登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
出席番号1番と2番、晩秋の乾徳山へ (3C) 乾徳山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2015年11月7日(土)

  • 利用した登山口

    乾徳山登山口  

  • パーティ

    2人 (すてぱん さん 、出席番号1番 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:友人の車で乾徳公園駐車場まで
    午前8時半到着で、空きスペース5台分程度

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

乾徳山登山口(08:42)・・・登山道入口(08:53)・・・国師ヶ原(10:19)・・・月見岩[休憩 10分](10:52)・・・乾徳山[休憩 60分](11:58)・・・国師ヶ原[休憩 20分](14:25)・・・乾徳山登山口(16:13)

総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,459m
下り:約1,459m
コースタイム 標準:7時間20分
自己:6時間1分
コースタイム倍率 0.82
いつもは単独行だが、ロッククライミングをやっている旧友と晩秋の乾徳山を楽しんできた。乾徳山に登るのは36年ぶり。樹林帯、カヤト、頂上付近の岩場と変化に富んだ登山が楽しめる。

<樹林帯、カヤト、岩場の三通りの楽しみ>
徳和集落から20分ほどで登山口。ところどころ紅葉(標高1100メートルくらいまで)が残る樹林帯を登り、視界が開けたらカヤトが広がる国師ヶ原。ここから先は大きな岩が目立ち始め、月見岩で稜線上に出る。傾斜もきつくなり、巨岩が真っ二つに割れた髭剃り岩を経て、2か所ほど鎖場が出てくる。

<山頂直下の岩場には迂回路もあり>
最初の鎖場は高さ7mほどの旗立岩で、少し高度感はあるが岩に凹凸がありスタンスは豊富。一枚岩である鳳岩(杖棄岩と記述するガイドブックもある)にかかる二つ目の鎖場は、高さ20メートルはあるだろうか。ほぼ垂直に切り立っているが、クラックや足場はあるので鎖を補助程度に使って落ち着いて登ればよい。一緒に登った友人は、出戻り登山者がおっかなびっくり大キレットを通過していた日に滝谷を登っていたクライマーで、彼に恥ずかしいところを見せられないと気負うとかえってぎくしゃくしてしまい苦笑。なお、鎖場が心配であれば、鳳岩を迂回して山頂に達する道の標識もあったので、そちらを進めばよいのだろう。

<山頂から国師ヶ原へは来た道をそのまま戻るのがいいかも>
あいにく天気は曇りで展望はあまり良くなかったが、岩場の山頂は開放的で気分がよい。下山路は、水のタルに進み山頂を巻きながら下る。しかし、このルートは大きめの岩がごろごろ転がっている急斜面で気が抜けず、段差も大きく歩きにくい。これまで歩いた道でいえば、少し大げさだが燧ケ岳のナデ窪や前穂高の岳沢をずっと短くした感じだろうか。昭文社の「2014年版山と高原地図 金峰山・甲武信岳」には「下山道」として示されているものの点線扱いなのは、このあたりが理由なのかもしれない。みれば山頂付近にかなりいた登山者も、来た道をそのまま戻っていったのか姿を見かけない。ピンクテープは巻かれているが、落ち葉のせいもあり踏み跡もややうすい。山頂から鳳岩を迂回する前述した道(山頂にも迂回路の指導標があった)を経て、元来た道を引き返すのが一般的なのかもしれない。率直に言って、下山には向いていないと感じた。

ようやく傾斜が緩むと国師ヶ原で、高原ヒュッテの前に出る。2014年版の昭文社の「26金峰山・甲武信」には、「荒廃」と記述があるが、最近手が入れられたようで、あたらしい床が張られ、きれいなバイオトイレも利用できる避難小屋になっている。

国師ヶ原からは、道満尾根を徳和峠に下る。害獣除けのゲートを経て徳和集落をもとの駐車場へ。

今回は、登山の楽しみ方を広げるために寝袋なども購入して、高原ヒュッテに泊まり、鍋を囲む予定だったのだが、日曜日に天候が崩れそうだということで、車中泊と下山後の鍋に変更。楽しかったので、全て良し。

<少々騒がしくてごめんなさい>
芋づる式に次々と思い出される昔話や、互いの近況、最近考えていることを旧友と語り合いながら山道を歩いた。周りには騒がしく映ったかもしれない。普段は単独行で、にぎやかにおしゃべりしているパーティーを見るとわずらわしく感じたりもしてきたのだから、我ながら勝手なものだ。これからは友達と楽しく歩いたことを思い出して、にぎやかなパーティーを少しはほほえましく思えるかもしれない。

山梨県の山のグレーディング、3C

登山中の画像
  • 徳和集落にある乾徳公園の水車小屋
  • 紫式部とニシキギ
  • 干し柿が吊るされていて、徳和集落の秋は深まる
  • 登山口
  • 標高1000メートルくらいまでは、紅葉が残っている
  • 国師ヶ原から望む乾徳山の山頂
  • 月見岩で稜線に着くと、岩場になっていく
  • 巨岩が真っ二つに割れた髭剃り岩
  • 髭剃り岩からの眺め
  • 髭剃り岩
  • 一つ目のクサリ場、旗立岩
  • 高さ20mほどの鳳岩(杖棄岩との記述もあり)にかかる二つ目のクサリ場。大岩がV字状に割れた中を進むので、体が露出せず、高さの割に高度感はない。 高校生の頃、槍ヶ岳に行く前に岩場に慣れるために乾徳山に登ったことを思い出す。
  • 山頂からの眺め
  • 水のタルを経た下山路は、大きな岩が転がる急斜面で歩きにくい
  • 高原ヒュッテ 最近改装されたようで、新しいきれいな床が張られ、これまたきれいなバイオトイレも設けられている
  • 道満尾根の下り
  • 徳和集落の吉祥寺 お疲れ様
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 甲武信小屋~甲武信ヶ岳
    甲武信小屋
    10/17初雪。翌日初冠雪。小屋付近で一時積雪18センチ。軽アイゼンなど冬山装備で
    20年10月23日(金)
    金峰山小屋 ~金峰山
    金峰山小屋
    朝方は氷点下になるくらい、寒くなりました。今季の営業は11月22日までです
    20年10月23日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。