このエントリーをはてなブックマークに追加

こんなときには身近な街中散歩で、花登山のためのトレーニングをしよう!

高橋 修の「山に生きる花・植物たち」
たしなみ 2020年04月02日

外出がはばかれる昨今だが、家に閉じこもってばかりでは健康にはもちろん、精神衛生上も好ましいものではない。外に出れば、街でもたくさんの花が咲き始めている。そんな花の姿を見ながら、少し体を動かしてみてはいかがだろうか?

 

道端の草地をちょっとのぞいてると・・・、さまざまな花が咲いている


あまり大人数が集まる場所は避け、遠くに出かけないようにしている人が増えている状況だ。しかし家の中にずっと閉じこもっていたら、健康によくないし、気分もすぐれない。近所に山があって他人との接触なしで山に行ける環境ならいいのだが、なかなかそうもいかないだろう。

そのような時は、近所の散歩をしながら、野生の花探しをしてみるのはどうだろうか。実は3月下旬~4月上旬は街中の野生植物の花盛りになる時期でもある。野生植物はコンクリートの割れ目、公園、道路の並木の地面など、たくさんの場所に生え、元気に咲いている。

早春の街中は実は帰化植物が多い。地中海沿岸は都会のように冬も暖かいことが多く、冬の間に葉を展開させて大きくなって、早春一番に花を咲かせるという生き方をしている植物が多いからだ。オオイヌノフグリ、ホトケノザなどが地中海植物の典型だ。

早春の代表的な花、オオイヌノフグリは群落になてって咲いている


こうした草花は「オランダフウロ」などオランダの名前がついているものも多いのだが、オランダ原産というわけではない例も多い。江戸時代はオランダしかほぼ海外貿易を行っていなかったことと、ヨーロッパの植物について知らなかったため、ヨーロッパからやってきた植物に適当に「オランダ」と名付けただけだという。

 

近寄ってみたら、オランダミミナグサの花が咲いていた(左)/オランダフウロの美しい花が咲いているのも確認できる


ナガミヒナゲシなどを除くと、早春に咲く植物は、タンポポ以外ではオオイヌノフグリをはじめ、キュウリグサなど小さい花ばかりだ。小さな花は見分けるのが難しいが、早春の花はあまり種類数が少ないので、まだ見分けやすいシーズンでもある。

* * * * *

小さな植物を見分けるのにおすすめの図鑑を紹介しよう。まずは山と溪谷社の山溪ハンディ図鑑(あまりハンディではないが)の「野に咲く花/写真・平野隆久」である。少し大きく重いが、多くの街中や野原でみられる植物を網羅し、クローズアップ写真も多用し、見分け方も詳しく書いてある。

初心者向きには手前味噌で申し訳ないが、ナツメ社の「色で見分け五感で楽しむ野草図鑑/写真:高橋修」である。初心者向けにわかりやすく植物を解説し、種数を絞った。ひとつの種に対しひとつずつコラムがあり、ひとつひとつの植物に対しより覚えやすい本にしたつもりだ。

まずは図鑑を片手に散歩しよう。今まで無味乾燥のようにしか見えなかった都会のコンクリートジャングルが、実は花いっぱいの自然世界に変わって見えてくるだろう。

 

道端に広がる植物の群落や、電信柱の横を見ると野生植物が元気に育っている


せっかく花が咲いているのだから、写真を撮ってみたくなるのは普通だ。しかし小さい花は撮影が難しい。このような難関に挑戦し撮影することは、カメラの使い方に慣れるためにも必要だ。冬の間はあまり植物の撮影をしなくなり、カメラが手になじんでいないことが多いからだ。

小さな花はピントを合わせにくいし、撮影倍率が上がると手ブレもしやすい。植物写真というものは、手振れと、ピントとの戦いでもある。これを早めに克服するのが春の花を撮影するときに大きなアドバンテージになる。

植物写真はどんなカメラでもいい。もちろんスマホでも、ある程度大きい植物なら撮影可能。キュウリグサなどあまりに小さい植物は苦手だが・・・。とにかく撮影してみるよう。

また、街中を歩くだけでも山のトレーニングになる。10000歩も歩けば十分な量である。さらに小さな花を見るためには、そのためには腰を落とすことになる。そして不安定な体制で植物を撮影することはバランのトレーニングになるし、何度もスクワットのような運動になり、これもよいトレーニングになる。

ザックを背負って、負荷をかけるのも有効だ。重い荷物を背負ったまま行う運動は登山以外にはない。ザックを背負う筋肉も常に負荷をかけてトレーニングする必要がある。

 

セイヨウタンポポやシロバナタンポポ(写真左)や、ハナニラの群落の花が開いている


このように、山に行かなくても、街中や、田舎道を歩くだけでも、山のトレーニングはできる。人込みを避け、風通しのよい野外で、ひとりか少人数で花散歩をして、楽しみながら体調を整えよう。

家にこもってばかりでは体力がどんどん落ちていく。来る、本格的な夏山シーズンに備えて、少しずつ体を慣らしていこう。いつかまた遠くない時期に、また山にいつも通り登れる日を信じていこう。

 

自然観察 知識・雑学
教えてくれた人

高橋 修

自然・植物写真家。子どものころに『アーサーランサム全集(ツバメ号とアマゾン号など)』(岩波書店)を読んで自然観察に興味を持つ。中学入学のお祝いにニコンの双眼鏡を買ってもらい、野鳥観察にのめりこむ。大学卒業後は山岳専門旅行会社、海専門旅行会社を経て、フリーカメラマンとして活動。山岳写真から、植物写真に目覚め、植物写真家の木原浩氏に師事。植物だけでなく、世界史・文化・お土産・おいしいものまで幅広い知識を持つ。

⇒高橋修さんのブログ『サラノキの森』

同じテーマの記事
梅雨に山で、ひそかに咲くバイカツツジ。美しい花なのに登山者に知られていない3つの理由
梅雨時にでもたまには晴れの日がある。こんな時には花の山に登りに行こう。梅雨時にはこの時期にしか咲かない花がある。その1つが、今回紹介するバイカツツジ(梅花躑躅)だ。
名前のイメージは悪いが、梅雨の散歩を彩る花、ドクダミ。
危機的状況は去ったものの、まだ積極的な外出を控えている人も多いと思う。それでも自宅の周囲を歩いて、なまった身体を動かしてほしい。そして街の草木に目を向けると、今の時期はドクダミの花の姿が目立つ。今回はドクダミの花の話だ。
5月の街中に咲く野生植物――、「名もなき雑草」という名前の花はない!
「STAY HOME」が叫ばれているが、近所の散歩は制限の対象ではないので、大いに行ってほしい。その散歩も、ひと工夫で楽しみが広がる。「名もなき雑草」と呼ばれる草花の名前を知ることで、新しい発見があるはずだ。
高性能なパラボラアンテナを持つ、孤高で難易度が高い花・フクジュソウ
春を感じる日がだんだんと増えてきましたね。今回は「春の使者」とも呼ばれるフクジュソウ(福寿草)について、植物写真家の高橋修さんが詳しく教えてくれました。
記事一覧 ≫
最新の記事
記事一覧 ≫
こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月13日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ
「カミナドーム2」を女性登山ガイドがインプレ finetrackのテント「カミナドーム2」。登山ガイドの菅野由起子さんが、軽さ、コンパクトさ、強度、居住性などをチェッ...
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』
入賞作品発表!最優秀賞は『火の山と星空』 「みんなの‟とっておきの山写真”フォトコンテスト」の入賞作品11点が決定。編集部からのコメントと共にお楽しみください。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!