登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
竜頭ノ滝から高山へ (2A) 高山(関東)
img

記録したユーザー

すてぱん さん
  • 日程

    2017年6月11日(日)

  • 利用した登山口

    地獄茶屋  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:東武日光駅より湯本温泉行きバス(8:40)
    竜頭ノ滝バス停(9:46)
    徒歩で竜頭ノ滝を眺めながら滝上へ
    今回も「まるごと日光フリーパス」を利用。北千住から通常の片道(電車+バス)2810円が、バス乗降自由で往復4520円(夏季)とお得

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

歩行4時間30分
竜頭ノ滝(9:46)・・・滝上(10:06)・・・高山[休憩 16分](11:06)・・・無名坂(11:59)・・・熊窪[休憩 5分](12:21)・・・千手ヶ浜[休憩 44分](12:42)・・・熊窪(13:38)・・・赤岩(14:11)・・・地獄茶屋(14:36)

総距離 約9.3km 累積標高差 上り:約734m
下り:約794m
コースタイム 標準:4時間10分
自己:3時間25分
コースタイム倍率 0.82
竜頭ノ滝からまだ新緑が楽しめる奥日光の高山に登り、中禅寺湖畔で寄せては返す波音を聞きながら歩き、千手ヶ浜でクリンソウを愛でてきた。

実はこのコースは先週末に登るつもりで準備していた。元々の狙いは、このコースの魅力である新緑と高山周辺のシロヤシオや千手ヶ浜クリンソウ、それに紅葉の名所でもある中禅寺湖周辺の様子見であったのだが、諸般の事情で結局登らずじまいだった。ところが「すーさん」の素晴らしい記録(http://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=94797)を拝見して大いに後悔。自戒の念も込めて今週末に登ってきた次第である。望外の喜びは、竜頭ノ滝などでシロヤシオが咲き残っていたこと。

シロヤシオの群生が確認できたのは、高山の山頂を中心に標高1400m以上の地帯、および中禅寺湖畔の赤岩の周辺だ。今年のシーズンは過ぎているし、どうやら奥日光でもシロヤシオは裏年だったようだが、当たり年にはさぞやと思われた。機会を改めてまた訪れてみたい。なお、このコースはシャクナゲも楽しめるはずだが、今回は咲いているところに出会えなかった。

このコースに危険なところはないが、高山から無名坂に下る道は、複数の踏み跡があり、つづら折れの箇所もあり自分がどちらの方向に向かっているのか意識しておかないと、誤った踏み跡に誘い込まれやすく感じた。実際、道迷いに気づいて引き返してくる先行パーティーもいた。まして、私はシロヤシオの咲き残りに誘われて上を見ながらフラフラしていたものだから尚更だった。所々地表に赤い杭が打たれているのがコースを示しているようだったので、目印にすると良いだろう。

高山からくだり、熊窪で中禅寺湖畔に出るのだが、そこからは寄せては返す波音を聞きながら歩く、登山では珍しい経験をした。千手ヶ浜のクリンソウは、遊覧船やバスで乗りつけた観光客もいてかなりの賑わい。湖畔を竜頭ノ滝に戻るが、こちらは歩く人もまばらで、時折現れるヤマツツジやミツバツツジ、それにシロヤシオの咲き残りを愛で、波音とハルゼミの鳴き声を聞きながら静かな山歩きを楽しんだ。

出戻り登山者のように都心から公共交通機関利用だと、歩き始めがどうしても午前10時ごろと遅くなってしまう。しかし、このコースなら歩行時間は4時間強なので、休憩や花や景色を楽しむ散策に時間を割いても、十分日帰りができる。
ルート定数18.1。後日参照した栃木県山のグレーディングではAとなっているので、主観的なBから表記を改める。

それにしても、今年は雲竜渓谷に戦場ヶ原、三毳山、そして今回と栃木県の山にすでに4回も出かけている。栃木県侮りがたし!

登山中の画像
  • 湯本温泉行きのバスを待つたくさんの人
  • 竜頭ノ滝ではヤマツツジが出迎えてくれた
  • そして、なんとシロヤシオの咲き残りが!
  • 竜頭ノ滝は、さすが名勝ですね
  • 茶屋の前に見事に咲いていたヤマツツジとシロヤシオ
  • このコースの出発点は「滝上」バス停だが、一つ手前の「竜頭ノ滝」から歩き始めることをお勧めしたい。竜頭ノ滝を眺めながらわずか数分の登りである。
  • これはズミの花でしょうか?あたりは、まだまだ新緑
  • 高山への登りでも、所々シロヤシオの咲き残りがあった。
  • 展望は利かないが、時折南側に中禅寺湖を望めるところがある。
  • 同様に北側には戦場ヶ原が垣間見える
  • 高山山頂。この日は気温も低めで、爽やか。登山者のみなさんが思い思いに昼食を取っていた。
  • 無名坂で、コースは戦場ヶ原と中禅寺湖畔に分岐する。時間に余裕があれば戦場ヶ原も歩きたいところだが、今回は割愛。
  • 熊窪に出ると、そこは白い砂浜が広がる中禅寺湖畔。波音を聞く山歩きというのは初めての体験。
  • 湖畔から男体山を望む。このあと男体山には黒い雲に覆われていった。
  • クリンソウ
  • 観光客も詰めかけていて、皆クリンソウを熱心に撮影していた。
  • 湖畔を竜頭ノ滝目指して歩く。起伏もあまりなく、寄せては返す波音やハルゼミの声を聞きながら、静かな山歩きができる。
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

すてぱんさんの登山記録についてコメントする
  • すー さん
    すてぱんさん、こんばんは!

    昨日は日光、竜頭の滝、高山山行、お疲れ様でした!

    やはり行かれたのですね~!お天気もよくてよかったですね。
    竜頭の滝や千手ヶ浜、先週行ったばかりなのにとても懐かしく感じました。
    クリンソウは先週よりも大分大きくなって見事ですね。私が行ったときはまだ寂しい感じでした。
    シロヤシオもまだ残っていて本当によかったです。自分のことのように嬉しいです。

  • すてぱん さん
    すー さん、早速のコメントありがとうございます。
    すー さんの素晴らしい記録と写真で、背中を押していただいたおかげです。天候のこととか、週明けの仕事のこととか諸々ありますが、「案ずるよりは産むがやすし」。とにかく登っちゃえばいいんだ、と思いました。「彼女」が待ってくれていたことにも感激です!
    ありがとうございます!

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

すてぱん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年10月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。