登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
にゃんこがお出迎え取立山から大長ピストン 取立山、鉢伏山、大長山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2017年4月16日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:R157から奥越高原県立自然公園へ向かう。国道からの入り口に通行止めの看板があったため、国道沿い取立山冬季駐車場に停める。10台以上は十分に停めるスペースあり。ただし、6:40の時点で結構満杯。なお、どうもこの通行止めは本日までだったようで、帰りには撤去されていた。事実、看板をどかし、上まで入ってきていいた車が結構あった。料金所過ぎ、駐車場手前のスペースまでは車の進入可。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

国道沿い取立山冬季駐車場(06:39)・・・直登・・・料金所(閉鎖中)(07:14)・・・取立山駐車場(07:25)・・・稜線沿い・・・取立山(08:32)・・・鉢伏山(09:58)・・・大長山手前のコル(10:13)・・・大長山(11:00)・・・コル手前で昼食(11:43~12:24)・・・鉢伏山(12:57)・・・取立山(14:01)・・・取立山駐車場(14:45)・・・国道沿い取立山冬季駐車場(15:27)


総距離 約19.2km 累積標高差 上り:約1,899m
下り:約1,900m
なぜタイトルが「にゃんこ」なのかは、写真の最後をご覧ください。

取立山は水芭蕉だけではなく、花も豊富でとても登りやすい山だと気に入ってはいたが、周遊してもなおコースは短く物足りないと思っていたところ、「いやいや、取立から大長にかけての縦走がそれは素晴らしい」との先輩の言葉に興味を持ち、巷では桜も散り際のうららかな日に雪山を求めてやってきた。

国道沿いの駐車場に車を停めて歩き出す。登山口の駐車場までは、少し距離がある。林道を歩かずにショートカットで斜面を登る。閉鎖中の静かなキャンプ場を通り過ぎ、当然ながら閉まっている料金所を横目に進む。と登山口手前のところに車が数台停まっている。藪こぎしながら登ってきたのに、ここまで車で入れるんだ?!
そこまではしっかり除雪されており、車も数台停めれるようになっていた。除雪されていない林道を進むと直ぐに登山口の駐車場が見えてくる。一面、雪原。
自由に斜面にとりつき直登する。
ザラメ質の雪。でも、しまっているため、沈み込みも少なく、この前の越前甲に比べたらとてつもなく歩きやすい。あの時もこれくらいだったら、、、、

程なくして取立山山頂に着く。経ヶ岳が綺麗に見える。
また、登ってきた方向を見ると、その越前甲がどどんと存在感ある姿を見せている。
兜とはよく言ったものだ。まだ十分に白い兜がとてもかっこよい。
斜面を降り、水芭蕉方面への道とは反対方向に進む。
個人的に未知の領域。歩きやすい稜線が真っすぐに延びている。
遠くに大きな山が控えている。しかし、それは鉢伏山。目的地の大長山は裏側に待機していてまだ1mmも姿を見せていない。
とりあえず目前の鉢伏山をやっつけるべく、先を進む。
いったん降ってまた登る。結構歩いたというか、よく歩いたと感じる程、登ってようやく鉢伏山の山頂から大長山を確認する。なんと手ごわい事か。しかも、さっきよりも大きく降ってまた登るパターン。
最短は真正面の壁を直登。しかし、遠目から見てもくっきり分かるクレパス。雪崩がいつ起きてもおかしくない状態。
ということでコルまで降りて、左側に巻くように登る。結構な急斜面で息も荒くなりながら斜面を登っていくと、左手側に一段と近く白山が見える。緩やかな稜線を今度は右側に巻くようにあるく。一番、端のところが、長かった目的地の大長の山頂。標識はすっかり埋もれていて、わずかに頭が見えるだけだった。その先には、経ヶ岳がくっきり。山頂から稜線を左側に延ばしていくと次のピークが赤兎山。いつか歩いてみたいと思っているコースの一つだ。
なるほど、確かに大長山までの縦走は、稜線上の景色も美しく、一見の価値がある。
と新発見と春の雪山を堪能した一日だった。
降り、国道沿いの駐車場まではショートカットをやめ、林道を歩いて降った。
途中、里ではすっかり花が開いたふきのとうが、ここではまだ蕾だったので、ビニール袋に入れて持ち帰る。帰って、軽く水洗いしたのち、細かく刻んで生卵とともにご飯にかけて食した。春を感じる苦みが実に美味。ふきのとう味噌も作ろうか。などと考えながら今日の登山を振り返える。。。


●大長山(おおちょうさん)は、福井県勝山市および石川県白山市の境にある標高1,671m の山。加越国境に位置する両白山地の山。
●鉢伏山は1549m。
●取立山(とりたてやま)は、石川県白山市と福井県勝山市にまたがる標高1,307 mの山。 加越国境に位置する両白山地の山。

登山中の画像
登山画像
入口の通行止めの看板。これをどかして入ればよ…
登山画像
越前甲は遠めに見てもカッコいい。
登山画像
いつもの駐車場。電話ボックスの中に、登山届が…
登山画像
マンサク。白に黄色の花が映えますね。
登山画像
取立の縦走は白山や経ヶ岳を眺めながら、、、な…
登山画像
取立山の山頂。ここまではたやすいんですよね。
登山画像
遠くに鉢伏山が。でも目的の大長はその後ろ。い…
登山画像
ザラメ質の雪でしたが、結構歩きやすかったです。
登山画像
春の雪山の風物詩。ぽっかり空いた穴が木の花瓶…
登山画像
全層でずれています。雪崩があちこちで。
登山画像
ようやくたどり着きました。大長の山頂。標識が…
登山画像
綺麗に晴れ渡り、白山がとても綺麗に見えました。
登山画像
猫の目。湿地系のところに咲くそうです。黄色い…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    着せ替え中ですね。無事で何よりです。

  • レオ さん
    春を感じた雪山でした。楽しかったです。

  • Yamakaeru さん
    今回は歩きやすかったので快適でしたが、トレースなしの状態で挑んだお二人には感服ですね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雪
(日本気象協会提供:2021年1月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...