登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
GWの丹沢山 丹沢山(関東)
img

記録したユーザー

登登路 さん
  • 日程

    2018年5月5日(土)

  • パーティ

    3人 (登登路 さん 、けんじ さん 、のぶゆき さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:県道70号線を通り塩水橋付近の駐車スペース。5台がMAXですが、道路沿いを含め20台ほどは駐車可能。

  • 天候

    晴れ
    [2018年05月05日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

塩水橋(05:16)・・・本谷林道出合(05:41)・・・天王寺峠(05:56)・・・天王寺尾根分岐(07:57)・・・丹沢山(08:23)・・・天王寺尾根分岐(09:50)・・・雨量観測所(10:30)・・・塩水橋(11:45)

総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約1,507m
下り:約1,507m
コースタイム 標準:6時間20分
自己:6時間29分
コースタイム倍率 1.02
5月5日はこどもの日です。ゴールデンウィークでどこも激混みで行く気がおきませんが、どこへも行かないのは何だか寂しいので割と近く?の丹沢へ久しぶりに行ってきました。
一緒に行った友人が次のお仕事と言うこともあり、渋滞する前に帰ろうと言うスケジュールです。
大山・二ノ塔・三ノ塔・行者ヶ岳・新大日・塔ノ岳・鍋割山・檜洞丸と言ったところには行ったこともあるのですが、丹沢山そのものには行ったことがなく、今回最短ルートと呼ばれる(?)コースでの山行を計画しました。
お天気はとてもよく、気温も20℃超。予報では風が1500m地点で13mとあったので危惧していたのですが、全然そんなことはなく、体感的には山頂までの間で3mほどで、山頂でも5m程度に感じました。歩いていて心地いい感じです。

道標もあちこにあって、登山道もよく整備され、木製の階段が多いのが印象です。
川の音を聞きながら歩けるのも丹沢の素敵なところですね。

で、失敗その1。
山頂で食べようとコンビニで買った昼食やちょっとした行動食や飲料水を車に置き忘れて登ってしまいました。ガーン。取りに戻ろうかとも思いましたがムリ。すでに登り出してから1時間弱のところで気が付いたので(なんか少しザックが軽いことに気づく)、来た道を戻り、また登るモチベーションはなーい。ただ、私の場合は常に予備食(ソイジョイとか飲むゼリー系のスポーツ版)や飲み水+調理用としての水2ℓを別途持ち歩いているので、それで良いかとの考えもあり山頂へ。それだけでも満足できたのと、ショートコースでもあったので結局は問題ありませんでした。
いつも無駄に持って行きすぎているのですよね。

失敗その2は、アクションカメラのジャイロ機能がOFFになっていた。
あとで動画を見てみたらブレブレで見ていて酔いそう。

そんなこんなでしたが、自然の中を歩けて、日の光を浴びれて満足です。
次の日、筋肉痛にもなれましたし。(イテテテ....)

山では、ダラダラしたり、水遊びしたりしても11:45には下山できました。
そして、帰り道、駐車スペースからの道路がやばい。
車1台しか通れないような道にも関わらず、登ってくる車やバイクが多数。
自転車も多く、一番危険なところはこの道路でした。ホント車とのすれ違いはバックしたり、ほんの気持ち程度のすれ違いポイントでギリギリですれ違いをしながら対向車線のある道路に出た時は安心しましたね。事故らなくてよかったぁ~。
14:00頃には地元付近へ到着しお風呂とくら寿司でご飯食べて帰宅できたので、GWの道路渋滞に巻き込まれなくてよかったです。去年は6時間くらいハマましたので。
次回はどこ行こうかなぁ~。。

登山中の画像
登山画像
駐車場付近の道標。ここから6.6kmもあります。し…
登山画像
分岐の橋です。ここから左のルートで行きました。
登山画像
しばーらくアスファルトの林道なんです。アスフ…
登山画像
川の傍を歩くので、川の音を聞きながら・・癒さ…
登山画像
丹沢山まで4.9km!アスファルトの道とはここでさ…
登山画像
300mほど進んだ。あと4.3km。
登山画像
あと3.1km
登山画像
17分ほど進んだら残り2.9kmになった。200mしか進…
登山画像
緑の木々が良い色合いです。
登山画像
来ました。木製の階段ポイント。山頂までこれが…
登山画像
かなり歩きやすいです。
登山画像
あと1.2kmのところまできました。
登山画像
あの蚊帳のようなものは何でしょう??
登山画像
ようやく眺望の良い景色に出会えました!
登山画像
あと200m。道標が近代化してる。読みやすい。何…
登山画像
丹沢山の山頂です。かなり開けているので、大人…
登山画像
山頂から富士山が見えました。
登山画像
山頂にある「みやま山荘」さんです。
登山画像
みやま山荘さんをズームアウト。
登山画像
このコース唯一の鎖。鎖が新しい。
登山画像
下山ルートの分岐です。ここは来た道とは別のル…
登山画像
あれ、どうやってここまで運ばれて来たんだろう…
登山画像
この雨量観測所小屋の横にショートカットできる…
登山画像
川場はいい。
登山画像
冷たっ。まだ水が冷たすぎましたが、足がすっき…
登山画像
丹沢ってあちこにこう言うのがあるんですよね。
登山画像
みてみて!下山したら道路脇にこんなに車が・・…
登山画像
塩水橋なんですが、あたりは車だらけ。私はこの…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、カップ
この山行で使った山道具
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登登路さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

登登路 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2018年10月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」
着たままでも快適へ。マーモット「ウールラップ」 マーモットから発売の「ウールラップ」。独自構造の中綿で行動中も快適ゾーンへ。ペイバックキャンペーンも実施中!
NEW 『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ
『山と溪谷』シェラカップ販売のお知らせ 『山と溪谷』1000号を記念したオリジナルシェラカップ2種類を、10月10日正午から販売中。詳しくはこちらで。
NEW ひざの悩みにメディカルサポーター
ひざの悩みにメディカルサポーター 薄く、フィットして、ズレにくい。高機能な「フェイタス(R)メディカルサポーター」の秘密とは? モニター5名募集!
NEW 透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す!
透湿値が高いと評判のレインウェアを雨の山で試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。透湿地が高いミレーの「ティフォン50000」上下を雨の岩菅山でテスト!
NEW 小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す
小林千穂さん、オーダーメイドインソールを試す 山岳ライターの小林千穂さんが、オーダーメイドでインソールを成形し、穂高岳の山行で試しました。果たしてその使用感は?
NEW 平成最後の紅葉シーズン幕開けです!
平成最後の紅葉シーズン幕開けです! 山は紅葉シーズン目前! ことしはどんな紅葉の山に行く? 全国の紅葉登山の名所と、紅葉の見頃時期を、ヤマケイオンラインでチ...
NEW 女性専用ヘルメットのフィールドレポート
女性専用ヘルメットのフィールドレポート 女性のために設計され、カラーも豊富なravinaのヘルメットを、ライター山畑理絵さんが妙義山の岩場で使ってみました
NEW 「カントリーマアム」は行動食の優等生
「カントリーマアム」は行動食の優等生 しっとりさっくりで食べやすい、行動食の定番「カントリーマアム」。登山の行動食に適した理由を探りました
NEW 隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介!
隠れた山岳県・福島。ふくしまの山旅をご紹介! 飯豊山、安達太良山、会津駒など、百名山7座を抱える山岳県、福島の山の魅力を紹介します。写真コンテストも開催中!
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山
気軽に楽しめるけど、意外と手強い筑波山 「東の筑波、西の富士」と称えられる茨城のシンボル、筑波山。春夏秋冬・東西南北、いつでも・どこからでも楽しめる山。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山
ファミリーでも楽しめる日本百名山、日光白根山 迫力ある岩峰、神秘的な色の五色沼、高山植物の宝庫――。日光白根山はさまざまなルートから登れ、レベルに応じて楽しめる。