このエントリーをはてなブックマークに追加

街で楽しむ山イベント・番外編: 健脚願うハイカーに耳よりの情報を、東京・人形町にある韋駄天を祀る大観音寺で入手!

街で愉しむ、山イベント
たしなみ 2020年05月20日

東京・人形町は大観音寺(おおがんのんじ)。こちらでは俊足の神、韋駄天(いだてん)を祀り、以前からランナーたちの間で話題にのぼっていた。この度、山岳信仰にゆかりのある「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」を文字入れしたご朱印帳を製作したと小耳にし、住職にきっかけなどを聞いた。

Contents
  • 人形町と大観音寺の縁起
  • 韋駄天ってどんな神?
  • 韋駄天グッズにご朱印帳が仲間入り
  • 山岳修行で履かれたわらじ

 

人形町と大観音寺の縁起

江戸時代、人形操り芝居や浄瑠璃芝居などの小屋が軒を連ね、それらに関わる多くの人形師たちが住んでいたことに由来する人形町。現在、町を貫く人形町通りは5車線の大通りで、車の往来が絶えない。そんな目抜き通り沿いにありながら、ひっそりとした一角が。ここが大観音寺だ。のぼり旗が立っていないと見過ごしてしまいそうな、こぢんまりとした境内。一歩足を踏み入れると、通りの喧噪から一線を引いたように、静けさに包まれるから不思議だ。

本尊は、なんと菩薩像の頭部。4代目住職の関口真流(しんりゅう)さんに縁起を聞く。「鎌倉時代、もともと鎌倉の新清水寺(しんせいすいじ)にあった菩薩像が火災により頭部が落ちたと伝わります。その後、江戸時代に井戸から掘り出され、観音堂に安置していましたが、明治時代に廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)のあおりでお堂は取り壊しに。そこで、この地に勧誘したことに大観音寺は始まります。明治9年のことです」

続けて、住職から興味深い話が。「菩薩仏頭像は高さ170cm、幅54cmもある鉄製で、人の手で動かすのは困難なほど重い。それが、2011年3月11日の東日本大震災で向きを変えていたのです。真正面だった顔が右へ25度も。驚きました」。それまで、開帳日は新清水寺の火災の日にちなみ、毎月17日だけだったが、11日も加えることに。「被災地に祈りをささげる日になればと思います」

観世音菩薩を本尊に、韋駄天などを祀る

 

韋駄天ってどんな神?

巨大な仏頭像に興味は尽きないが、韋駄天がお目当てという参拝者も多い。約40年前、境内入口に先代住職が建立した小堂に木彫りの像を安置。「韋駄天は仏法や伽藍の守護神ですが、韋駄天走りという言葉があるように、俊足の神としておなじみですね。仏舎利を奪って逃げた鬼神を素早く追いかけ、取り返したとされます」。寺の立地が、東京マラソンの27km地点に近いことも手伝い、例年3月の大会前には必勝祈願に訪れるランナーの姿が多く見受けられるそうだ。

「走りのほうが注目されていますが、食材調達の神としても信仰されているんですよ」と住職。「ごちそうさまという言葉の馳走は、駆けずりまわるという意味ですが、これは韋駄天が釈迦のためにあちこち駆け回って食材を集めたことに由来します」。なるほど、韋駄天とはなんとも頼もしい! そして、さまざまなご利益にあずかれそうだ。

りりしく、頼もしい表情の「護法韋駄天尊」

 

韋駄天グッズにご朱印帳が仲間入り

韋駄天にあやかり、すべてのランナーが無事完走できるよう、願いを込めて紙製の「肌守」を作ったのが10年前。以来、彼らからの要望を取り入れながら木札守、手ぬぐい、夜間練習用のアームバンドリフレクターなどを制作してきた。

2020年3月に登場したのはご朱印帳(1800円)だ。表紙には韋駄天が走り抜けるイラストのほかに、「六根清浄」の文字があしらわれている。この言葉は、眼(視覚)、耳(聴覚)、鼻(嗅覚)、舌(味覚)、身(触覚)、意(意識)といった六根から起こる欲望を絶ち切り、清らかになることをうながす。修験道の山岳修行では「懺悔、懺悔、六根清浄」と唱えながら歩くのだ。「山というのは古くから信仰の対象です。近年はレジャーの要素が強くなり、山への畏敬の念を忘れがちに。そのようなことがないよう、六根清浄を書き入れたご朱印帳を作りました」

山にでかけた際、寺社でご朱印をいただく機会も多い。通常よりもひとまわり小さく、バックパックにしのばせるにはありがたいサイズ感だ。

ご朱印帳を手にする関口真流住職


韋駄天のお札や手ぬぐい、アームバンドリフレクター

 

山岳修行で履かれたわらじ

韋駄天の小堂に、履きつぶされたわらじが奉納されている。聞けば、6年前に住職の長男・真允(しんいん)さんが百日回峰行(ひゃくにちかいほうぎょう)を達成したときのものだとか。百日回峰行は天台宗・延暦寺に伝わる修行の一つで、文字どおり100日にわたって山中を巡り、礼拝する。何足ものわらじをつぶしたというから苦行ぶりは想像にかたくない。ボロボロになったわらじを前に、なんだが励まされる。加えて、健脚を願わずにはいられなかった。


百日回峰行で使われたわらじ。苦行の証だ


人形町にある重盛永信堂でせんべいをみやげに

 

DATA

大観音寺

住所:東京都中央区日本橋人形町1-18-9
電話:03-3667-7989
※座禅会を毎月11日に開催(18:45~20:00/500円)

 

※取材・撮影は緊急事態宣言以前のものです

知識・雑学 歴史・文化
教えてくれた人

小野泰子(フリーランス編集者)

登山、トレッキング、散歩といった歩くこと全般をテーマに、山岳系の雑誌、書籍、ウェブに携わる。プライベートでも四季を通じて山に入り、縦走、アルパインクライミング、雪山登山にいそしんでいる。アイルランドでの3週間のトレッキングなど、旅の記憶を手製本に落とし込むこともライフワーク。山のみならず、街で出合った“山の片りん”をインスタグラム(@ono_b_yasuko)に投稿中。

同じテーマの記事
おでかけルポ: スイスの巨匠による山映画三部作「マウンテン・トリロジー」@渋谷ユーロスペース
スイスの巨匠フレディ・M・ムーラー監督による「山映画」三部作を観賞。ムーラー監督の最高傑作と名高い『山の焚火』をはじめ、『我ら山人たち』『緑の山』が、「マウンテン・トリロジー」と銘打って上映中です。
おでかけルポ: 「すべての旅は本から始まった――。写真家 石川直樹の世界」 @東京都立多摩図書館
世界をまたにかけて活躍する写真家・石川直樹さんの「本との関わりかた」が見えてくる展覧会にでかけると、そこには「地球を旅する」という石川さんの冒険を垣間見ることができた。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年5月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催
サーモスで山ごはん! レシピコンテスト開催 真空断熱の保温・保冷力を活かした「山ごはんレシピ」を募集。ベランダで撮ってもOK。優秀作品にはプレゼントも!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」をチェック! オールラウンドに使えるグレゴリーの人気モデル「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!
NEW みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト
みんなのとっておきの山写真フォトコンテスト 思う存分、山を楽しめることができる日に向けて気持ちを盛り上げましょう! あなたの“とっておきの山写真”を募集中
NEW 山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン
山と溪谷社「STAY HOME」キャンペーン 自宅で山を想う時間を過ごすためのスペシャルコンテンツです
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!