から浅間山
  • 同じく金洞山。険悪な表情だが、こういうのを見ると登りたくなってしまいますよね。右から二番目のピークが星穴岳で、相馬岳頂上から二つの穴が見えている。
  • 中間道に戻り石門を目指す
  • 途中痩せた尾根に取り付けられた鉄の階段を行く。これが意外に長い
  • 様々な奇岩が見えてくる
  • ツツジも咲いている。左端は大砲岩
  • 第二石門を見下ろす
  • 第四石門を見上げる
  • 第二石門への登り
  • 第二石門から振り返る
  • 第一石門は鬼ヶ島のモデルじゃあないだろうか
  • 「さくらの里」のソメイヨシノは満開
  • 園地を埋め尽くすソメイヨシノ。今回は妙義神社に向けて徒歩で戻らねばならないので、上から眺めるだけでがまん
  • 一本杉から再び登山道に入るが、中間道よりもさらに低い位置から妙義山を眺めることができる、静かで楽しいコース。カタクリ自生地もあるらしいが、花は見あたらなかった。 自分が登ってきたピークをこうして下から見上げるのは満足感があって良い
  • 山吹
  • 「もみじの湯」でゴール(写真は手前にある美術館)
この山行で使った山道具
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    すてぱんさん こんにちわ。
    この投稿を見て桜の里へ行ってみたいと思っていました。石門潜りは、以前、肝を冷やしたことがあるので近寄らず(笑)・・
    4月末に桜の里へ行って来ました。ソメイヨシノは終わっていましたが、八重桜が満開前(8分咲き?)で園内をピンク色に染めていました。その足で軽井沢へ行ったのですが、コブシやソメイヨシノが、咲き始めでした。

  • すてぱん さん
    やぎやぎ さん 、古い投稿にコメントありがとうございます。
    前回は妙義山中間道だけで精一杯だったので、今度機会があれば桜の里も訪ねてみたいと思います。上から眺めただけでも圧巻でしたから、園内を散策したらさぞや素晴らしいのでしょうね。

    ここは、稜線の鎖場も面白そうです(私の技量でいけるのかわかりませんが)
    それに、紅葉シーズンも良さそうですねえ

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...