登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
雲ノ平縦走 薬師岳、鷲羽岳、水晶岳、黒部五郎岳、三俣蓮華岳、双六岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

tirrano さん
  • 日程

    2015年7月28日(火)~2015年8月1日(土)

  • 利用した登山口

    折立   新穂高温泉  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:池袋駅から夜行バスで富山駅へ。富山駅から、有峰口行きバスで折立へ。
    新穂高温泉から毎日アルペン号で新宿まで高速バス。

  • 天候

    初日 晴れ、2日目 晴れ、3日目 曇り時々晴れ、4日目 晴れ、5日目 晴れ
    [2015年07月28日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
折立(08:26)・・・三角点[休憩 10分](09:50)・・・太郎平小屋[休憩 60分](11:50)・・・薬師峠(13:05)・・・薬師岳山荘[休憩 30分](14:22)・・・薬師岳[休憩 30分](15:50)・・・薬師岳山荘(16:50)

【2日目】
薬師岳山荘(03:45)・・・薬師岳[休憩 30分](04:30)・・・薬師岳山荘[休憩 60分](05:27)・・・薬師峠(07:26)・・・太郎平小屋[休憩 10分](07:50)・・・薬師沢小屋[休憩 30分](10:00)・・・雲ノ平[休憩 60分](13:53)・・・徒渉点(16:38)・・・三俣山荘(17:26)

【3日目】
三俣山荘(06:00)・・・鷲羽岳[休憩 10分](07:10)・・・ワリモ北分岐(08:00)・・・水晶小屋[休憩 20分](08:34)・・・水晶岳(黒岳)[休憩 10分](09:28)・・・水晶小屋[休憩 10分](10:00)・・・ワリモ北分岐[休憩 10分](10:34)・・・徒渉点[休憩 30分](11:30)・・・三俣山荘[休憩 60分](12:35)・・・巻道合流点[休憩 10分](14:48)・・・黒部五郎小舎(15:50)

【4日目】
黒部五郎小舎(04:50)・・・黒部五郎岳(中ノ俣岳)[休憩 60分](06:56)・・・黒部五郎小舎[休憩 60分](09:16)・・・巻道合流点(11:30)・・・三俣蓮華岳[休憩 10分](12:05)・・・双六岳[休憩 10分](13:36)・・・双六小屋[休憩 30分](14:25)・・・弓折乗越(16:00)・・・鏡平山荘(16:29)

【5日目】
鏡平山荘(07:10)・・・シシウドが原(07:38)・・・秩父沢出合(08:19)・・・小池新道登山口(08:52)・・・わさび平小屋[休憩 20分](09:07)・・・笠新道登山口(09:35)・・・新穂高温泉(10:20)

総距離 約66.6km 累積標高差 上り:約5,917m
下り:約6,183m
コースタイム 標準:41時間28分
自己:35時間34分
コースタイム倍率 0.86
折立から薬師岳の間はルート上の問題なし。
薬師沢の木道はスリップによる事故が多発しているとのこと。
薬師沢小屋に着いたとき、前日カベッケヶ原で木道を踏み外して転倒した人が、骨折らしくて動けなくなったため、ヘリコプターにつり上げられて救助されていました。この山域で歩行不可能になると確実にヘリコプターの厄介になります。気をつけましょう。
薬師沢から雲ノ平への急登は、途中に目印が一切ないので、標高計やGPSで位置を確認しながら、現在地を確認すると良いでしょう。
雲ノ平は、地上の楽園、秘境ですが、シニアの人出が多く、雲ノ平山荘は混雑しています。
しずけさを期待するなら、人とは違った行動をとらざるを得ません。
三俣山荘への祖父岳の巻き道の雪田は、雪の周囲を巻いて走行します。ここから見る、剱岳と三俣山荘は格別な景色です。目の高さに三俣山荘が見えますが、残酷な急坂を下りて、徒渉してから登り返さなくてはなりません。
雲ノ平に宿泊した場合は、祖父岳を登り、岩茸乗越からワリモ北分岐へ進み、水晶岳をピストンしてからワリモ岳、鷲羽岳を縦走して、三俣山荘に下りる人が多いようです。そのため、黒部川源流域はほとんど登山者に出合いませんでした。ひっそりと花々を楽しみながら、源流域を満喫することができます。
三俣山荘から巻き道を使って黒部五郎小舎に向かう場合、視界が悪いときは巻き道を控えたほうが良いかもしれません。三俣山荘側の大きな雪田で道に迷うリスクがありました。
さらに、合流手前のガレ場に雪渓が残っていて、ルートファインディングに手間取りました。
黒部五郎岳は、天気に恵まれて、白山、薬師岳、剱岳、立山、白馬三山、五竜岳、鹿島槍岳、水晶岳、鷲羽岳、槍ヶ岳、奥穂高岳、乗鞍岳、御嶽山、笠ヶ岳まで、14の百名山を望むことができました。
山頂からは尾根道を通って、黒部五郎小舎へ。岩場の通過が厄介ですが、笠ヶ岳と槍・穂高の美しい眺めに励まされながら、無事下りることができました。
黒部五郎小舎から三俣蓮華岳への登り返しは、強い日差しも相まって結構しんどかったです。三俣蓮華岳からの眺望もまた見事でした。そのまま尾根コースで双六岳へと進みましたが、槍ヶ岳はガスに覆われて見えませんでした。
さらに、鏡平まで足を伸ばし、ガスの切れ間の槍ヶ岳の眺望、ブルームーンの槍ヶ岳を堪能して、整備された新穂高への下山道を進みました。わさび平の冷やしトマトが美味しかったです。

登山中の画像
登山画像
早朝の雨で、足元はよく濡れていました。
登山画像
根回りがすごい、松。これをクロベエというらし…
登山画像
樹林帯を出ると、気持ちの良い稜線歩き。
登山画像
三角点から先も果てしなく遠く感じました。
登山画像
左側の霧の奥に太郎平小屋が見えてきました。
登山画像
ラーメン大盛(1000円)で、エネルギー補給。
登山画像
薬師平を超えて山荘まであと少し。
登山画像
こちらも霧の先に薬師岳山荘。初日の宿です。
登山画像
天気予報では、夕方晴れとのこと。でも、山頂は…
登山画像
山荘に戻ろうとすると決まって、ガスがとれてい…
登山画像
ね。青空が覗いている。
登山画像
薬師岳山荘の夕食。ケチャップで「やくし」と。…
登山画像
二日目早朝は雲一つない快晴状態。剣岳、立山、…
登山画像
間もなく日の出。雲が良い感じ。
登山画像
日の出。
登山画像
日の出と同時に山頂がガスに覆われてきました。…
登山画像
これはこれでとても幻想的な演出です。
登山画像
赤く染まったガスの先に槍ヶ岳が見えます。
登山画像
薬師岳山頂の南側のピークは完全に霧に覆われま…
登山画像
山小屋はガスでなにも見えなかったそうです。山…
登山画像
太郎平を後にするときは、また快晴に戻っていく…
登山画像
チングルマの群生がとってもきれいです。
登山画像
コバイケイソウも天を衝くかのように、青空に映…
登山画像
沢まで下りてきました。ここで水浴びして一休み。
登山画像
第二徒渉地点。
登山画像
第三徒渉地点。左俣出合。
登山画像
沢から離れて急な斜面をトラバース。結構イヤラ…
登山画像
振り返ると、優しく薬師岳が。
登山画像
カベッケヶ原の木道を越えると、やっと薬師沢小…
登山画像
作りがしっかりしているので、見た目ほどは怖く…
登山画像
こんな感じですから、水かさがあと50センチも上…
登山画像
河原なのかよく分からないところを通過して登り…
登山画像
最初はこんなはしごとか、急登が続きます。
登山画像
終盤は、つるつると滑りやすい岩の上を登ります。
登山画像
これが、木道の端っこ。やっと雲ノ平に着いたの…
登山画像
池塘と薬師岳。きれいです。
登山画像
黒部五郎岳。カールはこの角度からは見えません。
登山画像
木道の先に黒々とした水晶岳が見えてきました。
登山画像
奥日本庭園。ハイマツと岩と池塘と。
登山画像
薬師岳は何度見てもいい。
登山画像
奥日本庭園の緩やかな登を登り終えると、久しぶ…
登山画像
山荘手前のアルプス庭園?
登山画像
雲ノ平山荘に到着。
登山画像
こんなところで、ボーッとするだけで良い。
登山画像
雲ノ平山荘に宿泊するつもりでしたが、同室の人…
登山画像
山荘とテント場の中間に広がる、ギリシア庭園。…
登山画像
ここを下るとテント場。ここで数日過ごしてみた…
登山画像
水晶岳を間近に見るスイス庭園。ここが一番かな。
登山画像
高天ヶ原方面の渓谷も美しい。
登山画像
ここも、ずっといたかった場所。写真を収めて、…
登山画像
祖父岳は立派。なのに祖母岳はねぇ。
登山画像
祖父岳を反時計回りに回り込むと、その先には槍…
登山画像
なんて完璧なロケーション。三俣山荘良いなぁ。
登山画像
泣く泣く黒部川源流の沢まで下って、徒渉したら…
登山画像
頑張って、三俣山荘に着きました。鷲羽岳、かっ…
登山画像
南に目を転じると、槍ヶ岳の勇姿。雲も絶妙な配…
登山画像
月まで槍ヶ岳を演出している。
登山画像
鷲羽岳。ここまで登って、後は霧の中。この眺め…
登山画像
山頂からの眺望はお預け。
登山画像
和製エーデルワイス。水晶岳直下は、結構な群生…
登山画像
水晶岳山頂はもっとなにも見えなかった。残念。
登山画像
こんな岩場も通過できたのね。周りが見えなかっ…
登山画像
黒部川源流の水で乾杯。
登山画像
源流の沢は、まだ雪が残っていて、上を巻いて通…
登山画像
黒部川源流碑。随分と下に設置したのねぇ。
登山画像
朝、こんな写真も撮ってみた。
登山画像
朝日が黒部五郎岳のカールを赤く染めていく。
登山画像
随分と赤くなった。
登山画像
山頂付近はすっかり日が出たようだ。
登山画像
朝日のコバイケイソウもなかなかのもの。
登山画像
ワリモ岳の方向から山越に日の出。うーん、待っ…
登山画像
なんて気持ちの良い朝なのだろう。
登山画像
カール地形の全貌が見えてきた。
登山画像
水があるとなおさらよい。朝日が順光で黒部五郎…
登山画像
北側のカールを登っていく。残雪と岩と、高原植…
登山画像
カールの尾根に到着。もう少しで山頂。
登山画像
黒部五郎岳の山頂に到着。右から薬師岳、剣岳、…
登山画像
南側の稜線ルートで下る。岩場が多く結構ハード。
登山画像
でも、振り返ると、絶景が広がる。反対方向は、…
登山画像
笠ヶ岳はなんて均整のとれた山容なのだろう。
登山画像
三俣蓮華岳への登り返し。痩せた尾根は緊張の連…
登山画像
強い日差しを受けながら、三俣蓮華岳に登頂。
登山画像
三俣蓮華岳、丸山、双六岳のアップダウンの縦走…
登山画像
真正面の雲さえなければ、、、残念。
登山画像
鏡平からみた雲間の槍ヶ岳。
登山画像
ブルームーンが明るすぎる。槍ヶ岳方の小屋の明…
登山画像
露出を長くして、ここまでがやっとかな。
登山画像
最終日早朝の鏡池から見た槍ヶ岳。
登山画像
下山するときの鏡池。また来よう。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tirranoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tirrano さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年1月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW ひざのサポーターを実際の山行でテスト!
ひざのサポーターを実際の山行でテスト! 「フェイタス メディカルサポーター ひざ」を、ヤマケイオンライン会員が実際の山でモニター。その使い心地は?
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力