登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
チングルマ繚乱 谷川馬蹄 谷川岳(上信越)
img

記録したユーザー

DAI KAI さん
  • 日程

    2016年6月4日(土)~2016年6月5日(日)

  • 利用した登山口

    土合橋  

  • パーティ

    2人 (DAI KAI さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:土曜日の朝6時に土合橋の駐車場に駐車、この時点でまだスペースには余裕はありましたがかなりの駐車台数。早朝から多くのパーティが入山していたようです。

  • 天候

    5日:晴後曇 6日:曇後晴 
    [2016年06月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
土合橋(06:30)・・・田尻尾根入口(06:35)・・・土合口[休憩 20分](06:40)・・・ガレ沢のコル[休憩 10分](09:00)・・・トマの耳(10:20)・・・オキの耳[休憩 30分](10:30)・・・一ノ倉岳[休憩 10分](12:00)・・・茂倉岳[休憩 10分](12:30)・・・武能岳[休憩 10分](13:10)・・・蓬ヒュッテ(14:00)

【2日目】
蓬ヒュッテ(04:30)・・・分岐(04:40)・・・七ツ小屋山(05:30)・・・清水峠[休憩 10分](06:30)・・・ジャンクションピーク(08:40)・・・朝日岳[休憩 10分](09:00)・・・笠ヶ岳[休憩 20分](09:30)・・・白毛門[休憩 10分](10:00)・・・松ノ木沢ノ頭(10:30)・・・土合橋(12:00)

総距離 約23.9km 累積標高差 上り:約3,138m
下り:約3,138m
コースタイム 標準:16時間55分
自己:12時間40分
コースタイム倍率 0.75
妻とともに石楠花が終わりお花の季節に入った谷川岳の馬蹄型縦走に挑みました。
スタートは西黒尾根を選択。試運転の始まったロープウェイを脇に見ながら樹林帯を進みます。やがて樹林帯から岩稜に飛び出すと目の前に迫る谷川岳とマチガ沢に圧倒されます。鎖場を越えて高度を上げ、雪田の脇を上がれば谷川岳の山頂です。
何度も谷川岳の山頂には立っていますが、今日はここで終わりません。縦走はここから始まります。
仙ノ倉岳方面の稜線も魅力的ではありますが、今日はノゾキを経て一ノ倉岳、茂倉岳、武能岳を経て蓬峠へ向かいます。稜線は岩場とザレ場が交互に現れますが、特に注意すべきは谷川~一ノ倉間の岩場、長年登山靴で歩き続けられた岩場は黒光りするほど磨きこまれており、濡れてもないのでよく滑ります。茂倉岳からの下降も長いので足にダメージが来ないように注意が必要でしょう。
徐々に大きくなり、終いには眼下に聳える大源田山の穂先が印象的です。
蓬峠では馬蹄型縦走の中継点とすべく続々のパーティが終結を始めていました、私たちは蓬ヒュッテに宿を取ります。蓬ヒュッテの水は土樽方面に10分ほど下降した先にある沢の源頭の湧水、水量もあり冷たくおいしい谷川の名水です。

翌朝はガスの中スタート、ガスは濃く視程距離30m程度、登山道は明確にトレースされているので迷うことはないでしょう。七つ小屋山からの猛烈な下り、そしてジャンクションピークへの長い登りと崩壊の進むザレ場が核心です。ジャンクションピークを過ぎ木道が現れると朝日岳はもうすぐそこです。
朝日岳に到着したところから急激に空が晴れ始め、今日初めて見る稜線、そして周囲の山々の景色が!
強まった風が雲を吹き飛ばし一気に青空が広がりました。初夏の山景色に、足元のチングルマが色を添えます。
笠ヶ岳、白毛門と縦走を進め、最後の難関、白毛門から土合への激下りです。
私はこちらこそ三大急登だろう、などと思ってしまします。
岩場に鎖ならまだマシな方、土壁にトラップのごとく下げてある劣化した虎ロープ(切れそう)、泥壁、腐った木の根の崖、何故か汚物臭の激しい岩場などが続く悪路です。
冬は5時間かけてラッセルした坂を2時間弱で駆け下りて縦走は終了です。
濃くなった蝉騒の中、夏の北アルプス縦走へ繋がる初夏の谷川でした。

登山中の画像
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

DAI KAIさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

DAI KAI さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年6月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?