登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
奥多摩湖 - 六ツ石山 経由 鷹ノ巣山 六ツ石山 鷹ノ巣山(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2018年5月1日(火)

  • 利用した登山口

    奥多摩湖  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥多摩湖湖畔駐車場利用
    水根の駐車場も10台程でしたがトイレ利用のため湖畔駐車場を利用

  • 天候

    はれ 風穏やか 鷹ノ巣山山頂気温23℃

この登山記録の行程

奥多摩湖(07:15)・・・水根(07:20)・・・トオノクボ(09:08)[休憩 8分]・・・六ツ石山(09:45)[休憩 11分]・・・六ツ石山分岐・・・水根山(11:01)・・・縦走路分岐・・・鷹ノ巣山(11:33)[休憩 53分]・・・縦走路分岐(12:43)・・・榧ノ木尾根分岐・・・六ツ石山分岐(13:03)・・・木橋(14:17)[休憩 8分]・・・水根・・・奥多摩湖(15:21)

総距離 約15.6km 累積標高差 上り:約1,828m
下り:約1,828m
コースタイム 標準:8時間25分
自己:6時間46分
コースタイム倍率 0.80
杉・檜花粉の季節も終わったようなので、山登り再開です。
まずは比較的急登の六ツ石山に登り、眺望の良い鷹ノ巣山に向かうこととしました。
六ツ石山の登りは抑えて登ったつもりでしたが足に来ましたので、下山は榧ノ木尾根経由は自然林で雰囲気は良いのですが倉戸山から急な下りとなり持ちそうに無かったので、後半が楽な水根沢経由としました。

コース定数:39

登山中の画像
  • 湖畔に車を止め出発です。 湖畔の東屋ではツバメのヒナが餌をねだっておりました。
  • 道端の花を眺めながら水根の車道を登ります。
  • ガクウツギ
  • シャガ
  • ジュウニヒトエ
  • 民家の脇から登山道の始まりです。 猫の案内人にご挨拶して出発。
  • 直ぐに急登で暫らくすると急斜面に産土神社(うぶすな神社)が有ります。 既に汗だくでユニクロTシャツ+タオルです。
  • ひたすら樹林帯を登ります。
  • 時折見かける花で一息付きます。
  • ヤマツツジ
  • フデリンドウ
  • トオノクボに近づく頃に自然林に変わります。
  • たぶん此処がトウノクボ?道標のみです。
  • つつじが所々に咲いていました。
  • 長尾ノ頭1385m、後94mです。
  • 日当たりの加減でしょうか、此方のツツジは未だつぼみです。 木々の間から富士山が見え隠れします。
  • 六ツ石山到着。流石に疲れました。此処で一休み。 広々とした開放感の有る山頂です。 登りで一人先行し、一人休息されておりましたので、静かな山でした。
  • 南アルプスも少しだけ見えます。
  • 富士山は木々の間から望む感じです。
  • 若葉に萌える春の道です。
  • 鷹ノ巣山に石尾根を尾根筋で向かいます。
  • 細尾根の箇所も有りましたが特に危険箇所では有りません。
  • 足に来てます。少しの登りがきつい。
  • 地図には有りませんが、カラ沢ノ頭。
  • 日が高くなり、富士山が霞んで来ました。
  • 水根山まで来ました。
  • 石尾根沿いの桜も未だ咲いていました。
  • 此方のツツジは満開です。
  • 鷹ノ巣山が見えてまいりました。 直下の登りでへこたれそうです。
  • 鷹ノ巣山到着。此処で一時間ほど大休止です。 丁度お昼時なので、山頂には入れ替わり10名程で稲村岩尾根側から登られてくる方のほうが多く感じました。
  • 富士山は霞んでしましましたが。気持ち良い眺めです。 之で廻りにごみがなければ最高なのですが・・・厚めの袋持参でガスカートリッジ2個は回収しましたがビニール類は無限に広がっています。
  • 本日、山頂は23℃ほど有り、之でなくても良かったかもしれませんが山で食うと旨い。
  • 石尾根を後に下山します。
  • 榧ノ木尾根と悩みましたが足に来ていますので、後半楽な水根沢経由で下山します。
  • 何方かお住まいでしょうか? 真新しい掃き出しが有りました。
  • ハシリドコロ
  • 休息所?までゆっくりと下りてきました。 木橋まで後少し頑張ります。
  • 荒れた沢が有り倒木も苔むしております。 下りでは問題ありませんが水根から登られてくると対岸の取り付きが分かり難いかもしれません。
  • 一本目の木橋通過。
  • 落ち葉の残る道と沢音が気持ち良い。
  • 木橋まで到着。 此処まで来れば一安心。 暫しお休みと思っておりましたら、スズメバチが一匹徘徊していたので、10分程で急遽撤退。
  • ヒメウツギ
  • ウラシマソウ(葉が一枚)
  • 橋がかけ替えられておりました。 整備されている方、ありがとうございます。
  • 登山道入り口民家まで下りてまいりました。
  • 駐車場に無事到着。 30分程ストレッチ、体に来てます来てます。 お疲れ様でした。 なお、本日の布団敷きは嫁に戦力外通知しました。
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、非常食、テーピングテープ
この山行で使った山道具
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2020年12月1日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!