登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 9
甲斐駒ケ岳の直登を反省 甲斐駒ケ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

次郎 さん
  • 日程

    2015年8月22日(土)

  • 利用した登山口

    北沢峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:伊那インター~仙流荘バス停までマイカー、駐車場は余裕あり。
    土曜日14:20発のバス利用。マイクロバスで時間通りに出発、車中運転手さんのガイドあり◎

  • 天候

    曇り晴れ間はほんの数分、歩くには涼しくてよいが撮影には全く残念だった

この登山記録の行程

北沢峠(06:00)・・・双児山[休憩 20分](08:00)・・・駒津峰[休憩 10分](09:00)・・・甲斐駒ヶ岳[休憩 60分](11:00)・・・駒津峰[休憩 10分](13:05)・・・仙水峠[休憩 10分](14:15)・・・仙水小屋(14:55)・・・長衛小屋[休憩 10分](15:20)・・・北沢峠(15:40)

総距離 約8.2km 累積標高差 上り:約1,208m
下り:約1,208m
コースタイム 標準:7時間
自己:7時間40分
コースタイム倍率 1.10
 北沢峠こもれび山荘に前泊し、双児山を目指して樹林帯に入ったが睡眠不足も手伝ってそこそこきつい登りだった。
 樹林帯を抜けると周りはハイマツ、甲斐駒の雄姿が見られると聞いていたが、駒津峰の向こうは雲がかかっていて雄姿見えず残念だった。
 駒津峰への登りはハイマツとガレ場で展望は良い。登り勾配は結構あり、立ち休みが必要だった。
 駒津峰からいよいよ山頂を目指すのだが、岩場の稜線歩きなどを経て、八合目に到着すると一呼吸、ここで周囲を充分観察せず、若い女性2名、そのあと若い男性3名が登って行ったので後をついていく感じで、右手の巻道に気づかず、なんと!直登ルートに入ってしまった。右手の砂岩地を行く人が見えるからおかしいなと思ったときは、岩よじ登りで引き返せず、覚悟を決めて慎重に登ることにした。(尚、上記ルート地図では直登の記載ができないので巻道表示となっている。)
 途中から同世代のヘルメット着用の男女グループにも追い抜かれ、ガスはかかってくるし、ひとけは無いし、疲れが出てくるし、心細かった。
 砂地の急斜面の岩陰で風よけをして暫し休憩していると道を尋ね3人グループが登ってきた。ひとけにホッとしながら少し登ると、なあ~んだ山頂!30mか50m以内だった。まだどれだけ登るのか不安になっていたのだが。巻道経由で休憩含み5時間10分の計画だったが、直登は随分休んだがそれでも10分早かった。しかし、直登はしないほうが良い、危険だ。下山は巻道とした。下山の途中、直登との分岐を見ると岩壁に赤色で「直登」と書いてある。なぜ気が付かなかったのかそんな自分が怖い?

登山中の画像
  • 仙流荘バス停
  • 北沢峠こもれび山荘
  • 双児山ルートの登山口
  • 双児山
  • 駒津峰の向こうに摩利支天が少し見える
  • 双児山から駒津峰に向かう
  • 駒津峰への登り
  • 駒津峰山頂付近から双児山を見る
  • たぶんこの岩が六万石?
  • 直登と巻道の分岐、この岩を登ると直登
  • 右手を見ると巻道ではと気が付く
  • ガスって心細くなってきた処、山頂のすぐ近くだった
  • 駒ケ岳山頂から見た摩利支天
  • 摩利支天への分岐
  • 下山巻道での急登、この先が巻直登と巻道の分岐
  • 巻道と直登との分岐、なぜ気がつかなかったのか?反省
  • 六方石付近
  • 仙水峠
  • 仙水峠から少し摩利支天が見えた、曇り~残念
  • 仙水小屋
  • 橋を渡ると長衛小屋
  • 長衛小屋の横手はテントの花盛り
  • 出発地点6:05に戻ったのが15:40、9時間35分ぶり
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 9

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

次郎さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    一気に冬の装いへ。小屋から上は雪のコンディションとなりました。日没も早まってます
    20年10月29日(木)
    南御室小屋 ~鳳凰三山
    南御室小屋
    稜線の紅葉はピークを過ぎつつあります。今は中腹の紅葉の時期です。10/11までの営業予定です
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

次郎 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 9

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。