このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山登山は夏山以上に様々なリスクが存在することを認識しよう。 島崎三歩の「山岳通信」 第99号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2017年12月27日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年12月27日に配信された第99号では、すっかり雪に包まれた県内の山での遭難事例について触れている。

 

12月27日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第99号では、11月22日~12月17日に起きた5件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

 

  • 11月22日、長野市戸隠連峰で、50歳の女性が単独で入山後に行方不明となる山岳遭難が発生。24日に心肺停止状態で発見となり、その後、死亡が確認された。

戸隠の遭難現場へ向かう救助隊員(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)11月22日付)

 

  • 11月26日、北アルプス白馬乗鞍岳で、バックカントリースキーのため入山した35歳の男性が、天狗原付近で熊に襲われ頭部などに重傷を負う山岳遭難が発生した。

  • 11月28日、北安曇郡小谷村大網峠付近で、72歳と73歳と74歳の3名の男性が、「塩の道」街道をトレッキング中に道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。29日に県警ヘリで救助された。

「塩の道」街道の遭難現場(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)11月28日付)

 

  • 12月17日、八ヶ岳連峰硫黄岳で、40歳の男性がジョウゴ沢付近でアイスクライミング中にバランスを崩し滑落・負傷する山岳遭難が発生。茅野署員及び諏訪地区遭対協隊員が救助した。男性は軽傷の模様。

硫黄岳ジョウゴ沢付近の状況(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)12月22日付)

 

  • 12月17日、中央アルプス木曽駒ヶ岳で、61歳の男性が頂上から千畳敷に向け下山中、中岳付近で何らかの原因により発病し、意識不明で発見となる山岳遭難が発生。駒ヶ根署員と中ア遭対協救助隊により救助されたものの、死亡が確認された。

木曽駒ヶ岳における遭難現場の状況(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)12月22日付)

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

長野県内の山間地は、大町大北地域、中野飯山地域を中心に既にまとまった積雪があり、その他の山域でも今後降雪による積雪の増加が見込まれます。特に低気圧や前線の通過時は大雪などの大荒れの天候となります。入山する際は冬山装備を携行するとともに、天候や積雪情報を収集し慎重な判断と行動をお願いします。

11月28日発生した小谷村での道迷い遭難は積雪および当日の降雪により、登山道が不明瞭になったことが原因の一つにありました。冬山は夏山のような明瞭な登山道はありません。また、夏は通行できた登山道も雪崩の危険等により通行できない場合があります。これからの時期に登山に行く場合は、このような冬山の特徴を理解した上で十分な事前準備をしてから入山してください。

また、12月3週は2件の遭難が発生しました。いずれの事案も視界不良等により安全確保ができないためヘリコプターによる救助は断念し、地上部隊による救助活動を行いました。当然、このような場合は遭難者や同行者は救助隊と合流するまでの間、シェルターを構築したり、安全な場所へ移動するなど、自らの安全を自分たちで守らなければなりません。冬山登山は夏山以上に様々なリスクが存在します。それらをしっかりと認識し、万が一の備えをしておきましょう。

 

遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
山岳遭難の背景には疲労による筋力や集中力の低下が関係している可能性 島崎三歩の「山岳通信」 第125号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。第125号では、運動不足・体力不足が原因の山岳遭難が多いことについて警笛を鳴らしている。
入念な登山計画や慎重な行動で遭難は未然に防げることが多い。 島崎三歩の「山岳通信」 第124号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年9月10日に配信された第124号では、8件の遭難事例について説明。慎重な登山計画や行動で、防げる山岳遭難事例が多いことに言及している。
単独登山で行方不明が3件、必ず登山計画書を提出し家族に連絡を。 島崎三歩の「山岳通信」 第123号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年8月31日に配信された第123号では、単独登山で行方不明になっている遭難について言及している。
好天が続き降雨がほとんどないため、登山道の乾燥にも注意を 島崎三歩の「山岳通信」 第122号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年8月20日に配信された第122号では、18件の遭難事例を紹介。下山中に転倒して負傷する遭難が6件発生していることから、乾燥した登山道についての注意と、余裕のある登山計画を促している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2018年9月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 秋山PICK UP ITEM! ファイントラック 
秋山PICK UP ITEM! ファイントラック  寒暖差が激しい秋、低体温症のリスクを軽減するfinetrackのスキンメッシュ。『秋山JOY』連動企画でその秘密を紹介
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW プロ写真家・山岳ガイドと歩く「秋の尾瀬撮影会」参加者募集中!
プロ写真家・山岳ガイドと歩く「秋の尾瀬撮影会」参加者募集中! 写真投稿サイト「GANREF」とヤマケイオンラインのコラボイベントを開催! 9月30日~10月1日、一緒に秋の尾瀬を撮影...
NEW 女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング
女性ガイド渡辺佐智さんに聞く コンディショニング 女性登山者に必須のブラ、タイツなどのアイテムと、リカバリー、コンディショニングについて、ガイドの渡辺佐智さんに伺いました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
山と自然に関わる仕事 求人情報
山と自然に関わる仕事 求人情報 新規求人情報を続々掲載! 山小屋アルバイト、ツアー添乗員、ショップ店員、メーカースタッフ…、山に関わる仕事の求人情報