登山記録詳細

バックカントリー
参考になった 0
トムラウシ山BCスキー2015 トムラウシ山(北海道)
img

記録したユーザー

100ski さん

この登山記録の行程

4:30東大雪荘駐車場-9:30コマドリ沢分岐9:40-12:40トムラウシ山13:05-13:10旧噴火口滑降13:30-17:05東大雪荘駐車場

・冬尾根取付き斜面はすでに雪が足りなく、渡渉地点もスノーブリッジなし。
・登山口から夏尾根(夏道)を上がった。
・850mあたりから雪が繋がった。
・途中、短縮路と合流する1,143m地点、トムラウシ公園前のピーク付近、山頂直下2,065mで雪が切れていた。
・最後の急斜面は雪が腐り膝まで踏み抜く箇所もあったが、スキーを担いでピークまで上がった。
・ピークから外輪上を移動し、噴火口へ滑降した。
・底の雪はザクザク状態だったが、埋まる感じではなかった。
・登り返しもなく、来たルートと合流出来た。
・2,065m地点からは板を脱ぐことなく、雪を繋いで降りることができた。
・コマドリ沢分岐からカムイサンケナイ川を1,300m付近まで降り、その後、尾根斜面をトラバースして夏道へ戻った。
・高低差のない夏尾根では、何度かスキーが止まる箇所もあったが、シール貼らずに進むことができた。
・850m付近から歩きにチェンジして下山した。
・下山後、東大雪荘(トムラウシ温泉)で入浴(500円)。


総距離 約22.6km 累積標高差 上り:約1,744m
下り:約1,746m
備忘録です。
5月3日は、トムラウシ山に登った。
トムラウシ山は、今回の北海道遠征のヤマ場で、距離が長く、かつ、登り返し(長いトラバース)があるところである。
最初、冬道コースで登ろうとしたが、渡渉地点での水量が多くて渡渉できず、結局、夏道コースに変更した。
夏道コースは、標高850m付近までは雪があったりなかったりで、シールで登るにはきつく、滑走するには狭過ぎるところでした。
標高850m付近から上では、比較的なだらかな斜面が続いた。
途中、尾根と沢との間て長くトラバースところがあった。
尾根は、疎林になっており、眺望がとてもいいところであった。
沢から山頂にかけて、夏道どおりに行くと、アップダウンがあり、雪のないところが何箇所かあった。
山頂付近では、見た目では雪が少なく、山頂からの滑走を半分諦めていた。
トムラウシ山には、御釜があることを知らなかったが、山頂に到着すると、山頂から御釜にかけて雪の付いた斜面があり、これは御釜滑走することにした。
山頂から青みがかった御釜の池に向かっての滑走は、短かかったが、とても印象深いものであった。
御釜からは、夏道にかかわらず、雪のあるところを選んで滑って行くと、意外と雪が繋がっていた。
沢から尾根にかけての長いトラバースは大変で、尾根に着いた時は長く休憩した。
尾根からは、標高850m付近まで滑走し、残りをツボ足で降りて、駐車場に戻った。
駐車場に着いて片付けをしてから、東大雪荘でコーラを飲んだ。
とても美味しく、感動した。
東大雪荘の温泉に入浴した。
自分好みの泉質で、とても気持ちよかった。
その後、帯広に移動し、食事をしたが、次の日が雨の予報で、次に登る山を決めることができなかった。

登山中の画像
登山画像
東大雪荘前。ご来光。
登山画像
東大雪荘前スタート。
登山画像
林道。
登山画像
林道。
登山画像
冬尾根取付き部。渡渉部。水量が多く、雪も少な…
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。標高850m付近からスキーでハイクアップ。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
登山道からの眺め。
登山画像
トムラウシ山頂上。
登山画像
トムラウシ山頂上から御釜滑走。
登山画像
御釜滑走。
登山画像
御釜滑走終了。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
トムラウシ山滑走。
登山画像
カムイサンケナイ川滑走。
登山画像
カムイサンケナイ川滑走。
登山画像
尾根部。カムイサンケナイ川から少しハイクアッ…
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走。
登山画像
登山道滑走終了。ここから歩き。
登山画像
登山道。
登山画像
登山口。
登山画像
東大雪荘到着。この後、トムラウシ温泉に入浴。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、ザック、ヘッドライト(+予備電池)、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、健康保険証、行動食、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、アイゼン
【その他】 スキー ビンディング クランポン シール 兼用靴 ウィペット
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

100skiさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

100ski さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月6日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。