登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
コマクサが見ごろです! 硫黄岳・横岳・赤岳・権現岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

yasuhiro さん
  • 日程

    2018年7月13日(金)~2018年7月15日(日)

  • 利用した登山口

    美濃戸  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:美濃戸の赤岳山荘までマイカー

  • 天候

    三日とも晴れ、午後はガスがかかる

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(05:00)・・・堰堤広場(06:00)・・・赤岳鉱泉(07:10)[休憩 30分]・・・赤岩ノ頭(09:20)[休憩 20分]・・・硫黄岳(10:00)[休憩 150分]・・・大ダルミ(13:00)

【2日目】
大ダルミ(04:00)・・・横岳(05:00)[休憩 150分]・・・赤岳天望荘(08:40)・・・赤岳(09:30)[休憩 60分]・・・キレット小屋(12:00)[休憩 60分]・・・権現岳(15:00)

【3日目】
権現岳(07:30)・・・キレット小屋(09:00)[休憩 60分]・・・行者小屋(13:20)[休憩 10分]・・・美濃戸(15:00)

総距離 約20.3km 累積標高差 上り:約2,607m
下り:約2,607m
コースタイム 標準:16時間45分
自己:17時間30分
コースタイム倍率 1.04
稜線のコマクサが見ごろになった八ヶ岳に登りました。コマクサの群生地は横岳とツルネにありますが、どちらもとても綺麗に咲いていました。硫黄岳山荘の周辺や赤岳でも咲いていました。今回は写真を撮りながらの山歩きなので、余裕をもった計画を立てました。

登山の前日、茅野市では大雨が降りました。美濃戸口から美濃戸までの林道では、車が立ち往生するほど道が荒れていました。私の前の車は時々動けなくなり、私が押してあげることもありました。北沢の登山道も、ところどころ水が川のようになっている場所がありました。赤岳鉱泉から上は水は引いていましたが濁流が流れた痕のようになっている場所がありました。ただ、大きな支障はありません。出かけたのは世間が3連休になる前日でしたが、「赤岩の頭」には思ったより人がいました。硫黄岳の山頂もたくさんの人。今回は時間があったので、硫黄岳の噴火口を端まで歩いてみましたが、奥のほうから見ると一段と迫力がありました。
「硫黄岳山荘」にも結構人がいました。テラスではビールを飲んでいる人がいましたが、午後になってガスが出てくると少し寒くなって来ました。この日は横岳にあるコマクサの群生地まで往復しました。ガレ場の中にたくさんのコマクサが咲いていまして、とても綺麗でした。白いコマクサもありました。夕方が近づくにつれ気温がどんどん下がり、最後は手が氷のように冷たくなるほどの寒さでした。

硫黄岳山荘はとても雰囲気のよい小屋でした。スタッフは皆明るく親切で、山小屋でこのようなもてなしを受けるとは思っていませんでした。私は利用しませんでしたが有料のシャワーもあり、好評を博していました。
翌日は午前4時前に出発。横岳からご来光を見たいと思っていました。出発時は雲海の向こうがかすかに焼けていましたが、まだヘッドライトが必要、ソフトシェルと手袋も必要。風が冷たく、寒いです。この時点で山荘にはガスがかかりだしまして、たぶん山荘からはご来光は見えなかったのではないかと思います。コマクサの群生地を超えた、「台座の頭」からご来光を拝むことができました。硫黄岳や硫黄岳山荘からは見えない富士山が、ここまで来るとよく見えます。その左方向の雲海のかなたから、すばらしい日の出を見ることができました。

そうしてダラダラしているうちに後から来た人に追い抜かれるようになりました。横岳山頂あたりからは赤岳方面からも続々とやってきて、いつの間にかたくさんの人がいます。赤岳にも、たくさんの人がいました。山頂の標は記念撮影の場所の取り合い。午前9時半、さすが3連休。

赤岳山頂で朝食を摂って休んだら文三郎へ下り、「竜頭峰分岐」からキレットのほうへ向かいます。ほどなく「真教寺尾根分岐」に到達すると、標高差460mを一気に下るキレットです。急な岩場を超えると巨大な岩棚があり、それをトラバースした先に梯子があり、その下にはどこまでも続く急斜面のルンゼ。ここがきついです。下りですが結構きつい。
キレットの底には「キレット小屋」があります。実はこの日はここに泊まりたかったのですが、満員で予約が取れませんでした。なのでここから275mの権現岳への切りかえし。ほどなく「ツルネ」に到達します。ここにもコマクサの群生地があります。ガレ場の無機質な岩場が鮮やかなピンクで彩られ、とても綺麗です。知らなかった人も誰もが足を止め、しばし見入ります。

ツルネから先は起伏に飛んでいて、結構きついです。山頂は通りませんが旭岳の手前は長い急斜面。それを超えると稜線の向こうにゲンジー梯子が見えてきます。
傍から見ると傾斜はそんなでもありませんが、実際に登ってみると垂直の感じ。20m、60段ですからビルの5階くらいになりましょうか。上下で声を掛け合い、道を譲りながら行き来しています。
それを超えるとすぐに権現岳とギボシのコルに到達します。左に行くと三つ頭、右は編笠山。権現岳山頂も今夜泊まる「権現小屋」もここからすぐです。

権現小屋は、傾いているんです。経営ではありませんよ、建物が傾いているんです。中の柱は補強してあるので倒壊することはないのでしょうが、柱とランプの角度が違っていて、ちょっと不思議な感覚。入り口の奥にコタツが三つあり、食事はそこで摂ります。寝室は2階。この日は16人泊まりましたが満員で、とびこみで入ってきた人は一階のコタツで寝ることになりました。元気なおにいちゃんが一人で切り盛りしていて、夕食はおかわり自由のカレー。食事にそれなりのこだわりがある昨今の山小屋ですが、やはり昔ながらのカレーも悪くないですよ。
この日も午後はガスがかかり肌寒かったですが、日の入り近くには東ギボシの脇が夕焼けに染まりだしました。はるか眼下、編笠山のふもとに青年小屋が見えます。テントがたくさん張ってあるようです。夕日が雲の向こうに沈んでから小屋に戻ると、ランプに灯が灯っています。これぞ山小屋、という雰囲気。

翌朝、小屋の入り口脇にかけてある寒暖計によると、8℃。普通に寒いです。空は見事に茜に染まっています。元気者の数人がギボシに上って行きます。私は近くの見晴らしのいい場所に大急ぎで向かいます。先着の数人に混じって陣を張ると、赤岳の向こうから見事な太陽が昇り始めたところ。雲海の向こうが黄金に輝き、そのずっと右方向には富士山。今朝も荘厳な朝のひと時を過ごすことができました。

午前7時過ぎに権現岳を出発。この時間ですが権現岳山頂にはひっきりなしに人がいました。今日はキレットを赤岳に戻り、行者小屋に下りる予定です。すでにゲンジー梯子は数人が待っています。ツルネではこの日も時間を取って、たくさんの写真を撮りました。

その後、例のルンゼはきつかったですが特に問題もなく、午後3時に美濃戸の赤岳山荘まで下山いたしました。ここから美濃戸までの林道は登ってくる車がたくさんいまして、すれ違いが大変でした。
美濃戸口の八ヶ岳山荘には救急車が到着していまして、ちょっと物々しい雰囲気でした。皆さんも登山中の事故や怪我、そして熱中症には十分ご注意下さい。ただし稜線の上は寒さ対策も重要ですよ。

コマクサの花期は長いので、しばらく楽しめるのではないでしょうか。硫黄岳から下りた山荘の手前と、台座の頭に到達したあたりに白いコマクサが咲いています。白ですが黄色を帯びた清楚な色合いで、とても美しいですよ。

登山中の画像
登山画像
午前5時に出発。昨晩はかなり雨が降ったようで、…
登山画像
北沢の登山道は、水があふれ川のようになってい…
登山画像
小屋の向こうでキャンプが二張り。昨日硫黄岳か…
登山画像
硫黄岳にとっかかると急斜面ゆえ水はありません…
登山画像
ただ、大きな支障はありません。
登山画像
硫黄岳山頂には、結構たくさんの人がいました。
登山画像
この日は時間があったので、山頂の噴火口の端ま…
登山画像
天気はよかったですが、雲が目立ちます。
登山画像
硫黄岳山荘のテラスにはたくさんの人が休んでい…
登山画像
横岳のコマクサの群生地では、コマクサが見ごろ…
登山画像
大同心を背景に、ガレ場をピンク色に彩っていま…
登山画像
ふたたび硫黄岳山荘に戻り、周辺をブラブラしま…
登山画像
山荘周辺にもたくさんのコマクサが咲いています…
登山画像
ここに泊まるのは初めて。スタッフ全員とても親…
登山画像
翌朝は午前4時前に出発。ソフトシェルと手袋が…
登山画像
振り返ると、いつしかガスが湧いてきて小屋が隠…
登山画像
「台座の頭」でご来光を待ちました。雲海の上に…
登山画像
雲海の向こうから、すばらしいご来光を拝めまし…
登山画像
昨日はガスであたりが暗かったので、再度コマク…
登山画像
朝露に濡れたコマクサは、まるで宝石のようです。
登山画像
おもむろに横岳山頂に到着。富士山がよく見えま…
登山画像
チンタラしているうちに、人が追いついてきて、…
登山画像
三叉峰。雲海がすごいです。歩いて向こうまで行…
登山画像
ウルップソウ。だいぶ終わりに近い感じです。ウ…
登山画像
石尊峰。どの峰にもたくさんの人がいます。
登山画像
富士山と赤岳、お馴染みの風景が見えてきました。
登山画像
赤岳には午前9時半に到着。すごい人で、山頂の…
登山画像
休憩したら文三郎道のほうに降り、竜頭峰分岐か…
登山画像
こちらは竜頭峰から見た文三郎道。
登山画像
ミヤマキンバイ。どこに行っても咲いていました。
登山画像
ハクサンイチゲ。こちらもたくさん咲いています。
登山画像
すさまじい急斜面がずっと下まで続いています。
登山画像
キレット小屋。実はこの日はここに泊まりたかっ…
登山画像
それをしばらく行くと「ツルネ」に到達します。…
登山画像
ツルネから先は起伏があります。旭岳の手前は急…
登山画像
梯子は60段、高さは20mあります。上下で声を掛け…
登山画像
権現小屋は年期の入ったプレハブ作りのような建…
登山画像
小屋の柱は傾いています。ランプと角度が違うの…
登山画像
宿に荷物を置いたら権現岳まで行ってみました。
登山画像
山頂は巨大な岩です。上に乗っているポッチは人…
登山画像
こちらは佐久穂方面。八ヶ岳は富士山と背比べを…
登山画像
浅間様の本体はコノハナサクヤヒメ、権現様はイ…
登山画像
権現岳山頂のすぐ下には、「桧峰神社」の祠が建…
登山画像
ミネウスユキソウが咲いていました。エーデルワ…
登山画像
夕暮れにはガスがかかってきましたが、日の入り…
登山画像
翌朝の気温は、8℃でした。普通に寒いです。下界…
登山画像
ご来光を拝むために、元気のある数人が東ギボシ…
登山画像
寒さの中、小屋の中の大半の人がご来光を拝めて…
登山画像
権現岳と富士山。かつて争いをした両者は、今で…
登山画像
今日も雲海がすごいです。
登山画像
南アルプス。
登山画像
中央アルプス。
登山画像
御嶽山。
登山画像
乗鞍。
登山画像
北アルプスの穂高~大キレット~槍ヶ岳
登山画像
北アルプスの立山方向。
登山画像
ギボシに登っていた人たちも戻ってきました。5…
登山画像
今日もすごくいい天気です。
登山画像
この時間ですが、すでにたくさんの人が登ってき…
登山画像
帰りもここを通ります。高さ的にはビルの5階に…
登山画像
ツルネ。
登山画像
赤岳とコマクサのツーショット。
登山画像
ここから見る赤岳は迫力あります。大天狗と小天…
登山画像
「青ナギ」が見えます。阿弥陀岳の南稜です。青…
登山画像
ここから見る赤岳は異国的でもあります。
登山画像
キレットの底まで来ました。いよいよここから460…
登山画像
キレットを登り始めてまもなくの場所。はてしな…
登山画像
それを突破したところにある岩棚。梯子で岩棚の…
登山画像
キレットを突破し、文三郎道に入ります。まだ先…
登山画像
行者小屋ではたくさんのテント…
登山画像
そしてたくさんの人。
登山画像
午後3時に無事下山。ここから美濃戸口までの林…
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yasuhiroさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道に積雪はありません。日没が早くなっているので早めの行動をお願いします
    20年11月26日(木)
    高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    国道299号線の麦草峠は11/19より冬期通行止め。登山道に積雪はありませんが凍結に注意してください
    20年11月24日(火)
  • 北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイの営業時間は9時~16時、11/24からは点検運休となります。時間的に無理のない登山計画で入山を
    20年11月19日(木)
    オーレン小屋 ~硫黄岳・夏沢峠
    オーレン小屋
    今シーズンの営業は10月31日泊まで。先日の雪が、途中の森林限界付近、日陰のところなどに残って凍っています
    20年10月30日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yasuhiro さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨のち曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年11月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...