登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
鷹ノ巣山 メタボ隊限界日帰り山行 メタボ登山2018 鷹ノ巣山 六つ石山(関東)
img

記録したユーザー

野良耕筰 さん

この登山記録の行程

奥多摩駅BS0(6:27)・・・(6:52)東日原BS(07:00)・・・(7:07)登山口(7:10)・・・(7:19)巳の戸橋(07:22)・・・(8:30)稲村岩のコル(08:44)・・・(11:37)ヒルメシ食いのタワ(11:50)・・・(12:50)鷹ノ巣山(13:30)・・・水根分岐(13:50)・・・(15:25)六つ石山(15:40)・・・(16:08)トオノクボ(16:18)・・・(17:53)六つ石登山口(18:05)・・・水根入口(18:15)・・・(18:25)奥多摩湖BS(18:57)・・・(19:14)奥多摩駅BS

総距離 約12.4km 累積標高差 上り:約1,495m
下り:約1,575m
コースタイム 標準:6時間35分
自己:9時間50分
コースタイム倍率 1.49
長文につきPCの方が良いかと・・・・

私は稲村岩のコルで紫煙を燻らし(実際はタバコアレルギーなので妄想)考えた「ここは御岳平と同じくらいの標高じゃないか。一年半前なら無雪期登山の高さ。ここがメタボ隊の徒歩限界体力か」。兎角、登山の最初は気が重い(体も重いけど)。

稲村岩尾根の急坂を登りながら前を見るピークらしき山影。登れども・・登れども・・ヒルメシ食いのタワには着かず。じっと、腹のぜい肉越しに地図を見る。

野良耕作は「鷹ノ巣山は幻だ」と言った。

さて本題に・・・
メタボ隊は遂に「奥多摩激坂一番の稲村岩尾根」に挑戦して、「奥多摩激坂三番のハンノキ尾根(本仁田山も同率三番?)」を下山してきました。山中の時間を考えると「無事に下山」とは言い難いのですが(準遭難?)。ウソピークの連続に高水三山の10倍は心が折れました。途中の木々も折れていました。

急坂の連続は写真を見てください。

バス停~稲村岩のコルまで。
道が細い(メタボ隊には)。ザックのひっかけ転落に注意。稲村岩の下では今の時期は落石に特に注意(落石に遭遇しました)。沢を離れる(南向きになる)とコルまで急坂の細道。メタボ隊の体力のホトンドを使いました。

稲村岩のコル~ヒルメシ食いのタワ。
ここからは精神力が試されます。急勾配は少ないのですが(十カ所くらい?!)とにかく足にキビシイ角度の坂道が続きます。時々角度が緩やかになりますが全行程が坂また坂の連続(山だから当たり前!)です。奇妙な木が沢山あったので、次回の時は目印にしたいと思います(今は行きたくないけど紅葉時期が・・)。嘘ピークの連続で心がズタズタなった頃に「ヒルメシ食いのタワ」に着きました。眺めが良くない(紅葉がキレイそう)休憩!

最終アタック!鷹ノ巣山へ。
今までの傾斜より少しきつくなりました。メタボ隊には一番苦手な角度(坂は全部苦手ですが・・)。今まで以上の小休止をしながら鷹ノ巣山へ。ちなみに介護係の子はタワから山頂まで30分。メタボ隊本体は70分!若さって羨ましい・・じゃなくてメタボが駄目なのですよね。

鷹ノ巣山の山頂。
予定時間70分遅れ登頂。避難ルートの稲村岩尾根戻り時間なのですが。天候・気温も予想より良くヘッドランプ&予備電池もあるので変更なし(最大遅れ予想範囲内と六つ石からダムコースは昨年登った経験あり)。稲村岩尾根を戻るのは危ない(&絶対膝に来る)と判断したのが一番の理由。
山頂では虫が少し飛んでいたが気になるほどでもない(動画に移り込みあり)。富士山は雲のように空に同化していたが、大岳・御前・三頭山はよく見えました。小学校低学年くらいの子供達がいる!尊敬! 昼食休憩40分。山の春は山頂は離れたくない気にさせる。

鷹ノ巣山~六つ石山へ。(カラサワの頭付近の斜度に注意!)
水根山を越え六つ石山へ発進。遠方には大岳山が見えるキツイ下りだが楽しい。水根山の標識を見落とし(介護係の写真拝借)。気候の所為なのか注意力散漫なのか。城山も見落とし・・巻道か。カラサワの頭(見つからず)の辺りで急激な坂。予習していたより険しく長いので十分注意して降りる(写真参照)。難所はここが最後だった気がする。下りると孔雀の木?がある。将門馬場は巻道。少し下がり、また登るとかなり日が傾いた六つ石山の山頂。しばし長めの休憩。この辺りで水が少なくなる。水PET600mlが2本と250mlが1本。ポット500と250mlアイス珈琲砂糖塩入り。あとPET250ml水のみ。PET麦茶600mlも入れたはずがザック内で迷子!忘れたのか!!下山後に発見。

六つ石山~トオノクボへ。
本格的に下山開始!日没までに登山口に着きたい。防火帯の尾根部分を快適に進み25分でトオノクボ着。ヤマケイタイムと同じ!奇跡だ。小休止した、カロメタイプの行動食を摂取&水分補給。残り200ml弱。

トオノクボ~登山口。そしてJR奥多摩駅へ。
標識30-020近くのプルートの木を目標に下山。次は馬酔木の風の神土の祠。ここまでは順調に下りてきたが、水根産土神社までの間(長いこと長いこと)で右膝に痛み発生。登山口まで痛い!何とか明るいうちに(日没:18:25)に到着。小河内ダムの見える防火水槽(コンクリの水槽?)で道に大の字になり休憩。疲れた!奥多摩湖BSへ。途中でタオルを落としたと思い来た道を登山口まで早足で戻る。ナント!逆走で右膝痛は雲散霧消。下りで痛めた足は、登りで回復するの???18:57分の奥多摩湖発(当たりは完全に夜。満月?が綺麗でした)でJR奥多摩駅へ。苦しく辛く楽しい一日が終了。介護の子は予定時間最長で「ブンむくれ」しました。すまん!

反省:足の爪が長いまま長時間山行はひどい事になります。

追伸
御岳山の新緑はこれから楽しめます。岩石園の緑もキレイになりますので、ぜひ「岩石園の大猿」を撮影してみてください。名前はまだ無い???「ゴリたま君」かな。「みんなの写真館」の中の「奥多摩写真館」に雪の中の「う~(ウルトラマン?)」や「緑の大猿」の姿を投稿しています参考にしてください。

登山中の画像
登山画像
0603 奥多摩駅BS 始発待ち
登山画像
0658 東日原BS トイレ男女別
登山画像
0701D 八重桜の下で元気な還暦2名
登山画像
0704 稲村岩が歓迎 日本晴れ!
登山画像
0706 第一釣り人発見!
登山画像
0710 この看板から入山
登山画像
0718 最初は下り。折角、登ったのに!バスだけ…
登山画像
0719 巳の戸橋 ここが一番低い所
登山画像
0720 渓流に第一釣り人確認。流石に速い!
登山画像
0724 標識20-020 橋を渡った所
登山画像
0734 標識20-030 日原BS方向は危険と柱の裏に…
登山画像
0743 最初の休憩地 岩に近づくと危険!!!
登山画像
0753 沢を何度か渡る だんだん傾斜がきつくなる
登山画像
0754 稲村岩から落石!30秒前は歩いていた場…
登山画像
0801 標識20-040 これから傾斜がきつくなった!
登山画像
0802 沢沿いを行く
登山画像
0805 これから更に急坂!稲村岩のコルまで
登山画像
0805-1 メタボ隊には激坂。御岳山のバス停から…
登山画像
0811 逆Lの木 上からは見えません。
登山画像
0824 倒木のデカいの。コルまであと少し!
登山画像
0830 稲村岩のコル。約850m、メタボ隊は午前中…
登山画像
0843 標識20-060 稲村岩のコル
登山画像
0845 振り向けば稲村岩尾根の壁!ヒエ~~!!!
登山画像
0845D 稲村岩尾根!取り付きから苦行
登山画像
0852 ただ登る。コルまでの急坂は無いが・・・
登山画像
0920 時々緩くなる。クマが幼虫を食べた跡??…
登山画像
0936 振り向くとミッドッケ?
登山画像
0940 また緩くなるが登り。日陰があり休憩。
登山画像
1025 それでも登る。心はL字型に折れそう・・
登山画像
1028 なんで登る?亀の気分。木も寝てるのに
登山画像
1031 時々面白い木に出会う。日光中禅寺にもあ…
登山画像
1039-1 こぶとり爺さんのほこら?雷の直撃に注…
登山画像
1052 まだまだ登る。流石、奥多摩激坂No.1
登山画像
1137 やった見えた!鷹ノ巣山
登山画像
1139K ヒルメシ食いのタワ。休憩&休憩。途中も…
登山画像
1151 ファイナルアタック!でもすぐ休憩した。
登山画像
1157 途中で振り返ると北側の山並がイイね!
登山画像
1210D 解放された若人の登頂時間
登山画像
1237 メタボ隊、登頂前に心が折れた。この木と…
登山画像
1247 山頂が見えた!
登山画像
1247-1 この人達全員はメタボ隊を追い抜いて行…
登山画像
1248 山頂に来ると。疲れが吹っ飛ぶね。大岳山…
登山画像
1321-2 鷹ノ巣山親子隊。三角点の石は山岳部が…
登山画像
1324 メタボ隊。三角点タッチ!この時、エスケ…
登山画像
1324-1 日陰名栗山方向
登山画像
1325 三頭山方向。右側に薄く富士山!雲じゃナ…
登山画像
1329 下山開始
登山画像
1329K 鷹ノ巣山のタカを撮影!ごみじゃないよ!…
登山画像
1330K 名残の鷹ノ巣山山頂!次は・・・無理!
登山画像
1331 石尾根防火帯を下山。下りもキツイ!
登山画像
1337K なんか人だかりが?
登山画像
1338 山桜満開 でした
登山画像
1340 芽吹きの時期で木々の隙間から景色堪能
登山画像
1346 水根山?でしょか
登山画像
1349 標識26-080 水根山分岐
登山画像
1350 少し登ります
登山画像
1350D 水根山
登山画像
1400 振返り。防火帯下り
登山画像
1408 倒木の切通し!
登山画像
1418 楽しい尾根道
登山画像
1430 城山を過ぎてしまった?
登山画像
1431 岡本太郎 太陽の塔の中の生命の木?
登山画像
1433 激下り突入。城山~将門馬場の中間。カラ…
登山画像
1434 激下り開始!
登山画像
1435D 激下り終了間近の地点(+5分が正しい時間)
登山画像
1441 誰が呼んだか「孔雀の木?」。
登山画像
1446 将門馬場の一寸?手前
登山画像
1519 六つ石山分岐
登山画像
1525 六つ石山でこの西日の角度はチョッとヤバ…
登山画像
1530 六つ石山。大岳山頂碑も同じになるのかな?
登山画像
1546 下り開始。紅葉は六つ石か七つ石か?両方…
登山画像
1608 トオノクボ到着
登山画像
1608-1 標識30-030 行動食を摂取!
登山画像
1618 トオノクボ発進!
登山画像
1625 プルートの木
登山画像
1625D 標識30-020
登山画像
1652 風の神土祠。これを過ぎてから右膝が痛く…
登山画像
1739 水根産土神社。やっと着きました。
登山画像
1744 標識30-010
登山画像
1752 やっと下界に降りて来た。
登山画像
1804 コンクリ水槽から小河内ダム。道に大の字…
登山画像
1805 満開の花を見ながらバス停へ。此処へ下か…
登山画像
1854 小河内ダムに満月。時間も体力もギリギリ…
登山画像
1913 奥多摩駅BS到着。ほぼ満員でした。
登山画像
1920 青梅行き乗車。山行計画の最終電車には間…
登山画像
9999 「白い大猿」 雪で白くなっていた「う~…
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

野良耕筰さんの登山記録についてコメントする
  • mura3 さん
    いつもながら、レコおもしろいです~

  • 野良耕筰 さん
    mura3様 コメントありがとうございます。
     いつも長い文章になりすみません。

    安全第一の山行なので、今回は約11時間でした。
    ヤマケイタイムで「1.5倍」は同行の若者には
    チョッと酷でした。

    次は雲取山を予定しています。前回は台風でした。
    今回は春の晴れた雲取山を希望してます。
    (26日、Windy.comだと微妙な空模様です)

    狛犬目的の山行も楽しそうですね。
    武蔵御嶽神社も沢山鎮座しています。
    これからもよろしくお願いします。
    (メタボ隊は熊鈴鳴らしてうるさいですよ)

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

野良耕筰 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年4月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く
パタゴニア「キャプリーン」 進化の歴史を紐解く パタゴニアの「キャプリーン」が進化した。1985年の登場以来、進化を続けてきたベースレイヤー。その歴史を紐解く!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
NEW 安定して歩ける! マムートのザックとシューズ
安定して歩ける! マムートのザックとシューズ マムートから新登場の「トリオン・スパイン50」と「デュカンHIGH GTX」。ライター村石太郎さんが使用感をレポート!
NEW 高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方
高尾の自然解説員に聞く、デイパックの使い方 グレゴリーのテクニカルデイパック「ナノ」。その使い勝手を高尾ビジターセンターに勤める自然解説員の梅田由花さんに聞きました...
NEW ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ
ライター高橋庄太郎さんが6アイテムをインプレ この春注目の6つのアイテムを、山岳ライター高橋庄太郎さんがフィールドテスト! 雑誌『ワンダーフォーゲル』連動企画掲載!
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア
連載「山MONO語り」。今月は最新雪山歩行ギア 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月は「スノープラック」という新しいブランドの雪山歩行ギアを、蓼科山でテスト!
カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
NEW 「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!