緑に広がる草原に、輝く池塘、咲き乱れる花たち――。天上の湿原へ
2017年05月25日(木)
 
このエントリーをはてなブックマークに追加
山上に広がる幻想的な景色と、湿原に生きる草花や生き物を愉しもう

緑に広がる草原に、ところどころに水を満たした池塘が輝き、ミズバショウやニッコキスゲが咲き乱れる。湿原と聞くと、そんな風景を思い浮かべるだろう。

湿原とは文字通り、湿った地面に広がる草原地帯のことだ。尾瀬などが代表例で、日本各地さまざまな場所に湿原は広がっている。

湿原の代名詞的存在の尾瀬ヶ原(写真:funa さんの登山記録より)

 

ちなみに、学術的な言葉の定義で言うと、ただ湿った土地に広がる草原は「湿地」で、長い期間を経て成立した湿地を湿原という。

また、「高層湿原・低層湿原」という言葉をよく聞くが、これは標高の高さ・低さとは関係なく、枯死した植物が腐らずに残る泥炭の堆積具合の違いだそうだ。高層湿原とは、ものすごく簡単に説明すると「泥炭が蓄積して中央部が周囲より凸状に高くなり、地下水ではなく雨水などで水が供給されている湿原」という定義となる。

「腐らず泥炭化」する条件といえば寒く標高の高い場所。湿原の多くは標高の高い場所でに広がり、その特異な環境から、貴重な植生が育つ場所として知られる。

乳頭山と田代平湿原(写真:ダイノジ さんの登山記録より)

 

雪に包まれていた湿原も、夏の訪れとともに雪の下から顔を出し、豊かな自然を見せてくれる。梅雨入りすると、雪解け水と共に水が満たされ、そこは湿生植物と生き物たちの宝庫となる。

今週は山上に広がる湿原を持つ山をピックアップする。

 

 

Vol.1 本州最大、湿原の代名詞といえば尾瀬

東西6km、幅2kmにも及ぶ本州最大の高層湿原・尾瀬ヶ原を中心に、大小さまざまな湿原が広がる尾瀬。アヤメ平、尾瀬沼周辺に広がる湿原、燧ヶ岳の山腹に広がる広沢田代や御池田代など、さまざまな湿原に出会うことが出来る。

尾瀬の代名詞の1つのミズバショウは5月下旬からで、例年では6月初旬~中旬がベストだ。なお、ミズバショウの時期は、まだ時期としては寒く、尾瀬は多くの雪が残っている。湿原やその周辺で、雪の心配がなくなるのは6月中旬頃からだ。

至仏山や燧ヶ岳への登山が一般的となるのは7月からとなる(至仏山は、7月以前の残雪期は登山禁止)。

(写真:モーちゃん さんの登山記録より)

■行程
【1日目】鳩待峠からアヤメ平へ
■総コースタイム 2時間5分、標高差 +386m、-116m
鳩待峠(08:00)・・・横田代(09:15)・・・アヤメ平(09:50)・・・富士見小屋(10:05)
【2日目】富士見小屋から見晴へ
■総コースタイム 2時間5分、標高差 +24m、-465m
富士見小屋(07:00)・・・富士見峠(07:05)・・・八木沢橋(08:25)・・・見晴(下田代十字路)(09:05)
【3日目】見晴から鳩待峠へ
■総コースタイム 3時間、標高差 +212m、-35m
見晴(下田代十字路)(07:00)・・・竜宮十字路(07:30)・・・牛首分岐(尾瀬ヶ原三又)(08:10)・・・牛首(08:20)・・・山ノ鼻(09:00)・・・鳩待峠(10:00)
関連する登山記録
関連する現地情報
  • 山ノ鼻ビジターセンター
    2018年09月21日(金)

    アヤメ平では、キンコウカの葉がすっかり紅葉。尾瀬ヶ原でも、朝日に照らされると湿原が黄金色に輝きます

  • 尾瀬沼ビジターセンター
    2018年09月19日(水)

    一雨毎に気温は下がり、今朝は3.6℃。大江湿原の草紅葉も一段と進んで黄金色に色づいてきました。



Vol.2 登山口からすぐに幻想の湿原へ。広大な大地に広がる月山・弥陀ヶ原

月山の北側八合目に広がる湿原・弥陀ヶ原は、台地状に広がる湿原で、抜群の展望を誇る場所。周囲は東北の山々の展望や日本海まで望むことができ、まさに天空の楽園となる。

弥陀ヶ原へは、8合目駐車場から徒歩数分で行けるので、ファミリーでも安全に楽しめる。弥陀ヶ原から月山山頂までの登山道も、よく整備されいて安全だ。

一方、姥沢から月山を目指すと、そこは夏スキーのメッカ。雪に対する装備は、夏でも必要となる。

なお、弥陀ヶ原は7月に入ってからがベストシーズンとなる。

(写真:とんぷう さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】姥沢から月山に登り、弥陀ヶ原に下る
■総コースタイム 4時間20分、標高差+917m、-684m
姥沢口(08:00)・・・リフト下駅(08:10)・・・雄宝清水(08:30)・・・リフト分岐(09:30)・・・リフト上駅(10:00)・・・金姥(10:30)・・・牛首(11:15)・・・月山(12:15)・・・仏生池小屋(12:55)・・・月山八合目(13:55)

関連する登山記録


Vol.3 日帰りで手頃な湿原歩き&登山を楽しめる籾糠山・天生湿原

白川郷からほど近く、「飛騨の匠の伝説」によって生まれたとされる、岐阜県・籾糠山および天生(あもう)湿原。天生県立自然公園として整備されていて、雄大な自然が広がっている。

登山口から30分程度で湿原を楽しめ、籾糠山までも往復4時間程度と手頃な登山&湿原歩きを楽しめる。

国道360号線が開通する、6月に入ってからが天生湿原のシーズンの始まり。ミズバショウやニッコウキスゲなどの、湿原の植生を存分に楽しめる。

(写真: 山歩きすと さんの登山記録より)

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 4時間0分
総歩行距離: 8,500m  上り標高: 668m  下り標高: 668m
天生峠・・・匠神社分岐・・・木平湿原分岐・・・分岐・・・籾糠山・・・分岐・・・木平湿原・・・木平湿原分岐・・・匠神社分岐・・・天生峠


関連する登山記録


Vol.4 魅力がぐっと詰まった、福井県唯一の高層湿原の山・赤兎山

石川県と福井県の県境に、愛らしい名前と山容を持つ赤兎山。この山頂付近には、赤兎平と呼ばれる高層湿原が広がる。

登山口から山頂までは2時間程度と手頃で、稜線から白山や荒島岳の展望も美しい。湿原の規模は小さいものの、魅力がぐっと詰まっていて、人気の高い山となっている。

雪が消える6月初旬~中旬からがベストシーズンで、春にはリュウキンカ、初夏にはニッコウキスゲが広がる。

(写真: Yamakaeru さんの登山記録より)

 

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 4時間35分
総歩行距離: 11,000m  上り標高: 765m  下り標高: 1380m
登山口・・・小原峠・・・分岐・・・赤兎山・・・赤兎平・・・赤兎山・・・分岐・・・たんどう谷出合・・・登山口・・・鳩ヶ湯


関連する登山記録


Vol.5 日本一の高所にある高層湿原、鬼怒沼湿原

日本一の高所にある湿原と言われる(諸説あり)のが鬼怒沼湿原だ。尾瀬ヶ原よりも600mは高い、標高2000m付近に広がっている、

鬼怒沼湿原への登山で楽しみなのが登山口に点在する奥鬼怒温泉郷で、登山と併せて楽しみたい。

標高が高いぶん残雪が遅くまで残るり、6月中旬くらいから湿原が雪の下から顔を出し、7月に入ってからがベストシーズンだ。

(写真: 空ちゃん さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】夫婦淵から鬼怒沼湿原を往復
■総コースタイム 9時間25分 標高差+約1,328m、-約1,328m
女夫淵温泉(06:00)・・・八丁の湯(07:30)・・・加仁の湯(07:40)・・・日光澤温泉(07:50)・・・丸沼分岐(08:05)・・・オロオソロシの滝展望台(08:35)・・・鬼怒沼湿原南端(10:05)・・・T字路(10:25)・・・鬼怒沼山(11:15)・・・T字路(11:55)・・・鬼怒沼湿原南端(12:15)・・・オロオソロシの滝展望台(13:15)・・・丸沼分岐(13:35)・・・日光澤温泉(13:45)・・・加仁の湯(13:55)・・・八丁の湯(14:05)・・・女夫淵温泉(15:25)

関連する登山記録


Vol.6 「四国の尾瀬」とも称される、四国最大の高層湿原・黒沢湿原

高層湿原は、寒く標高の高い場所に広がるが、暖かい四国にも大きな湿原がある。それが黒沢(くろぞう)湿原だ。標高500m前後の場所に26.7ヘクタールの大きさを誇り、四国の尾瀬とも称される。

オオミズゴケ・サギソウ・イシモチソウ・キセルアザミ・ヒツジグサなどの希少などの水生植物が繁茂し、四季を通じて楽しめるのも特徴だ。

(写真:マローズ さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 1時間50分
漆川八幡バス停・・・駐車場・・・たびの尻滝・・・駐車場・・・漆川八幡バス停


関連する登山記録


Vol.7 お花畑、湖沼、湿原、草原・・・魅力が凝縮されている焼石岳

岩手県と秋田県の県境の南部に位置する焼石岳は、標高こそ1600mに満たないものの、さまざまな自然が凝縮されている。山頂一帯のお花畑や、点在する湖沼、湖沼周辺に広がる湿原やお花畑、原生林の新緑と、見どころが多い。

岩手県側、秋田県側、どちらから登っても魅力がある。湿原やお花畑が花と緑に包まれる6~7月もいいが、夏も秋も魅力がたっぷりの山だ。

(写真:スーさん さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】東成瀬口三合目~五合目~焼石沼~焼石岳
■総コースタイム 5時間35分、標高差613m(+825m、-825m)
東成瀬三合目登山口(08:00)・・・すずこやの森分岐点(08:15)・・・五合目釈迦ざんげ(08:40)・・・八合目焼石沼(10:00)・・・九合目(10:40)・・・焼石岳(11:10)・・・九合目(11:30)・・・八合目焼石沼(12:00)・・・五合目釈迦ざんげ(13:00)・・・すずこやの森分岐点(13:25)・・・東成瀬三合目登山口(13:35)

関連する登山記録


Vol.8 大湿原が広がる雲上の楽園の山、大白森

秋田県と岩手県の県境、十和田八幡平国立公園(八幡平地域)は、八幡平を筆頭に多くの湿原が点在している。八幡平から秋田駒ヶ岳方面への縦走路一帯は、多くの高層湿原が続き、雲上の楽園となる。

その縦走路の途中にあるのが大白森で、山頂付近は広大な高層湿原が広がっている。

登山口となるのは秘湯・乳頭温泉。ゆっくり温泉を楽しみながら登山したい。

(写真:ヒロ さんの登山記録より)

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 5時間25分
総歩行距離: 10,000m  上り標高: 700m  下り標高: 700m
登山口・・・展望地・・・分岐点・・・小白森山・・・大白森・・・小白森・・・分岐点・・・展望地・・・登山口


関連する登山記録


Vol.9 長い林道歩きの先に、ひっそりと広がる小松原湿原

初夏の湿原は美しく、多くの人が訪れる場所だが、静かにひっそりとした湿原を楽しみたいなら小松原湿原はおすすめだ。苗場山の北側の麓に広がる湿原は、2km四方ほどの大きさがあり、「小尾瀬」と呼ばれるほど、豊かな自然が広がっている。

長い林道歩きが強いられるので、湿原までの道のりは遠いが、下の代、中の代、上の代の3段に分かれた湿原は風情がある。

■行程
【日帰り】 総コースタイム: 9時間5分
総歩行距離: 25,500m  上り標高: 1330m  下り標高: 1330m
林道ゲート・・・小松原湿原入口・・・黒滝コース分岐・・・中ノ代・・・小松原避難小屋・・・日陰山・・・小松原避難小屋・・・中ノ代・・・黒滝コース分岐・・・小松原湿原入口・・・林道ゲート


関連する登山記録


[▲ページトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2018年9月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 秋山PICK UP ITEM コロンビア
秋山PICK UP ITEM コロンビア 朝夕、冷え込む秋に、化繊素材で濡れても保温力が低下しにくい「サンタフェパークフーディー」。秋山JOY連動企画
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定!
優秀賞ほか、受賞作品全42点の写真が決定! 沢山の方に参加いただいた「飛騨から登る北アルプス 写真コンテスト」。525点の写真の中から入賞作品を発表!
NEW 田中陽希さんに訊く、コンディショニング
田中陽希さんに訊く、コンディショニング 「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。身体のケア、リカバリーはどうしてるの? そのノウハウを訊きました
NEW 分厚いミッドソールのトレッキングシューズ
分厚いミッドソールのトレッキングシューズ 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」は「ホカ オネオネ」のミッドカットモデルをインプレ。ミッドソールの推進力に注目!
NEW 山形県寒河江市で実現するライフスタイル
山形県寒河江市で実現するライフスタイル シリーズ「山の麓に住む」は、山形県寒河江市を紹介。適度に田舎で暮らしやすい、その魅力に迫る。移住説明会も開催!
NEW 再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語
再掲載! 大町市に移住した2つの家族の物語 登山者なら憧れる、山の麓に住む暮らし。長野県大町市へ移住した2つの物語を再掲載。移住説明会、現地体験会も開催!
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!