このエントリーをはてなブックマークに追加

日ごろからトレーニングと健康管理で未然に防げる遭難もある! 島崎三歩の「山岳通信」 第86・87号

その他 2017年09月14日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年9月12日に配信された第85・86号では、県内で起きた全22件の遭難について触れている。うち疾病・転倒・転落・滑落による遭難が多いことについての見解について説明している。

 

9月11日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第86・87号では、8月21日~9月2日の間に起きた山岳遭難の遭難事例が掲載されている。以下に抜粋・掲載する。

 

8月21日~9月2日の信州の山岳遭難現場より

8月21日~9月2日の間に起きた長野県内で起きた山岳遭難は以下の22件でした。

  • 8月21日、北アルプス白馬岳で、52歳の女性が白馬大雪渓を登山中に雪渓上部の葱平付近で転倒して右大腿部を負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月22日、北アルプス奥穂高岳で、50歳の男性が奥穂高岳から下山中、ザイテングラート上部で足を滑らせ滑落し、左足下腿部腓骨骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリにより救助された。

ザイテングラートにおける救助活動の状況。(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)8月31日付)

 

  • 8月24日、八ヶ岳連峰赤岳で、80歳の男性が行者小屋付近の中山乗越でバランスを崩して転倒し、左足脛を負傷する山岳遭難が発生。茅野署員などにより救助された。

  • 8月24日、北アルプス常念岳で、41歳の男性が常念岳山頂付近を登山中に、足を滑らせ転倒し右足首を負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月25日、北アルプス白馬岳で、55歳の男性および61歳の女性の中国人夫婦2人が、大雪渓を下山中に道に迷い、行動不能となる山岳遭難が発生。夏山常駐パトロール隊員などにより救助された。

  • 8月26日、北アルプス蝶ヶ岳で、76歳の男性が登山中に腰痛により行動不能となる山岳遭難が発生。県警ヘリにより救助された。

  • 8月26日、北アルプス割谷山で、73歳の女性が西穂山荘から焼岳に向けて登山中に、割谷山付近の登山道上で足をひねり転倒、左足首骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

割谷山付近で発生した遭難現場の状況。(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)8月31日付)

 

  • 8月26日、浅間連峰三方ヶ峰で、65歳の男性が三方ヶ峰山頂付近で何らかの疾患を発病して倒れ、群馬県防災ヘリで救助したものの、その後、死亡が確認さた。

  • 8月27日、北アルプス烏帽子岳で、69歳の女性が烏帽子岳へ登山中に烏帽子岳分岐付近でつまづいて転倒し右膝打撲の軽傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月27日、北アルプス前穂高岳で、54歳の男性が重太郎新道を下山中に足を滑らせ滑落し、背中を打撲する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月27日、北アルプス常念岳で、59歳の女性が一ノ沢登山道を下山中、王滝ベンチ付近で木の根につまづいて転倒、左足骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警救助隊員などにより救助された。

  • 8月27日、北アルプス針ノ木岳で、77歳の男性が針ノ木岳に向けて登山中に何らかの疾患を発病し、倒れて心肺停止となる山岳遭難が発生。翌28日に県警ヘリで救助したものの、その後、死亡が確認された。

  • 8月27日、北アルプス奥穂高岳で、63歳の男性がザイテングラートを登山中、足を滑らせ転倒し、左前腕骨折の重傷を負う山岳遭難が発生し、県警ヘリで救助しました。

  • 8月28日、北アルプス赤岩岳で、69歳の女性が西穂高岳から奥穂高岳へ向けて縦走中、赤岩岳付近で岩につまづいて転倒・滑落して両足下腿部挫傷の軽傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

割谷山付近で発生した遭難現場の状況。(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)9月8日付)

 

  • 8月28日、北アルプス常念岳で、54歳の男性が一ノ沢登山口から常念岳に向けて登山中、木の根につまづいて転倒、右足首骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。遭対協隊員により救助された。

  • 8月28日、北アルプス蝶ヶ岳で、79歳の男性が蝶ヶ岳へ向けて登山中、何らかの疾患を発症して心肺停止となる山岳遭難が発生。県警ヘリで救助されたものの、その後、死亡が確認された。

  • 8月28日、北アルプス唐松岳で、68歳の女性が八方尾根石神井ケルン(八方山ケルン)付近の木道でスリップにより転倒し、顔面などを負傷する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 8月28日、北佐久郡軽井沢町の八風山で、20歳の女性が単独で登山中、八風山頂上付近で日没により道に迷う山岳遭難が発生。軽井沢署員により無事、発見・救助された。

  • 8月29日、南アルプス兎岳で、75歳の男性が兎岳山頂付近を登山中、転倒し顔面裂傷を負い行動不能となる山岳遭難が発生。翌30日に、県警ヘリにより救助された。

  • 9月1日、北アルプス槍ヶ岳で、50歳の韓国人男性が東鎌尾根を縦走中にバランスを崩して滑落し、左肋骨骨折等の重傷を負う山岳遭難が発生。岐阜県警ヘリで救助された。

  • 9月2日、北アルプス蝶ヶ岳で、68歳の男性が蝶ヶ岳から常念岳に向けて縦走中、バランスを崩して転倒して右足骨折の重傷を負う山岳遭難が発生。県警ヘリで救助された。

  • 9月2日、北アルプス奥穂高岳で、41歳の男性がザイテングラートを下山中、何らかの原因により滑落する山岳遭難が発生。県警ヘリで救助しましたが、その後、死亡が確認された。

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

8月4週(8月21~27日)は13件の遭難が発生しました。そのうち発病により2名の方が亡くなっています。また、つまづきによる転倒も目立ちます。

登山はレベルに応じて年齢や性別を問わず、誰もが楽しめるスポーツですが、一般的なスポーツと比べてもかなり負荷の高いスポーツです。

持病や故障を抱えたままの登山や、体力的な余裕のない登山は、それだけで遭難の危険をはらんでいます。日ごろからトレーニングを継続して筋持久力、心肺機能、バランス感覚等を鍛えておくとともに、健康管理にも十分に気を付けて万全なコンディションで入山しましょう。

 

続く8月5週(8月28日~9月2日)は、9件の遭難が発生しましたが、そのうち7件が滑落、転倒による遭難でした。残念ながらそのうち1件は死亡遭難でした。

標高の高い急峻な山が多い長野県では毎年、転落、滑落、転倒による遭難が全体の半数近くを占めています。またその多くは下山時に発生しています。

直接的な原因としては浮石、スリップ、踏み外し、ストックのつき外し、めまいなどがあり、間接的な要因としては疲労等による筋力不足、加齢によるバランス感覚の低下などがあります。

滑落や転倒は発生した場所によっては致命的な負傷を負います。行動中は「もし、ここで転んだらどうなるか・・・」という想像力を働かせて慎重な行動をお願いします。

遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
積雪量が増えている高山帯では、緊急時に備えた計画を。 島崎三歩の「山岳通信」 第98号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年12月4日に配信された第98号では、積雪量が増えている高山帯でのの山岳遭難の状況について触れている。
冬季でも入山者の多い八ヶ岳連峰での注意点。 島崎三歩の「山岳通信」 第97号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月24日に配信された第97号では、八ヶ岳で起きた遭難について触れ、冬の八ヶ岳の注意点について説明している。
降雪による登山道消失など、山の様相が急激に変化する時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第96号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月20日に配信された第96号では、3件の遭難について触れ、山の様相の変化が著しい季節となっていることに注意喚起をしている。
標高の高い山では、特に気象に関する予備知識が必要な時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第95号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年11月7日に配信された第95号では、10月第4週の遭難事故について掲載。前週に続いて週末に台風が接近したこともあり、遭難事故は2件のみとなった。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2017年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中!
生涯保証をうたう「ダーン タフ」など掲載中! 抜群のタフさとクッショ性が特長のソックスブランド「ダーン タフ」など登山用ソックスを大特集!
NEW 3種の生地を使い分けた最強の行動保温着
3種の生地を使い分けた最強の行動保温着 保温性と通気性に、快適性までプラスした最強の行動保温「エイサームフーデッドジャケット」をワンゲル編集部がチェック!
NEW 雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう
雪が早い今年こそ! スノーシューで楽しもう 用具レンタル、現地ツアーなどもあり、誰でも楽しめるスノーシュー。みなさんもトライしませんか?
NEW みなかみ町でスノーシューを満喫!
みなかみ町でスノーシューを満喫! 東京から1時間半、雪の多い谷川岳・水上エリアでは無数のフィールドでスノーシューが楽しめる。1月のイベントも注目!
NEW メリノウール製ミッドレイヤーをテスト
メリノウール製ミッドレイヤーをテスト 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は、アイスブレーカーのミッドレイヤーを晩秋の奥秩父でテスト
NEW 遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート
遭難体験・ヒヤリハット体験のアンケート 日本大学工学部の嶌田研究室と共同でアンケートを行っています。安全登山の研究のために、ぜひご協力ください!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
ダイヤモンド富士&シモバシラ
ダイヤモンド富士&シモバシラ 都民の憩いの場の高尾山は、冬でも活気に溢れています! 12月はダイヤモンド富士とシモバシラが人気です!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ!
日本昔ばなしで見た、あの山はここだ! 山にはさまざまな伝説が残っている。山の名前の由来や、山にまつわる物語を紐解いてみると・・・。伝説・悲話・昔話の舞台となっ...
紅葉写真コンテスト、募集中!
紅葉写真コンテスト、募集中! 紅葉シーズンも最終盤。どんな秋の山を楽しみましたか? みなさんの秋の報告をご覧ください。
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々
雪が降り凍結の始まる奥多摩の山々 首都圏からの登山者を満足させる地・奥多摩は、冬山シーズンへ。冬の時期の奥多摩の楽しみ方を指南します。
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報