このエントリーをはてなブックマークに追加

残雪多い7月中旬の北アルプス北部の稜線・朝日岳~白馬岳は、困難も多いが行く価値のある場所

今がいい山、棚からひとつかみ
ガイド・記録 2018年07月16日

北アルプスに本格的な登山シーズが始まるのは梅雨が開けてからとなるが、とくに残雪の多い北部の山々、朝日岳・雪倉岳・白馬岳あたりでは、まだ少し早いかもしれない。しかし、残雪が多い時期だからこそ、楽しめることも多い。

 

朝日岳山頂付近より朝日平、朝日小屋を見下ろす(写真=奥谷 晶)

7月初旬から中旬ころ、梅雨が開けるかどうかという時期、北アルプスの北端に近いの稜線、朝日岳・雪倉岳・白馬岳のあたりは、高山植物の宝庫の時期となる。

まだ登山道には多くの残雪が残り、一般的な登山時期とはいい難い時期かもしれない。夏道はまだ雪の下で、天気が悪ければ道迷いの危険性もある。アイゼンは必ず携行する必要があるだけではなく、残雪状況や通るコースによってはピッケルの携行も必要だ。加えて、梅雨前線が活発に活動する時期なので、天気が期待できないだけではなく、荒天となるケースも考慮しなければならない。

そうした困難が予想されても、この時期の北アルプス北端の稜線は魅力的で、行く価値が高い場所だ。そんな時期に、奥谷晶氏が訪れたレポートを紹介する。

 

厳しい”登り返し”の道も花の宝庫に癒やされる

2017月7月15日、梅雨明け前の不安定な天候の予報でしたが、蓮華温泉より朝日岳、雪倉岳、白馬岳を周回する計画で入山しました。この日は予想に反して次第に晴れ、そして気温が上がっていきました。蓮華温泉から兵馬の平へと進む道は、いったん300mほど高度を下げてから1300mを登り返すという行程のため、かなり体力を消耗させられます。

それでも、花の宝庫と言われるにふさわしく、ヒオウギアヤメ、ショウキラン、ムシトリスミレ、オオサクラソウ、ハクサンコザクラ、ミヤマムラサキ、シラネアオイ、キヌガサソウ、サンカヨウなど、高度に応じて次々と花々が現れ、そのたびに足をとめることになり、コースタイムを大幅に超える結果となってしまいました。

朝日岳南面の斜面にはキヌガサソウの群落が咲き誇る(写真=奥谷 晶)

途中の登山道では雪渓は何箇所か出てきますが、ステップができていて、登りではアイゼンは使用しませんでした。

翌日は昼前より大荒れの天気となるという予報を得て、朝日小屋周辺の散策にとどめて停滞することにしましたが、雨の降り出しは早く、10時過ぎには暴風雨の吹き荒れる荒天が終日続きました。

 

通行止めの白馬水平道は使えず、再び厳しい登り返し

朝方は霧が立ちこめ、視界がきかないなか、朝日岳を登り返して、雪倉岳へと向かいます。この時期の白馬水平道は残雪が多く通行止めとなります。例年、開通は7月中旬~下旬です。水平道の開通については朝日小屋に確認してください。

朝日岳を過ぎたあともいったん高度1900mまで下り、雪倉岳、白馬岳とピークを越えていかなければならず、累積高低差は1700mほどになり、予想外に時間がかかります。

ガスが切れてはじめて、雪渓をまとった白馬岳山頂が姿を見せた(写真=奥谷 晶)

雪渓は、朝日岳より水平道分岐の手前で、短いが急峻な箇所、雪渓上部の雪のブロックが残った所など、注意するところがありました。アイゼンは出さなかったものの雪倉岳避難小屋から先の雪渓は長くて見通しが悪く、まだステップが刻まれていなかったので、迷わず積極的にアイゼンを使用して正解でした。さもなければ急傾斜になった雪面のところでアイゼンをつけざるえなくなるという危険な状態に陥るところだったからです。

このコースも高山植物は百花繚乱で、ミズバショウやハクサンコザクラ、シナノキンバイにイブキジャコウソウ、ヒメウスユキソウ、ウルップソウ、コマクサなど、その多種多様さに驚くほどでした。この日は時間切れで、納得のいく写真が撮れたとは言い難いのが残念です。

雪倉岳南面の斜面より風雨に耐えたコマクサ越しに白馬杓子岳を望む(写真=奥谷 晶)

夕刻から再びガスと強風が吹き始め、夜半から朝方にかけてさらに猛烈な風となりました。結局、最終日は白馬岳山頂から蓮華岳・白馬大池手前の船越の頭へと続く稜線上は強風が吹き荒れ、ときどき体をぐらつかせるほどの突風も混じり、慎重に行動せざるを得ませんでした。

荒天の中を歩いた疲れは、蓮華温泉の野天風呂でゆっくり癒すことができ、無事に下山できたことを実感できました。

この年は、停滞、長い雪渓、烈風凄まじい稜線と厳しい山行となりましたが、花の宝庫の稜線で風雪に耐える花たちを見ることができて満足感の高い4日間となりました。

 

教えてくれた人

奥谷晶

30代から40代にかけてアルパイン中心の社会人山岳会で本格的登山を学び、山と渓谷社などの山岳ガイドブックの装丁や地図製作にたずさわるとともに、しばらく遠ざかっていた本格的登山を60代から再開。週刊ヤマケイ創刊初期より5年にわたって表紙写真、登山地情報を投稿している。2019年山岳写真協会公募展入選。

同じテーマの記事
男鹿山塊の名峰・日留賀岳。ブナの原生林の紅葉と、開放感あふれる展望を満喫する山
栃木県と福島県の県境、男鹿山塊とよばれる山域は、人の訪れることもまれな山々が連なっている。この山々の中で数少ない登山道がついているのが日留賀岳。豊かな自然が残る山で、深まる秋を楽しんでみよう。
頸城山塊・雨飾山 色づき始めた荒菅沢奥壁の紅葉と岩峰を楽しむ
妙高山、火打山が連なる頸城(くびき)山塊の西端にそびえる雨飾山。荒菅沢奥壁の岩壁「布団菱」を彩る紅葉が素晴らしい。
極彩色の紅葉大パノラマ 酸ヶ湯温泉から八甲田大岳、毛無岱を巡る
四季を通じて登山者を魅了する八甲田山は、中でも紅葉の美しさで有名です。八甲田大岳を登り、黄金の草紅葉が輝く湿原を散策します。
尾瀬・燧ヶ岳、9月下旬~10月初旬、登山道中に点在する湿原や見下ろす尾瀬ヶ原は草紅葉に染まる
東北地方の最高峰で、尾瀬のシンボル的な山でもある燧ヶ岳。9月下旬から10月初旬、登山道中に点在する湿原は草紅葉で色づき、見下ろす尾瀬ヶ原は秋錦の絨毯のように輝く。尾瀬の秋を堪能できる燧ヶ岳を縦走する山旅を紹介する。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。