登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
初めての南アルプス南部 赤石岳、悪沢岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

tirrano さん

この登山記録の行程

【1日目】
椹島ロッヂ(08:24)・・・カンバ段(10:24)[休憩 10分]・・・赤石小屋(13:11)

【2日目】
赤石小屋(04:50)・・・富士見平(05:30)[休憩 5分]・・・北沢源頭(06:40)[休憩 10分]・・・赤石小屋分岐(07:51)[休憩 4分]・・・赤石岳(08:10)[休憩 20分]・・・赤石小屋分岐(08:43)[休憩 10分]・・・小赤石岳(09:05)・・・大聖寺平(09:41)・・・荒川小屋(10:03)

【3日目】
荒川小屋(05:53)・・・中岳(07:17)[休憩 15分]・・・悪沢岳(東岳)(08:45)[休憩 12分]・・・丸山(09:31)[休憩 15分]・・・千枚岳(10:19)・・・千枚小屋(10:48)[休憩 40分]・・・駒鳥池(11:49)[休憩 5分]・・・見晴岩(12:30)[休憩 5分]・・・蕨段(12:45)・・・清水平(13:18)[休憩 5分]・・・小石下(13:59)[休憩 10分]・・・吊橋(15:21)・・・滝見橋(15:32)・・・椹島ロッヂ(15:45)

総距離 約26.9km 累積標高差 上り:約3,698m
下り:約3,698m
コースタイム 標準:16時間50分
自己:17時間6分
コースタイム倍率 1.02
初日は上空は晴れていたが、お盆中に振り続けた雨が蒸発していたせいか、ずっと霧が湧いていた。
大倉尾根は急な登りと緩やかな登りが間断なく続き、登山道の道幅は狭い。テープは明瞭だが、踏み跡が不明瞭なところもある。しかし、迷うほどではない。
二日目は、7時まではよく晴れていたが、赤石岳の稜線に出る頃には霧に巻かれ、風が強くなっていた。さらに、山頂から分岐に戻る最中に雨が降り出し、雷鳴が轟き、生きた心地がせず大聖寺平へ駆け下り、荒川小屋へと駆け込んだ。
三日目は朝からよく晴れ、眺望が期待されたが、7時を回ると小赤石岳は霧に包まれ、お花畑を過ぎる頃には霧に包まれていた。中岳は霧の中で、避難小屋でレインの上着を着込み、稜線を東岳(悪沢岳)へと進む。悪沢岳でも眺望に恵まれず、下山すると、丸山あたりから霧が取れ始めた。
丸山と千枚だけの間の岩場では、タカネビランジがたくさん咲いていて、見飽きない。
本来ならば、千枚小屋でもう1泊する予定だったが、11時前に着いたので早めの昼食をとって、椹島まで下山することにした(椹島ではお風呂に入ることができるので)。なお、千枚小屋では11時から12時の間は、山小屋の準備の関係で昼ご飯を取ることができない。宿泊の手続きも12時を過ぎてからだとのこと。したがって、千枚小屋に泊まることを予定するならば、荒川小屋からの出発の時間を遅くしたほうがいい。荒川前岳下のお花畑に日光が差し込むのは6時30分以降なので、早い時間に出る必要もない。このお花畑はハクサンイチゲが咲いている時が良さそう。すでに秋の花になっていたので、やや物寂しい雰囲気がした。
雨を含み重くなったテントを担いでの荒川三山はタフだったが、楽しかった。山の規模が非常に大きく、南アルプス南部のスケールの壮大さにハマってしまった。

登山中の画像
  • 大倉尾根の登り始めは、つづら折りの急登で始まる。
  • ピンクのリボンは明瞭に見えているが、どこに足を置いて進んでいくのか、パッと見で分かりにくいルート。
  • 樺段は緩やかな登り。霧が一層幻想的な雰囲気を醸してくれている。
  • 巨木と苔が作る幽玄の世界。
  • 二日目。富士見平から、霧を纏い、朝日に輝く聖岳。
  • ラクダの背のトラバースを通過している間はよく晴れていたのですが、、、
  • お花畑の急登の上にはなにやら怪しげな雲が。
  • 稜線に出た時には、強風と霧。体温が奪われます。
  • 赤石岳山頂は真っ白。
  • 分岐に戻る手前で雨が降り出し、雷鳴が轟く。 生きた心地はせず、大聖寺平へ駆け下り、一気に荒川小屋へと駆け込む。
  • 三日目。富士山が見え、眺望に期待するが、、、(荒川小屋テント場にて)
  • 小赤石岳には、笠雲が。(荒川小屋テント場にて)
  • 荒川三山は、清々しい。(荒川小屋テント場にて)
  • しかし、荒川前岳に登る最中に、早くも雲行きが怪しくなってる。
  • 待望のお花畑に到着。まだ、前面に陽が当たっていない。
  • 秋の小ぶりな花々ばかりなので、派手さがない。
  • じっくり見ると、なかなか賑々しい気もする。
  • お花畑の柵を閉めると、下からガスが湧き上がってきていた。
  • 前岳と中岳の分岐に着く頃には、またもや強風と霧が支配していた。
  • ちょっとした瞬間に、中岳の避難小屋が見える。救いの神が手を差し伸べてくれたように感じた瞬間。
  • 東岳への稜線。結構狭いが、すれ違いも多い。 譲り合いですね。
  • 登山道のはるか下の草原が気持ちい。あそこも歩きたいけど、登山道はない。
  • やがて、東だけの岩壁が迫ってくる。
  • 鞍部まで来ると、そそり立つ壁のように眼前に現れる。つづら折りの急登の後は、岩場となる。鎖はない。
  • なんども騙された山頂もどき。
  • こちらが本当の山頂。
  • 後ろにあるのは、相棒のザック。40リットルにテント泊2泊の装備を詰め込んでパンパン。テントは雨に濡れてビショビショ。重かった。
  • 丸山に差し掛かる頃には、なんということか霧が取れてきた。
  • 振り返ると悪沢岳(東岳)の頂上が見えてる。
  • 青空がやけにまぶしー。
  • 千枚岳と丸山の間のお花畑。ロケーションが良い。
  • マツムシソウにナデシコ。インパクトのある色彩配置。
  • 千枚岳西側の岩場には、タカネビランジが咲き乱れている。
  • あっちも、こっちも、タカネビランジ。
  • アルミのはしご。 前日の雨の時は滑りやすくて難渋したそうだ。
  • 千枚小屋を降りて、展望台までたどり着くと、あらまあ、いい天気だこと。残念。
  • 赤石岳方面も、バッチリ霧が上がっていました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

tirranoさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

tirrano さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年2月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ
電池持ちが向上! カシオのスマートウォッチ カシオ「PROTREK Smart」の最新版が登場! 電池持ちを向上させるモードで2泊3日の登山にも対応。詳しくはこちら...
NEW あなたの意見を大雪山国立公園の運営に!
あなたの意見を大雪山国立公園の運営に! 北海道・大雪山での協力金に関する意識調査アンケートにご協力ください。行ったことのない人も、ぜひご参加を!
NEW 極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す
極寒の北横岳で厚手ダウンジャケットを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。体感気温-20℃、ハードシェルを備えたダウンジャケットは果たして…。
NEW 登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
紅葉写真コンテスト結果発表!
紅葉写真コンテスト結果発表! 皆さんから投稿いただいた、紅葉写真コンテスト、いよいよ結果発表! 美しい秋の山の風景をご堪能あれ!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。