このエントリーをはてなブックマークに追加

冬山登山は夏山以上に様々なリスクが存在することを認識しよう。 島崎三歩の「山岳通信」 第99号

島崎三歩の「山岳通信」
その他 2017年12月27日

長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2017年12月27日に配信された第99号では、すっかり雪に包まれた県内の山での遭難事例について触れている。

 

12月27日に配信された『島崎三歩の「山岳通信」』第99号では、11月22日~12月17日に起きた5件の山岳遭難事例について説明。以下に抜粋・掲載する。

 

  • 11月22日、長野市戸隠連峰で、50歳の女性が単独で入山後に行方不明となる山岳遭難が発生。24日に心肺停止状態で発見となり、その後、死亡が確認された。

戸隠の遭難現場へ向かう救助隊員(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)11月22日付)

 

  • 11月26日、北アルプス白馬乗鞍岳で、バックカントリースキーのため入山した35歳の男性が、天狗原付近で熊に襲われ頭部などに重傷を負う山岳遭難が発生した。

  • 11月28日、北安曇郡小谷村大網峠付近で、72歳と73歳と74歳の3名の男性が、「塩の道」街道をトレッキング中に道に迷い行動不能となる山岳遭難が発生。29日に県警ヘリで救助された。

「塩の道」街道の遭難現場(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)11月28日付)

 

  • 12月17日、八ヶ岳連峰硫黄岳で、40歳の男性がジョウゴ沢付近でアイスクライミング中にバランスを崩し滑落・負傷する山岳遭難が発生。茅野署員及び諏訪地区遭対協隊員が救助した。男性は軽傷の模様。

硫黄岳ジョウゴ沢付近の状況(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)12月22日付)

 

  • 12月17日、中央アルプス木曽駒ヶ岳で、61歳の男性が頂上から千畳敷に向け下山中、中岳付近で何らかの原因により発病し、意識不明で発見となる山岳遭難が発生。駒ヶ根署員と中ア遭対協救助隊により救助されたものの、死亡が確認された。

木曽駒ヶ岳における遭難現場の状況(写真提供:長野県警察本部 ホームページ 山岳遭難発生状況(週報)12月22日付)

 

山岳安全対策課からのワンポイントアドバイス

長野県内の山間地は、大町大北地域、中野飯山地域を中心に既にまとまった積雪があり、その他の山域でも今後降雪による積雪の増加が見込まれます。特に低気圧や前線の通過時は大雪などの大荒れの天候となります。入山する際は冬山装備を携行するとともに、天候や積雪情報を収集し慎重な判断と行動をお願いします。

11月28日発生した小谷村での道迷い遭難は積雪および当日の降雪により、登山道が不明瞭になったことが原因の一つにありました。冬山は夏山のような明瞭な登山道はありません。また、夏は通行できた登山道も雪崩の危険等により通行できない場合があります。これからの時期に登山に行く場合は、このような冬山の特徴を理解した上で十分な事前準備をしてから入山してください。

また、12月3週は2件の遭難が発生しました。いずれの事案も視界不良等により安全確保ができないためヘリコプターによる救助は断念し、地上部隊による救助活動を行いました。当然、このような場合は遭難者や同行者は救助隊と合流するまでの間、シェルターを構築したり、安全な場所へ移動するなど、自らの安全を自分たちで守らなければなりません。冬山登山は夏山以上に様々なリスクが存在します。それらをしっかりと認識し、万が一の備えをしておきましょう。

 

遭難・事件
教えてくれた人

島崎三歩の「山岳通信」

信州の山岳遭難現場と全国の登山者をつなぐために発行。「登山用品店舗スタッフ」「登山情報サイトを利用する登山者」「長野県内の各地区山岳遭難防止対策協会」などに対して、長野県の山岳地域で発生した遭難事例を原則・1週間ごとに、「安全登山」のための情報提供をしている。

⇒バックナンバーはコチラ!

同じテーマの記事
6月の北アルプスはまだ残雪が多く、滑落事故が起きやすい時期。 島崎三歩の「山岳通信」 第115号
島崎三歩の山岳通信」第115号では、北アルプスで残雪による滑落事故が多い理由について言及している。
登山前の準備、「事前調査・登山届・体調管理」の心がけを。 島崎三歩の「山岳通信」 第114号
「島崎三歩の山岳通信」第114号では、4件の遭難事例を紹介。本格的な登山シーズンを迎え、体調管理の重要さについて言及している。
山菜採りシーズン到来、里山こそ入山前の準備が必須。 島崎三歩の「山岳通信」 第113号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年6月6日に配信された第113号では、5件の遭難事例を紹介。山菜採りシーズンを迎えて、里山での遭難救助の難しさを説明している。
単独滑落遭難者が無事生還できた理由を動画で紹介  島崎三歩の「山岳通信」 第112号
長野県が県内で起きた山岳遭難事例について配信している「島崎三歩の山岳通信」。2018年5月28日に配信された第112号では、各遭難事例に加え、北アルプス・白馬岳周辺での遭難救助の様子を記録した動画を公開している。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年6月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開!
「雨の山を楽しむ」GORE-TEX特集の第一弾公開! 横尾山荘 山田直さんが語る「GORE-TEX」。モンベルのストームクルーザーを愛用する山田さんに語っていただきました!
NEW 日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん
日本百名山・谷川岳はイベント盛りだくさん 山麓のみなかみ町は、ラフティングやキャンプが満喫できるアウトドアの町。夏、開山祭ほかイベントが盛りだくさんの谷川岳へ!
NEW 日帰りの山で重宝するデイパックをテスト
日帰りの山で重宝するデイパックをテスト 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はグレゴリーの「サルボ24」を毛無山の日帰り山行でテスト! 詳しくはこちら
NEW 遊び心あふれる、デニム柄のバックパック
遊び心あふれる、デニム柄のバックパック デニムをまとってハイキングへ! 登山の常識をくつがえすコロンビアのデニムシリーズ。ドクターデニムこと、本澤裕治氏とのコラ...
NEW 「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催
「夏の西穂高プレゼントキャンペーン」が開催 L.L.Beanで使えるクーポン券がもれなく当たる! 100年以上の歴史を誇るアウトドアブランドL.L.Bean特集!
NEW 飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト
飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト 笠・双六・槍・西穂・乗鞍ほか北アルプスを登った時の写真を大募集! 奥飛騨温泉郷の宿泊券やロープウェー乗車券が当たる!
NEW 小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳
小林千穂さんと登る残雪の八ヶ岳・北横岳 モンチュラのウェア・シューズの中から、標高2000m以上の山を登る時におすすめしたいアイテムを千穂さんがご紹介!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場!
グレゴリーの“あの”大型ザック、新モデル登場! 【モニター募集中!】新たな「バルトロ / ディバ」の“極上の背負い心地”を体験できるチャンス!
最新スマートウォッチを筑波山で体験!
最新スマートウォッチを筑波山で体験! シンガーソングハイカー加賀谷はつみさんのTrek&Liveツアーで、参加者全員がスマートウォッチを体験! その使...
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
高山植物の女王に会える山へ
高山植物の女王に会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
緑が広がる天上の湿原へ・・・
緑が広がる天上の湿原へ・・・ 山上に広がる幻想的な景色、湿原に生きる草花や生き物。雪が消え始めた今、天上の楽園・山上の湿原を目指しましょう