登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
梅雨明け切らぬ西鎌尾根と槍ヶ岳 槍ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

西東京猛虎会 さん
  • 日程

    2017年7月26日(水)~2017年7月28日(金)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:東京竹橋より、毎日アルペン号利用、新穂高温泉下車

  • 天候

    初日:曇り時々晴れ 2日目:曇りのち雨(一瞬晴れる) 3日目:雨のち曇り
    [2017年07月26日(水)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

1日目:新穂高温泉(6:35)-わさび平小屋(7:45)-鏡平小屋(11:55着・
    12:45発)-弓折分岐(13:45)-双六小屋(15:00)

2日目:双六小屋(6:10)-左俣乗越(9:20)-槍ヶ岳山荘(11:55)
    →山頂往復1時間

3日目:槍ヶ岳山荘(5:55)-天狗原分岐(7:05)-槍沢ロッジ(8:35)-
    横尾(9:55)-徳沢(10:55)-上高地バスセンター(12:20)


総距離 約37.9km 累積標高差 上り:約2,761m
下り:約2,345m
今だ梅雨明け切らぬ槍ヶ岳に行ってきました。

1日目:新穂高温泉登山指導センター前からスタートです。毎日アルペン号は夜行バスで、
    頃合の良い時間に登山口に着けてくれるので便利。

    スタートから林道歩きが続きますが、途中に「わさび平小屋」を始め、水場が
    多々有りますので、出発の時点で満タンは不要です。奥丸山分岐から先が小池
    新道(登山道)で、ガレた岩場をマーキングを頼りに登り詰めますが、この日は
    暑かった!

    ただ、途中の秩父沢など、残雪の天然クーラーポイントが有り、有り難かった
    事は事実です。鏡池にて、曇天の為、逆さ槍は拝めず、残念・・・・・

    その後は一気に双六小屋まで移動しましたが、先行された登山者は「雷鳥の親子
    8羽」を目撃も、私にはお出ましにならず。今年も会えないかな?

    双六小屋ですが、ゆったりとした作りになっていて、1人当たりの布団が大き
    かった印象です。また、アットホームな印象も良かった。

    到着後、早速の反省会開始ですが、「山が好き酒が好き」の皆さんと合流、
    久しぶりに宴会に!皆さん楽しい時間、有難う御座いました。

2日目:曇天ガスの朝です。双六岳に行くべきか、判断に迷っていましたが、皆さんの
    意見「槍穂を愛でる山に眺望無ければ・・・・・」との意見が圧倒的で、皆さん
    計画コースに向かわれたので、私も西鎌方向へ。

    途中、硫黄乗越を過ぎた頃から雨脚が強まり、気付けば登山靴の中も浸水。
    対向者も殆ど居られず静かな山行を楽しめましたが、左俣乗越を過ぎた時、
    突然前を走る物体に遭遇。そーっと追いかけると1羽の雷鳥が!ようやく
    雷鳥様に会えました!よかった、私は雷鳥様には嫌われていなかった様です。

    槍ヶ岳山荘到着後、宿泊手続き後に早速山頂往復。時間が早かったので、
    ノー渋滞でしたが、山頂からの眺望は当然ゼロ。

    山荘に帰って反省会開始すると突然ガスが晴れて槍の全貌があらわに!
    よかった、槍の姿見られないかな?と思っていた矢先で、常念や大天井も
    見る事が出来ました。見られた時間は1時間ちょっと程度でしょうか?

    その、ガスが切れた間隙を縫って、東邦の荷揚げヘリ到着!この短時間に
    荷揚げ2往復と荷卸し1往復は流石です。その、到着した物資を手早く
    仕訳搬入する小屋スタッフも流石ですね。(後で確認したら、ヘリは4便
    飛んだそうです。1便見逃したのは、あの爆音聞き逃したのは、ビールに
    夢中だったからかも知れません(笑))

3日目:稜線は朝から雨です。北陸に居座る梅雨前線の影響で、天候がコロコロ変わり、
    晴れていれば南岳の方に向かって槍穂高の山々を眺めたかったのですが、
    それも敵わず槍沢経由で下山しました。

    大曲り付近、まだまだ大量の残雪が有り、軽アイゼンなしでの雪上歩行は
    タイトな状況ですが、左岸に夏道も現れていましたので、完全夏道になる迄、
    そんなに時間は掛らないと思います。

    槍沢ロッジで「訳ありポカリ(賞味期限までは十分な期間は有った)」と、
    徳沢でソフトクリーム食べて上高地まで飛ばして歩きました。

    これは、上高地バスターミナル「12:40発」に乗車すると、松本駅での
    乗り換えも有り早く帰京出来るから。結果、20分前に着き、チケット買って
    帰宅となりました。

    今回もまた天気に恵まれませんでしたが、雷鳥様に遂に出会えた事と、槍の
    お姿を拝めた事は良かった。次は8月恒例になりつつ有る涸沢でビールかな?
    次のアルプスを計画したく思います。

    では、今宵も一風呂浴びて、ビールだっ!ビールだっ!

登山中の画像
登山画像
新穂高温泉登山指導センター。
登山画像
登山届はここで提出します。
登山画像
岐阜側のみみたいですが、登山届だしたらこれ受…
登山画像
では、出発しましょう!
登山画像
林道のゲートを開けて入ります。
登山画像
笠新道との分岐。水場でも有ります。
登山画像
わさび平小屋。水はここで無料で貰えます。
登山画像
りんご・バナナ・きゅうり・トマトがプカプカ。
登山画像
小池新道に向かいます。
登山画像
早くも残雪現る。
登山画像
奥丸山方向との分岐。ここから小池新道になりま…
登山画像
ガレた登りが続きます。
登山画像
癒しのポイント「秩父沢」。
登山画像
涼しいので、みんな休憩しています。
登山画像
秩父沢上部の残雪。結構残っています。
登山画像
振り返って1枚。
登山画像
イタドリヶ原。座り込めるポイントです。
登山画像
ここも天然クーラーです。
登山画像
シシウドヶ原。ここも天然クーラーでした。
登山画像
「熊の踊り場」と言う所です。ここでどんな踊り…
登山画像
鏡平小屋までカウントダウン!
登山画像
鏡池です。槍のお姿写っていません。
登山画像
鏡平小屋に着きました。
登山画像
小雨降る中、外テラスで食べる醤油ラーメンが美…
登山画像
では、午後の部スタートです。
登山画像
今回のコースですが、コイワカガミが一杯咲いて…
登山画像
一瞬、弓折岳が見えた!
登山画像
弓折分岐です。
登山画像
双六方面に向かいます。
登山画像
森林限界を超え、ようやくアルプスらしくなって…
登山画像
鏡平小屋を見下ろす。
登山画像
一瞬の晴れ間と尾根道。奥に見えるのは笠ヶ岳で…
登山画像
雪上歩行も有ります。
登山画像
花見平。高山植物が咲いていますが、植生保護も…
登山画像
一瞬、黒部五郎が見えた。
登山画像
今日のゴール、双六小屋が見えた。
登山画像
双六小屋のテン場です。
登山画像
そして、双六小屋に到着。
登山画像
時刻は午後3時25分、会社の皆さんゴメンナサ…
登山画像
反省会場に人と物が集ったら・・・・・
登山画像
宴会の始まりです!皆さん楽しい時間を、そして…
登山画像
双六小屋のスタッフの皆さん、美味しい夕食を有…
登山画像
双六小屋のスタッフの皆さん、美味しい朝食を有…
登山画像
小屋前から双六岳方向。ガス・・・・・
登山画像
晴れそうも有りません。
登山画像
では、私も槍方向に進みます。
登山画像
小屋とテン場と双六池と。
登山画像
樅沢岳への登り。
登山画像
直ぐにガスの中に突入です。
登山画像
樅沢岳山頂。硫黄乗越方向に進みます。
登山画像
結構残雪有りますね。
登山画像
これも道標ですね!
登山画像
たまに雪上歩行も有ります。
登山画像
硫黄乗越。硫黄の匂いしますが何も見えません。
登山画像
コイワカガミとネコハナノメ?
登山画像
左俣乗越。何も見えません。
登山画像
夢にまで見た雷鳥様とご対面!
登山画像
千丈乗越手前のクサリ場。クサリは補助程度です。
登山画像
西鎌尾根のナイフリッジ。登山道は右側トラバー…
登山画像
千丈乗越への登り。
登山画像
千丈乗越に着きました。
登山画像
マーキングに従って、高度を上げます。
登山画像
もう少しで山荘に着く筈・・・・・
登山画像
槍ヶ岳山荘到着後、速攻登頂で槍の山頂です。
登山画像
山荘に戻って、今日も反省会開始です!
登山画像
槍の姿をみんな眺めています。
登山画像
ちょっとズームアップ。
登山画像
こちらは槍沢方向。
登山画像
槍一家三代揃い踏み!
登山画像
山頂をズームアップ。
登山画像
小屋の外は青空です。
登山画像
常念岳を望む。
登山画像
こちらは表銀座方向。
登山画像
こちらは山頂ズームアップ。
登山画像
何時までも眺めていたい風景です。
登山画像
槍ヶ岳山荘のスタッフの皆さん、美味しい夕食を…
登山画像
槍とヘリ。
登山画像
東邦のヘリをズームアップ。
登山画像
小屋のスタッフは届いた物資を手早く荷分けして…
登山画像
ヒュッテ大槍に県警のヘリ。こちらは少々心配。
登山画像
槍ヶ岳山荘のスタッフの皆さん、美味しい朝食を…
登山画像
朝、うっすら槍のシルエット。
登山画像
では、下山しましょう!
登山画像
小屋を振り返る。又来ます!
登山画像
槍沢にもコイワカガミ。
登山画像
槍沢。
登山画像
残雪を横切る。
登山画像
振り返って、槍のお姿は見られませんでした。
登山画像
グリーンバンド付近の様子。
登山画像
雪切したトラバースを慎重に進む。
登山画像
雪切したトラバースの上から、滑落注意!です。
登山画像
天狗原分岐です。
登山画像
そして、大曲付近の最大の残雪エリアに突入!
登山画像
私も、軽アイゼン装着です。
登山画像
雪道取付きは斜度が有ったので、軽アイゼンでは…
登山画像
場所に依っては融けてこんな場所も。
登山画像
水股分岐。登れば東鎌尾根です。
登山画像
ババ平のテン場。
登山画像
槍沢の登山道には、今だサクラが咲いています。
登山画像
槍沢ロッジに到着。少々座り込む。
登山画像
横尾へ向かいます。
登山画像
槍沢。天然のクーラーです。
登山画像
横尾、今日も多くの登山者で賑わっていました。
登山画像
徳沢。
登山画像
周りの皆さん食べてる「徳沢名物ソフトクリーム…
登山画像
明神岳。稜線はガスの中。
登山画像
明神。スルーします。
登山画像
上高地河童橋に着きました。ここは多くの観光客…
登山画像
河童橋より穂高方向。稜線はガスの中でした。
登山画像
こちらは河童橋からの焼岳。標高差か、こちらは…
登山画像
そして、ゴールの上高地バスターミナルに着きま…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
【その他】 アミノバイタル・塩サプリ・「交流促進剤兼睡眠導入剤」と「とても相性の良いものたち」(笑)
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

西東京猛虎会さんの登山記録についてコメントする
  • すー さん
    西東京猛虎会さん、おはようございます!

    いつ行かれるのかな~、と思っていましたが、2泊で行ってこられたのですね。
    お疲れ様でした!レコ、地図を見ながら行ったつもりで拝見してみました。

    天気はあまりよくなかったようですが、それでも2日目、大好きな槍ヶ岳が見られて
    良かったですね。また、雷鳥に会えたこともとても嬉しいですよね。(私も雷鳥にとても
    会いたいです。)反省会もとても楽しそうだし、私も早くアルプス、行きたくなりました。(笑)

    ところで、素朴な疑問ですがいつも反省会でのおいしそうなビールは小屋で買われていますか?それとも持参していくのですか?ビールは冷え冷えが美味しいので買ったほうがいいのかな、とも思いますが皆さんどうされているのかなと思って。
    あと西東京猛虎会さんはアルプスに行かれるときは行きは「毎日あるぺん号」で夜行で行かれて
    いるようですが、帰りは松本からはあずさで帰られるのでしょうか?

    私はこんな天気が続いているので今は「山行きたい病」が少し落ち着いております。(笑)
    ですが、いつ悪化するかわかりません・・・あと1か月、辛抱しなければと思いながらも
    北アデビュー戦はどこにしようか、検討しています。八方池を見て唐松岳、もいいなと
    思っています。


  • 西東京猛虎会 さん
    すーさん、おはようございます!

    早速のコメント、有難う御座います。
    今回ですが、実は3泊で届を出しています。槍ヶ岳から先、南岳から天狗池経由で
    槍沢に下りると、上高地からのバスと松本からの列車が最終になる事が見込まれ、
    それでは!と槍沢ロッジでまったりしてから帰京する予定でした。

    でも、天気悪ければ3日目はエスケープルートで槍沢ルートでの下山を届に記載
    して有りましたので、まあ予定通りですね。でも、昨年同様天候には逆らえません。

    ご質問、ビールですが、小屋で買えます。でないと、私の場合は消費量が多い(笑)
    の為、持参するとなると相当なる重量を背負わねばなりませんし、冷やす問題も
    有りますし・・・・・今は生ビールタンクもサーバーもヘリで荷揚げしていますので、
    その点はラク出来ますが、少々高くてもやはり買ってしまいます(笑)

    叉、行きは毎日アルペン号を利用しますが、帰りは「あずさ号」です。毎日アルペン号の
    帰り便も有るのですが、1日1便のみで選択肢が狭められますので、やはり帰りは
    「あずさ」に限りますね。

    「山行きたい病」に感染してしまうと、今の所は有効なワクチンが開発されていない
    ので、自力で抑え込むしか無いですが、ストレス解消に多峯主山で叫んでこられては
    如何でしょうか?飯能三名山の存在は私にとっては羨ましい限りなのですから。

    あと1ヶ月間の辛抱ですね。どうか例の件は頑張って下さい。
    その後の復帰戦のアップ、みんなでお待ちしております。

  • ミーグル さん
    西東京猛虎会さん、おはようございます!
    いつ行かれるかとほぼ毎日チェックしてました。槍ヶ岳に行かれたんですね。レポのラーメンがおいしそう。反省会が楽しそうで、山行ならではの楽しみです。5月槍沢までで断念いたしましたが、来年のゴールデンウイークこそは、親子で晴れて槍の頂点に立ちたいです。天候は今一つだったようですが、それも山旅。また同じルートを言ってみたくなるのでひどい天候でないときや危険ゾーンが悪天候でなければそれも楽しみの一つです。平日は込み具合はどうだったでしょうか。人気のコースなのでそれなりに混んでいましたか?
    残雪も楽しまれたようで、滑りますが凸凹がない分、残雪大好きです。
    さて、次回はどこを予定されていますか?レポ楽しみにしています。

  • 西東京猛虎会 さん
    ミーグルさん、おはようございます!

    はい!今年も涼を求めてアルプスに行ってきました。3年連続の槍ヶ岳ですが、実を言いますと
    飛騨側から入山した事が無かったので、楽しみにしていましたが天候には逆らえません。

    双六小屋も槍ヶ岳山荘も、平日でしたので定員の半分以下の利用率。どちらの小屋も、
    「部屋の一番奥の角」と言う一等席(いや、寝床)を確保出来、快適でした。
    このコースは人気のコースなので、今夜はどちらの小屋も一杯の様です。

    次ですが、上高地ー涸沢ー北穂ー奥穂ー前穂ー岳沢ー上高地の周回を計画していますが、
    難所越えが有るので、天気とにらめっこ、次週当たりから開始します。

    ミーグルさんの次回は南アでしたよね?アルピニスト君の勇姿を含むレポ、楽しみに
    しております。

  • すてぱん さん
    西東京猛虎会さん、こんにちは。
    双六ー槍ヶ岳縦走、お疲れ様でした。
    今年は戻り梅雨の様相で、やきもきさせられますよね。それでも槍ヶ岳で晴れ間があるとか、良かったです。
    私の方は、今週末も含めて温めていた計画を二週間連続で延期、一体いつ実行できるやら、いつ腹痛を起こせばいいのか、思案の最中です。

  • 西東京猛虎会 さん
    すてぱんさん、おはようございます。

    コメント、有難う御座います。前回は装備の助言、有難う御座いました。

    今回の山行ですが、特に西鎌尾根の残雪情報が乏しく、アイゼンの選定で最後迄迷いました。
    でも、軽アイゼンで丁度良かった。その西鎌尾根ですが、残雪エリアを避けた不思議な
    う回路(踏み跡)が出来ていて、軽アイゼン未装備者?の通行が有った事を想像させます。

    西鎌尾根、進むに連れ近くなる槍の姿を見られなかった事は残念。双六登頂の忘れ物も
    有りますので、また計画したく思います。

    戻り梅雨、全くその通りですね。今週の予報見ても「ずっと曇り」。8月2週に穂高を
    計画していますので、早く北陸の梅雨が明けて欲しいと願ってやみません。

    すてぱんさん、次は焼岳と西穂高でしたよね?美しいレポ、お待ちしております。

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    12月になって気温がぐっと下がりました。山荘周辺の積雪は20㎝ほどです。
    19年12月07日(土)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    2019年の営業を終了しました。ありがとうございました
    19年11月28日(木)
  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    2019年の営業を終了しました。ありがとうございました。
    19年11月11日(月)
    笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    笠ヶ岳山荘は2019シーズンの営業を終了しています。冬期期間は2~3人用の冬期小屋を解放
    19年11月01日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

西東京猛虎会 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月10日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
紅葉写真コンテスト、応募受付中!
紅葉写真コンテスト、応募受付中! 紅葉シーズンは終盤、今年味わった紅葉の絶景写真を、ぜひ、ご応募ください!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?