このエントリーをはてなブックマークに追加

花の浮島、北海道・礼文島。標高は500mもないのに、高山植物の宝庫になる理由

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2018年07月04日

北海道・稚内市の西方60kmの日本海上、日本最北の離島の礼文島。この島は夏になると約300種の高山植物が咲き乱れる、文字通り「花の浮島」となる。最高点でも標高490mなのに高山植物が咲き乱れるのは何故なのだろうか?

 

北海道北部に位置する礼文島は、「花の浮島」と呼ばれるほど花の多い山である。早春から夏まで、いつも花が多い。そんな中で特に固有種が多く見られる季節が、晩春の5月下旬から6月初旬だ。2018年の6月中旬の9日間、「花の浮島」礼文島を歩いてみた。

今年の礼文島はとにかく寒い年である。薄手のシャツの上に中厚手のシャツ、さらに薄手のフリースとソフトシェルジャケットを重ね着してもまだ寒い日が続いた。手はかじかみ、ズボンの下にはタイツをはいて、さらにオーバーパンツを重ね着してやっと落ち着くほどであった。気温が10度を越すと暖かく感じた。

今年は全国的に花の開花が早く、春のはじめは暖かい日が続いたようであったので、礼文島の高山植物の開花も同じように早めだった。しかし6月に入って寒い日が続き、咲いてしまった花も枯れずに残っていたものが多かった。島ごと冷蔵庫の中に入れていたようなものだったのだ。

礼文島の固有種と言えば一番有名なのはレブンアツモリソウである。礼文町ではレブンアツモリソウをモチーフにしたゆるキャラ「あつもん」を大々的に宣伝している。

礼文島の固有種で象徴的な存在のレブンアツモリソウ

 

レブンアツモリソウはラン科の植物で、草丈は10~30cm。花は直径10cm以上もあろうかという大きな花。袋状の唇弁が目立ち、上部の花びらが袋に蓋をし、左右にも花びらがあるように見える。レブンアツモリソウは美しく貴重な花であるため、昔は大量に盗掘されて減ってしまったが、今は手厚く保護され、少しずつ個体数を増やしているようである。大事にしたい野生植物だ。

レブンアツモリソウをアップで撮影。花は直径10cmにもなる

 

礼文の名がつく植物はほかにいくつかある。レブンシオガマはキタヨツバシオガマの特に大型のもので、草丈は60cm近くにもなり、花は10段以上、葉は5枚以上輪生するものをいう。本州中部の高山帯にあるヨツバシオガマと比べるとその差は大きい。6月の礼文島の草地にはどこにでも生え、車道脇にも雑草のように生えて美しい花を咲かせていた。

レブンシオガマは本州の高山で見るヨツバシオガマと比べると格段に大きい

海をバックに咲くレブンキンバイ。礼文島では高山植物が海近くに咲く

礼文の名がつくもうひとつの植物がレブンキンバイソウ。本州の高山帯にあるシナノキンバイや北海道にはえるチシマキンバイソウに近い種類の高山植物。花は直径5cmにもなり大きく目立つ。花びら状の萼片は枚数が多く5~10枚もある。花弁は花びら状の萼片より小さく、雄しべの周りにある。草丈は50cm。

礼文の名はつかないが、フタナミソウも礼文島でしか見られない。花は大きなタンポポのようだが、葉の下部の総苞と呼ばれる部分は鱗状、葉は切れ込みがなく、厚く光沢がある。山中の岩上に咲く美しい花である。フタマタタンポポと間違えて「フタナミタンポポ」と言いやすいがそれは間違いである。

「レブン」の名前は付かないが、礼文島固有種のフタナミソウ

 

標高490mの“低山”ながら高山植物の宝庫の理由

標高の低い礼文島に、なぜこれほど高山植物が生え、花が多いのであろうか。理由としては、日本最北に近い場所にあるために寒く、高山植物の宝庫であるユーラシア大陸と樺太(サハリン)を通じ、地理的に近いことがあげられる。

氷河期には、大陸とつながっていたので多くの高山植物がやってきた。氷河期が終わると、礼文島は冷涼な高山的気候と、低山といえ複雑な地形により、多くの高山植物が生き残ることになった。高山がない標高の低い島に高山植物が残るようになったのはいくつか理由がある。また、夏にも霧が出やすく気温が上がらないことも理由のひとつであろう。

チシマフウロ。その背後には利尻山が見える

 

しかしそれでは夏の寒さにも強い針葉樹やダケカンバなど寒さに強い木々がないことを説明できない。高山植物は背が低い。このため木が生えるような場所だと、太陽光線を受けることができないために枯れてしまう。木が生えることができない環境が高山植物に必要なのだ。

礼文島には高い山がなく、風通しが良い。今回の滞在時も毎日強い風に吹かれた。このため、冬の季節風が吹く時には、さらに強い風が吹く。寒いうえに強い風が吹くので、礼文島ではあまり深く雪が積もらないという。特に島の南北の岬のあたりや、西海岸には強い風が吹く。

実は深く雪が積もった方が、地面は暖かく保護される。雪が深く積もった場合には、 地表近くは0度以下になることは少ない。雪は寒気から大地を守る、防寒着のようなものである。雪で作ったカマクラの内部が暖かく感じるのと同じ仕組みである。

このため、吹き溜まりになって雪が深く掴む場所には、背の高い木が生き残ることができる。反対に冬に季節風の風当たりが強く、風にえぐられ積雪が少ない場所には、背の高い木が生えることができない。背の高さが1m程度と低いチシマザサですら、ある程度積雪に守られないと冬に生き残ることはできない。

礼文島の西海岸の様子。木が少ないことが確認できる

 

このような厳しい場所でも生き残ることができるのが高山植物である。多くは北方から氷河期にやってきた高山植物は、寒さに強く、冬の寒さにも負けない生存システムを持っている。だから雪に保護されなくても、厳しい冬を生き残ることができた。このような理由が複雑に重なり、礼文島は標高の低い場所に樹林がなく、草地が広がり、花が美しい高山植物がたくさんある「花の浮島」になったのである。

これに対してすぐ南東にある利尻山には高い山があるため、山裾は礼文島と比較すると風が弱い。さらに山があるために上昇気流が起きやすく、積雪が多くなりがちで背が高い木が生き残ることができる。島全体としては木々が発展し、高山植物は風当たりの強い山の上にだけある。だから利尻山の上部には高山植物が沢山あっても登山者にしか見ることはできない。もっとも登山道は長くきついので、登山者も花をのんびり見ている暇がないのが現実だろう。

高い山があるかないか。これがふたつの島で、海岸近くにまで花が多いか少ないかを決定している。自然って、本当に不思議なものだ。もちろんだからこそ面白い。

 

高山植物 ガイド 記録・ルポ
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『フィンデルン』

同じテーマの記事
北海道・アポイ岳は高山植物の宝庫。“アポイ”の名が付く固有種が非常に多い理由は?
アポイ岳は、北海道・襟裳岬の突端からそう遠くはない場所、海からもほど近い位置にそびえる山だ。標高810mと決して高い山ではないが、高山植物が咲き誇り特別天然記念物にも指定される。その魅力を高橋修氏が紹介する。
ツツジ・シャクナゲ前線異常あり! ツツジの花の見分け方のポイントを知る
春から初夏にかけて、山の斜面を彩る代表的な花の1つが「ツツジ」だ。一口にツツジと言っても、さまざまなも種類があるが、その見分け方をご存じだろうか? 花の雄しべ・雌しべを見ると、その違いを見分けられるかもしれない。
別名:雪割草――、オオミスミソウの花咲く石川県・猿山で考えた、太平洋側に咲くスハマソウとの違い
別名「ユキワリソウ」として人々によく知られているオオミスミソウ。その別名どおり、雪が消える頃から花を咲かせ始める。雪が消え始めた日本海側の山々では、見頃のシーズンを迎えている。
予想以上に安く行けるぞ! 寒い冬に歩く、花咲く沖縄の山歩き。
寒い日が続く冬の日本列島だが、亜熱帯の沖縄まで飛ぶと様変わり。暖かい沖縄で花の山歩きをしてみてはいかがだろうか?
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「究極の全天候型ジャケットを目指したい」
「究極の全天候型ジャケットを目指したい」 ザ・ノース・フェイス大坪さんに、定番レインウェア「クライムライトジャケット」開発に込めた思いを聞く!
NEW グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手
グレゴリーの定番ザック「パラゴン」の使い勝手 山岳ガイドとして活躍する澤田実さんに、ガイドならではの視点も交えて、「パラゴン」の使い勝手を聞きました。
NEW バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは…
バルトロのフロントポケットがこんなにラクとは… グレゴリーのモニターレポート第2弾を公開! 白馬岳に登ったsoraさん。フロントポケットなどの収納に感動したそうです!
NEW 温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう
温泉充実! 今年の北アルプスは飛騨側から登ろう 笠・双六・槍・西穂・乗鞍の山々は、温泉、山麓観光も充実した飛騨側から! ライター小林千穂さんのおすすめも掲載!
NEW ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す
ライトアルパイン系ブーツを残雪・岩稜で試す ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今回は、ザンバランのバルトロGTを、まだ雪の残る焼岳でテストしました。そ...
NEW パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力
パタゴニア 最新ハイキングパンツの魅力 国内外のロングトレイルを歩くライター根津貴央さん。独自の用具観から見たパタゴニアのハイキングパンツの魅力について聞いた
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」の田中陽希さんに、身体のケア、リカバリーなど、山を楽しむためのコンディショニング法を伺った
NEW 遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス
遭難しても探し出せる捜索ヘリサービス 万が一、登山者が動けなくなっても、発信される電波から位置を特定する会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”。詳細はこちら
NEW 山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で! 
山の日はイベント盛りだくさんの谷川岳で!  日本百名山・谷川岳では様々なツアーを用意した「山の日イベント」を開催! ラフティングやキャンプが楽しめるアウトドアの町、...
日帰りの山で重宝するデイパック
日帰りの山で重宝するデイパック 連載「山MONO語り」で紹介したグレゴリー サルボ24。高橋庄太郎さんによる、毛無山日帰り山行での使用レポートはこちら
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ
湿原は緑に染まり、初夏の尾瀬へ 誰でも歩けて、自然の素晴らしさを感じられる尾瀬のシーズンが始まります。イベント、特典も盛りだくさんの尾瀬をご案内!
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス
初心者・入門者・ファミリー向けアルプス 険しい山並み、眼下には雲海、そして稜線に遥か続く縦走路――。今年はアルプスに初めて挑戦! という人のためのオススメ初心者...
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。