登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
快晴の戦場ヶ原をスノーシューで散策 戦場ヶ原(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2017年2月4日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:(行き)北千住6:31発 区間快速東武日光行き
    東武日光駅から湯元温泉行きバス(8:40)で三本松
    (帰り)湯滝入口から東武日光駅までバス
    今回は「まるごと日光東武フリーパス」(浅草から東武日光往復と、日光地区のバスが乗り降り自由で4日間有効4150円)を活用した。北千住〜東武日光の往復で3100円、戦場ヶ原とのバスの往復も3000円以上するから、とてもお得だった。

  • 天候

    快晴
    [2017年02月04日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

三本松 9:59・・・赤沼 10:10 10:22・・・展望台 10:58 11:08・・・1407m地点ゲート 11:16 ・・・小田代原 11:35 12:05(昼食休憩)・・・1424m地点ゲート12:40・・・小田代橋 13:07・・・湯滝 13:41 13:57・・・湯滝入口14:05

日光が意外に近いとわかったので、今度は快晴の戦場ヶ原でスノーシューハイクを楽しんできた。夏なら一般観光客も散策するコースだし、積雪期もスノーシューハイクを楽しむ人も多くトレースがしっかりついていて、危険箇所もなく、コースに問題はない。

先週に続いて区間快速東武日光行きに乗り込んだのだが、今週も登山者で一杯。湯元温泉行きのバスは、満車で乗り切れない人がたくさん出る始末。日常茶飯なのかバスの運転手も、「満車なので次のバスをご利用ください」と涼しい顔。でも、次の湯元温泉行きのバスはほぼ1時間後。出戻り登山者は、(いささか無理に)乗り込めた最後の一人だった。

出戻り登山者は三本松の茶屋(竜胆)でスノーシューを借りた(15時までに返却、800円)が、戦場ヶ原散策にはやはりスノーシューかワカン、ロングスパッツは必要だろう。ダブルストックを利用すると深い雪でもバランスを取りやすく、疲れにくくなる。概ね樹林帯を行くのだが、吹きっさらしの区間で風に吹かれると寒く感じる。平坦で運動量がさほど大きくないためなのか、好天だったにもかかわらず、フリースの上から羽織ったインサレーションは最後まで手放せなかった。

広々とした景色の小田代ヶ原でランチ。できれば一般的な戦場ヶ原一周コースから足を伸ばして、弓張峠から氷結した庵滝を訪ねてみたかったのだが、歩き始めの時刻が遅く、時間的な余裕が乏しそうだったので、今回は割愛。すでに庵滝に行って戻ってきたという人の話では、トレースもつき、滝もまだ氷結していたそうだ。

代わりに、小田代橋から湯滝に向かう。静かな流れに沿って進むが、人も少なく雰囲気もいい。小滝に続き現れた湯滝が想像以上に大きく、思わず歓声が出る。

今回は「まるごと日光東武フリーパス」(浅草から東武日光往復と、日光地区のバスが乗り降り自由で4日間4150円)を活用した。北千住〜東武日光の往復で3100円、戦場ヶ原とのバスの往復も3000円以上するから、とてもお得だった。おかげで三本松でのスノーシュー返却、中禅寺温泉途中下車して華厳の滝見物と入浴もできた。


トイレは歩き始めの三本松、赤沼ともに公衆トイレが利用可能だったが、コース中に散在する他の公衆トイレは冬季閉鎖中であった。

登山中の画像
  • 東武日光行きの電車の中は登山者で一杯。湯元温泉行きのバスも乗り切れない人が出たくらい。
  • 中禅寺湖畔を走り、さらにバスは奥日光へと進む
  • 三本松の茶屋でスノーシューを借りる
  • 男体山
  • 赤沼から戦場ヶ原へ
  • 湿原のへりをめぐる樹間コース
  • 戦場ヶ原展望台からの眺め
  • ゲートを越えて小田代原へ
  • 小田代原はひらけていて眺めがいいが、吹きさらしなので風が吹くと寒い
  • 白樺も・・・
  • 数学的な感じもする3本の綾なす曲線
  • カラマツも、美しい
  • 泉門池(いずみやどいけ)の脇からの眺め。綺麗な水が湧き出し、たくさんの人が思い思いに休憩している
  • 流れに沿って湯滝へ
  • 誰が渡ったんでしょうねえ。小動物の足跡が
  • 小滝
  • 想像していたよりも立派な湯滝
  • 三本松から改めて戦場ヶ原を眺める
  • 中禅寺温泉で途中下車をして華厳の滝の見物と入浴をする
  • 日の傾く中禅寺湖
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    すてぱんさん こんばんは。
    戦場ヶ原でもスノーシューレンタルがあるんですね!!
    ここなら、ガイドさんなしでもスノトレが楽しめそう・・。
    氷結の滝も見られそうですね。。参考にさせていただきます。

  • すてぱん さん
    はい、お手軽で楽しい散策コースだと思います。
    トレースもついていたので、ガイドさんなしでも十分楽しめると思います。

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年4月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!