登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
南アルプス南部縦走(光岳~三伏峠):日本アルプス縦走 Round.2 畑薙第1ダム 光岳 聖岳 赤石岳 悪沢岳 三伏峠(南アルプス)
img

記録したユーザー

山車(dashi) さん
  • 日程

    2015年7月19日(日)~2015年7月25日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:●往路:しずてつ夏季限定運行「南アルプス登山線」で静岡駅から畑薙第1ダムへ
      2015年の運行期間は7月18日(土)~8月31日(月)【毎日運行予定】完全予約制
      静岡駅⑧A乗り場:09:50発⇒臨時駐車場:13:00着⇒畑薙第一ダム:13:15着
    ●復路:伊那バス、南アルプス登山バス「鳥倉線」で鳥倉登山口から伊那大島駅へ

  • 天候

    雨による沈殿:1日。行動:7日
    [2015年07月19日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
   コース歩行距離:69.8km  アプローチ歩行距離:3.8km
  記号:[--]交通機関 [・・・]徒歩
①7/19(日) コース歩行距離:8.0km 累積標高差:+1,035m,-377m
 静岡駅(09:50)--畑薙第1ダム(13:25)・・・畑薙大吊橋(14:24)・・・ウソッコ沢小屋(15:47)・・・横窪沢小屋(17:10)
②7/20(月) コース歩行距離:12.8km 累積標高差:+1,831m,-931m
 横窪沢小屋(05:37)・・・茶臼小屋(07:50)・・・茶臼岳(08:43)・・・易老岳(10:56)・・・イザルヶ岳(13:20)・・・光小屋(13:50)・・・光岳(14:20)・・・光岩・・・光小屋
③7/21(火) コース歩行距離:13.2km 累積標高差:+1,050m,-1,296m
 光小屋(05:15)・・・易老岳(06:53)・・・茶臼岳(09:02)・・・横窪沢JC(09:25)・・・上河内岳(10:46)・・・南岳(12:09)・・・聖平小屋(13:32)
④7/22(水) コース歩行距離:17.9km 累積標高差:+2,331m,-1,989m
 聖平小屋(04:50)・・・聖岳(06:53)・・・奥聖岳(07:15)・・・聖岳(07:48)・・・兎岳(09:35)・・・小兎岳(10:24)・・・中盛丸山(11:22)・・・百間洞山の家(12:16)・・・百間平(13:15)・・・赤石岳非難小屋(14:48)・・・赤石岳(15:09)・・・小赤石岳(15:35)・・・大聖寺平(16:20)・・・荒川小屋(16:51)
⑤7/23(木) 雨:沈殿
⑥7/24(金) コース歩行距離:17.9km 累積標高差:+1,953m,-1,971m
 荒川小屋(04:50)・・・荒川前岳JC(06:08)・・・中岳(06:14)・・・避難小屋(06:17)・・・悪沢岳(07:09)・・・避難小屋(08:06)・・・中岳(08:25)・・・前岳JC(08:30)・・・前岳(08:34)・・・清水(10:14)・・・高山裏避難小屋(10:54)・・・横屋岳(11:51)・・・小河内岳(13:59)・・・烏帽子岳(15:32)・・・三伏峠小屋(16:11)
⑦7/25(土) アプローチ歩行距離:3.8km 累積標高差:+145m,-955m
 三伏峠小屋(06:00)・・・鳥倉登山口(時刻表09:10)--伊那大島駅(時刻表11:00)


総距離 約68.3km 累積標高差 上り:約7,816m
下り:約6,981m
 ここ南ア南部は初めて訪れた。印象深かったことを3点挙げてみる。一つ。荒川前岳の見事なお花畑。黄白が目立つ。シナノキンバイ(信濃金梅)とハクサンイチゲ(白山一花)だろうか。一面に咲き乱れている。大雪山のそれに比肩し得ると思われるが、また異なった趣がある。鹿の食害から護ることで、これだけのお花畑が出現するのだから、もし鹿が来なければと、思わず考えてしまう。二つ。荒川前岳に象徴される崩落。稜線の登山道は何度も下に付け替えたそうである。今回も付け替えられたばかりの斜面の這い松の上を歩いた。南アは1年間に4mmもの隆起を今も続けているとか。隆起と浸食、日本アルプスの成り立ちに興味は尽きない。三つ。南アの話題の主は望月さんである。少なくとも3つの山小屋で話題となった。トランス・ジャパン・アルプス・レースを4連覇(当時はまだ3連覇。2016年で4連覇)した地元、井川の人である。NHKでも2012年と2016年に放映され、当然、主役は望月さんである。山小屋でも猛者振りを示すエピソードを聞いた。Round.1で井川を通過したが、その時すれ違ったジョギングする人は望月さんであったかも知れない。

 日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~シリーズ。今回はRound.2:南アルプス南部(畑薙ダム~光岳~三伏峠)の山旅である。

 感想の前にコース設定について。日本弧状列島横断の目標の一つを日本アルプス縦走とした。北端は飛騨山脈(北アルプス、以下北ア)が、栂海新道で日本海の親不知に着水しているので、ここに決定。南は赤石山脈(南アルプス、以下南ア)の南端を光岳に仮置きし、ここから南方への縦走をどこまで延ばせるか検討した。南アの光岳南方を深南部と云うそうだが、光岳からの縦走路はつながっていない。今回の旅では藪漕ぎはしないことにしたので、この案は没。次に寸又川左岸林道から光岳へのアプローチを検討した。林道は崩落で通行止めになっていて、netで調べると、すごい崩落写真が載っていて、崩落斜面のトラバースは勿論、高巻きも難しそうで、この案も断念。次に実行可能な3案を比較検討した。①案は採用案で御前崎から大井川沿いを畑薙ダムまで遡上し、横窪沢を登って、茶臼岳から光岳をピストンするもの。②案は浜松の米津浜から天竜川を遡って遠山郷、下栗を通り、易老渡から易老岳に登り、光岳へ。③案は静岡市から大日峠を越え、井川大橋を渡って、畑薙ダム、以下①案と同じ。検討結果、①案を採用した。理由は日本アルプスの私的イメージである”川”の字に最も近かったからである。日本アルプスは西から北ア、木曽山脈(中央アルプス、以下中ア)、南アからなり、何となく三本川のイメージを持っていた。この三本川(実際は山脈)は木曽谷(木曽川)と伊那谷(天竜川)で隔てられていて、南アを太平洋まで延ばすのに①案の大井川が相応しく思えたからである。

 Round.2 いよいよ今回から、山歩きとなる。Round.1では御前崎から大井川沿いを遡り、畑薙第一ダムまで132kmを歩いた。一筆書きを目指しているので、今回のスタートは畑薙第一ダムである。静岡駅からバスで3時間半、南アのアプローチは長い。畑薙ダムの出発は1時半となった。皆、椹島までバスで行くのか、湖畔を歩く人はいない。横窪沢小屋までコースタイムで5時間弱、6時を過ぎることになってしまう。今回は小屋泊にしたので荷物は軽い。先を急ぐ。畑薙大吊橋を渡り、上河内沢を吊り橋で3度、4度渡って、ウソッコ沢小屋に着く。宿泊できないことを恨めしく思いながら通り過ぎると、最後の吊り橋が現れ、豪快な滝が上手から足元に流れ下る。流れが近く、水量も多いので、更に迫力を感じる。5時過ぎに横窪沢小屋に到着し、初日を終えた。
 2日目。茶臼小屋付近はお花畑になっていて、シナノキンバイ(信濃金梅)、ハクサンフウロ(白山風露)などが咲いている。稜線に出るとここは静岡市葵区と長野県飯田市の県境で、この県境を南下する。すぐ茶臼岳に至り、南方には、深い緑のなだらかな稜線が伸びている。池(塘)(泥炭地ではないので、池が適切か?)があり、新しい木道があり、あまりアップダウンがなく、木道のないところは土の道で、足にやさしい快適な道である。草原にまっすぐ伸びた木道の向こうに、丸い星が顔を出したようなイザルヶ岳はまるでメルヘンの世界である。ここまで来ると光小屋と光岳は目と鼻の先である。今日の行程で特記が2つある。一つは蕾や咲き始めのきれいなタカネバラ(高嶺薔薇)を見たことである。五感の衰えた老人には嗅ぐ由もないが、きっといい匂いが漂っていたに違いない。二つ目は這い松である。ここ光岳が這い松の南限だという。地面を這うのでその名がついたというが、ここのは背丈が高い。見上げると這い松の窓から青空に浮かぶ雲が見える。雪が少ないのか、風が弱いのか、富栄養なのか。
 次回はRound.3:南ア北部(三伏峠~塩見~白根三山~甲斐駒~仙丈~駒ヶ根)をレポートする。

関連レポート
○日本アルプス縦走~日本弧状列島完全人力横断(御前崎~親不知)~
 ・全体版:2015年6月30日(火)~2016年7月22日(金)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72911>
 ・Round.1:御前崎スタート(御前崎~畑薙第1ダム) 2015年6月30日~7月5日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=72732>
 ・Round.2:南アルプス・南部(畑薙第1ダム~三伏峠)2015年7月19日~25日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85112>
 ・Round.3:南アルプス・北部(三伏峠~駒ヶ根) 2015年8月8日~13日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85249>
 ・Round.4:中央アルプス・乗鞍岳・焼岳(駒ヶ根~西穂山荘下)2015年9月11日~17日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=85409>
 ・Round.5:北アルプス南部(西穂山荘下~種池山荘)2015年10月2日~10日(土)
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=112065>
 ・Round.6:北アルプス・北部(種池山荘~親不知) 2016年7月17日~22日
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=115955>

最新レポート
○関東地方境一周
 ・群馬県境:巻機-丹後、縦走 敗退記
  <http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=92462>

登山中の画像
登山画像
Round.2:畑薙第一ダム スタート
登山画像
畑薙ダムに流れ込む、大量の土砂。確か、学校で習っ…
登山画像
畑薙大吊橋
登山画像
一号吊り橋。全部で5つ位の吊り橋を渡る。
登山画像
無名No.2吊り橋の滝:全部で5つ位の吊り橋を渡る…
登山画像
木株のお堂
登山画像
タカネバラ(高嶺薔薇)
登山画像
タカネバラ(高嶺薔薇)
登山画像
金鳳花、白檜曽、岳樺、光へは木道もある
登山画像
光岳への道
登山画像
這い松の窓:南限に近いからか、這い松は背丈も高い
登山画像
上河内岳・茶臼岳:左から(以下特に断らない限り、…
登山画像
易老岳・三角点?:地形図にはないが、標柱に三角と…
登山画像
易老岳
登山画像
白檜曽の純林
登山画像
ミヤマミミナグサ(深山耳菜草)
登山画像
イザルヶ岳
登山画像
自然のオブジェ
登山画像
イザルヶ岳:標準レンズでこの丸さ
登山画像
光岳@イザルヶ岳
登山画像
上河内岳と茶臼岳は瓜二つ。頂点の角度、左肩の二…
登山画像
横長だあ~ッ!でも、チョットだけ上へ
登山画像
上品な優しいピンク:白山風露
登山画像
メルヘンの世界:イザルヶ岳
登山画像
南限に来ると起きまあ~つ(松)
登山画像
光岳:南ア、スタート
登山画像
光岳
登山画像
這い松の南限。寸又川左岸林道からここに登ってく…
登山画像
地平線のシルエットが富士を横切る。
登山画像
優しい色を見せる小岩鏡
登山画像
兎岳・聖岳
登山画像
超大きなミミズ
登山画像
上河内岳:好きになった山
登山画像
上河内岳と茶臼岳は瓜二つ:頂点の角度、左肩の二…
登山画像
緑木から青空への六変化
登山画像
兎・聖・上河内
登山画像
聖岳
登山画像
茶臼岳
登山画像
光岳への稜線@茶臼岳:中央の一番高いのが光岳
登山画像
@茶臼岳:聖・赤石・悪沢・上河内
登山画像
富士山を横目に見ながらの縦走路
登山画像
兎・聖・上河内岳:奥に赤石・悪沢岳が見える
登山画像
上河内岳:平原が広がる。
登山画像
富士山
登山画像
上河内岳
登山画像
イワツメクサ(岩爪草)
登山画像
聖・赤石・悪沢岳
登山画像
上河内岳
登山画像
@上河内岳:バックは聖岳と赤石岳の半分
登山画像
聖岳・赤石岳・悪沢岳
登山画像
聖岳
登山画像
赤石岳
登山画像
赤石岳・悪沢岳
登山画像
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
登山画像
チャートの赤か?
登山画像
シナノキンバイ(信濃金梅)
登山画像
タカネコウリンカ(高嶺紅輪花)
登山画像
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
登山画像
ヨツバシオガマ(四葉塩竃)
登山画像
聖岳
登山画像
聖平小屋
登山画像
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
登山画像
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)
登山画像
チシマギキョウ(千島桔梗)
登山画像
上河内・茶臼・仁田岳
登山画像
聖岳
登山画像
稚児車・岩鏡
登山画像
稚児車:富士山をバックに@奥聖
登山画像
奥聖岳
登山画像
@奥聖岳
登山画像
ミネズオウ(峰蘇芳)
登山画像
稚児車・岩鏡
登山画像
キバナシャクナゲ(黄花石楠花)
登山画像
アオノツガザクラ(青の栂桜)
登山画像
チャート・ミヤマダイコンソウ(深山大根草)
登山画像
ミヤママンネングサ(深山万年草)
登山画像
イワオトギリ(岩弟切)
登山画像
タカネツメクサ(高嶺爪草)
登山画像
キバナシャクナゲ(黄花石楠花)
登山画像
兎岳
登山画像
チングルマ(稚児車)
登山画像
タカネヤハズハハコ(高嶺矢筈母子)
登山画像
小兎岳
登山画像
ウラジロナナカマド(裏白七竃):紅葉のみならず、…
登山画像
ハクサンチドリ(白山千鳥)
登山画像
ヒロハミネウスユキソウ(広葉峰薄雪草)
登山画像
中盛丸山(なかもりまるやま)
登山画像
雷鳥 雄:目の上の赤い肉冠がシンボル
登山画像
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
登山画像
百間洞山の家
登山画像
深山金鳳花@百間洞
登山画像
ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)
登山画像
ウサギギク(兎菊)
登山画像
赤石岳避難小屋
登山画像
赤石岳
登山画像
赤石岳
登山画像
小赤石岳
登山画像
荒川小屋
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
クロユリ(黒百合)
登山画像
イワベンケイ(岩弁慶):雌雄異株。左下は雌株か?
登山画像
うっすら富士山:@荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳お花畑
登山画像
荒川前岳@中岳
登山画像
荒川中岳
登山画像
荒川中岳
登山画像
荒川中岳避難小屋・悪沢岳
登山画像
悪沢岳
登山画像
リシリオウギ(利尻黄耆):葉は対生。花柄及び萼に…
登山画像
雷鳥母子
登山画像
荒川中岳@悪沢
登山画像
悪沢岳
登山画像
紅白の寄せ植え:イワツメクサ(岩爪草)タカネシオ…
登山画像
タカネシオガマ(高嶺塩竃)
登山画像
荒川中岳避難小屋:ザックを置かせていただいて悪…
登山画像
荒川前岳
登山画像
荒川前岳の崩落
登山画像
オオヒョウタンボク(大瓢箪木)
登山画像
ミヤマバイケイソウ(深山梅蕙草):後ろの草もき…
登山画像
ミソガワソウ(味噌川草)
登山画像
新たな芽ぶき:倒木更新。倒木に生えている苔が無…
登山画像
シロバナノヘビイチゴ(白花の蛇苺)
登山画像
苔尾根
登山画像
花の道
登山画像
高山裏避難小屋(有人)
登山画像
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)・タカネコウリンカ(高…
登山画像
タカネコウリンカ(高嶺紅輪花)
登山画像
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
登山画像
マルバダケブキ(丸葉岳蕗)
登山画像
マルバダケブキ(丸葉岳蕗):舌状花は細く長く、オ…
登山画像
タカネバラ(高嶺薔薇)
登山画像
タカネバラ(高嶺薔薇):薔薇の香りは虫にも大人…
登山画像
タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)裏から
登山画像
タカネグンナイフウロ(高嶺郡内風露)表から
登山画像
こういう道が好き:草と土の道
登山画像
親子か、枝か?:白檜曽
登山画像
荒川三山
登山画像
小河内岳から塩見岳
登山画像
小河内岳
登山画像
塩見岳@小河内岳
登山画像
小河内岳非難小屋・悪沢岳
登山画像
ハクサンチドリ(白山千鳥)
登山画像
小河内岳:いい感じ!肩に避難小屋
登山画像
塩見岳:皮膚を剥がされたように痛々しい
登山画像
タカネマツムシソウ(高嶺松虫草)
登山画像
三伏峠小屋
登山画像
三伏峠
登山画像
木曽山脈(中央アルプス):次回はあの峰へ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山車(dashi)さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 椹島ロッヂ~南アルプス南部
    椹島ロッヂ
    アクセス道路・登山道ともに異常箇所なく安全に通行できます。千枚岳周辺ではタカネビランジが開花
    19年08月19日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山車(dashi) さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年9月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に556点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開!
カリマー「クーガー」モニターレポート公開! レポート第1弾は、まりりんさん。日帰りと二度のテント泊縦走で背負って感じた「身体に吸い付くような一体感」の理由とは?
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう!
南・中央アルプスの王道の縦走コースを歩こう! 北アルプスに比べると、登山者を受け入れる体制は整っていないのが南・中央アルプス。だからこそ魅力がタップリなのです!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...