登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
新穂高温泉から雲ノ平へ(双六〜三俣蓮華岳〜鷲羽岳〜水晶岳〜雲ノ平〜黒部五郎岳)ー縦走3泊4日 三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳・祖父岳・黒部五郎岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

take-san さん
  • 日程

    2018年8月12日(日)~2018年8月15日(水)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:藤沢の自宅を2:00出発。新穂高温泉無料駐車場一杯の為、鍋平の無料駐車場へ。しかしここも一杯。仕方なく登山者専用1日¥300の駐車場へ3泊の為¥1200を払う。
    此処から山道を新穂高センター迄歩く。約35分

  • 天候

    1日目:曇り後霧、2日目:曇り後霧時々雨、3日目:晴れ後霧時々雨、4日目:晴れ後時々雨
    [2018年08月12日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(06:55)・・・笠新道登山口(07:55)・・・わさび平小屋(08:05)[休憩 10分]・・・小池新道登山口(08:33)・・・秩父沢出合(09:25)[休憩 10分]・・・シシウドが原(11:09)・・・鏡平山荘(12:13)[休憩 20分]・・・弓折乗越(13:53)[休憩 10分]・・・双六小屋(15:20)

【2日目】
双六小屋(05:45)・・・三俣蓮華岳(07:37)[休憩 5分]・・・三俣山荘(08:22)[休憩 10分]・・・鷲羽岳(09:45)[休憩 5分]・・・ワリモ北分岐(10:33)・・・水晶岳(黒岳)(11:35)[休憩 10分]・・・水晶小屋(12:08)[休憩 5分]・・・ワリモ北分岐(12:35)・・・岩苔乗越(12:44)・・・祖父岳(13:31)・・・祖父岳分岐(13:44)[休憩 5分]・・・雲ノ平キャンプ場分岐(14:26)・・・雲ノ平(14:41)

【3日目】
雲ノ平(05:37)・・・雲ノ平キャンプ場分岐(05:55)・・・祖父岳分岐(06:23)・・・徒渉点(07:33)[休憩 10分]・・・三俣山荘(08:15)[休憩 20分]・・・巻道合流点(09:35)・・・黒部五郎小舎(10:18)[休憩 10分]・・・黒部五郎岳(中ノ俣岳)(12:25)[休憩 15分]・・・黒部五郎小舎(13:41)[休憩 20分]・・・巻道合流点(15:14)・・・双六小屋(17:18)

【4日目】
双六小屋(08:17)・・・弓折乗越(09:29)[休憩 10分]・・・鏡平山荘(09:55)[休憩 15分]・・・シシウドが原(10:35)・・・秩父沢出合(11:31)・・・小池新道登山口(12:04)・・・わさび平小屋(12:25)[休憩 15分]・・・笠新道登山口(12:45)・・・新穂高温泉(13:32)

総距離 約59.6km 累積標高差 上り:約5,162m
下り:約5,162m
コースタイム 標準:34時間13分
自己:30時間52分
コースタイム倍率 0.90
8/12日(日):新穂高センターで登山届を出し出発。此処からは、槍ヶ岳方面、双六方面、笠ヶ岳方面に別れる。かなり人が多い中、登山届を出し7時出発。
天気は曇りで山方面はガスに覆われていた。
左俣林道をひたすら歩き、途中の笠新道を過ぎたらわさび平小屋に到着、かなりの人が休憩していたが、盆休みなので当たり前と思ってたらビックリ、途中の山道、行く先々の休憩場所に溢れ返って追抜きも下山人のすれ違いもままならない状態、年配の団体さんが数多く遅い。
有名な鏡平山荘手前の鏡池に着いたのが12時丁度でコースタイムは予定通り(標高差1200m)ガスで逆さ槍何処か向の槍.穂高連峰すら見えない、残念。2559m迄高度を上げやっと弓折乗越に出た。途中霧雨もあり汗で蒸れ蒸れ、此処からは稜線、少し涼しい風も吹いて快適だが重いザックが肩に刺さる。
遥か遠くに双六小屋が見え、約1時間遅れの16時25分に双六小屋に到着、予定は三俣山荘テン泊だったが、疲れ果て、ここでテン泊する事にし、受付で1張1名で申込み¥1000を払い、凄い数のカラフルテントの隙間に今夜の寝床を作ってくつろいだ。夕飯を食べて直ぐに雨が降り出し、雷も鳴り夜中はダウンジャケットを着ていても寒かったし、隣のイビキがうるさくて中々寝付けなかった。朝も3時頃から廻りが騒がしく、最近は遠慮する人が少なくなって来たような気がする。

8/13日(月):5時頃起きサブザックに荷物を詰め込み5時45分出発。天気は昨日同様曇り、ガス、霧雨。
途中「三俣蓮華岳」に7時40分に往復経由し、三俣山荘に8時20分に到着、休憩後ガスで全容が見えない「鷲羽岳」の途中、伊藤新道、湯俣を望み急登をひたすら登り9時40分に「鷲羽岳」登頂。
ワリモ岳を経てワリモ北分岐から水晶小屋~「水晶岳」11時35分登頂。やはり廻りの視界0、水晶小屋で昼食を食べようとザックの中を見て愕然、調理器具はあるが食材を忘れて来た。ガッカリ。幸い菓子パン1個はあったので助かった。
ここから温泉沢ノ頭を超え高天原温泉~雲ノ平~三俣山荘での宿泊の予定を変更して、雲ノ平山荘に決めた。ワリモ北分岐に戻り岩苔乗越~祖父岳~祖父岳分岐を雲ノ平山荘方面に、ここからは人も少なく視界が開けて来て木道が敷いてありロケーションがバッチリ、途中スイス庭園を見て雲ノ平山荘に14時40分に到着。素泊り宿泊¥6000、只、この日は客が多く1布団2名の案内が、1番端から2番目の番号に案内されたが、どう見ても”梁”が出っ張っていて隣に来られても無理でしょう。先客の隣の人も多分来ないよ、と行っていたら最後まで誰も来なかったので良かった。周り人と山談義に花咲かせ其々の山情報を交換した。それにしても雨の影響もあり宿泊客が70名以上居た。
夕食は中々空かなかったテーブルでカップ麺¥300とビール¥600を買い寂しく食べた。
夜、イベントで先代の伊藤正一氏の「開拓歴史のスライドショー上映会」がここのご主人の次男、伊藤二郎氏の朗読で開催された。
中々歴史を感じる話も上手で良かったです。

8月14日(火):矢張り3時頃からガサガサゴソゴソうるさい!
団体の関西弁おばさんはヒソヒソ話じゃなく普通に話して笑ってどういう神経しているのやら?
パンを買い食べながら6時頃出発、天気は晴れ、笠ヶ岳と薬師岳が良く見える。この旅始めての感動!
日本庭園付近から太陽が眩しい、正面の景色は昨日登った鷲羽岳、三俣蓮華岳、右に今日の目標黒部五郎岳、奥に槍.穂高連峰、 が良く見え第一雪田、第二雪田を超えると一気に急な下り坂になり黒部川源流の谷に降りる。
コースを外れ「最初の一滴」を探すも見当たらずとりあえず沢水で顔を洗い、喉を潤し又急登を登り返すと三俣山荘に8時過ぎ頃到着。ここでカップ麺を食べ、三俣蓮華岳の巻道分岐を目指す。
黒部五郎小舎への長い下り坂を降りてる時、正面の黒部五郎岳にガスが、嫌な予感。一気に高度を330m下げ、11時30分に黒部五郎小舎に到着、小休止後再びカールコースを登り返すと矢張り天気が悪くなり時々雨が降り出し、これ又急登高度490mを登りきりやっとのことで12時25分「黒部五郎岳」に 登頂、今回3つ目の百名山も悉くガスで遮られ残念でした。
頂上付近を雷鳥を2回目撃しました。天候が悪い分、ラッキーでした。
急いで黒部五郎小舎迄降り13時40分、昼食のカレー(何と味噌汁付)¥1000を食べ巻道分岐迄長い長い登りを経て2667m地点に出る15時50分、ここから双六岳目指し急ぐが廻りはガスガスで行き交う人の少ない。途中の中道稜線分岐からの双六岳を目指し登るも途中で集中豪雨に見舞われもう少しの所で断念、中道稜線分岐まで戻り中道を中道分岐〜双六小屋17時18分に無事双六小屋に到着。沢山の人で賑わいMy tentに着き一安心、超ハードなUPdownの激しい一日でした。

8月15日(水);今朝も早くから廻りがうるさく5時前に起床。晴れている。ラッキー!5時20分頃の御来光を拝み雨具とテントを乾かし(仕切りロープで)ゆっくり朝食を食べ8時20分笠ヶ岳に向け出発。途中の槍.穂高連峰、北鎌尾根が美しく見え感動。それにしても20Kgのザックが重い!何とか弓折乗越まで登り9時30分、疲れがピークを迎えたので「笠ヶ岳」は断念。後は降るのみ、9時55分、鏡平山荘に到着、鏡池にザックを置き山荘でカキ氷(レモン)¥500を食べ鏡池で逆さ槍を撮り下山。
秩父沢辺りから雨が降りわさび平小屋を超えたあたりでどしゃ降りになり13:32分に新穂高センター到着。此処から鍋平迄歩く元気が無いのでロープウェイで¥400+¥100(荷物)鍋平駐車場着。
その後近くの「ひがくの湯」で立ち寄り湯¥700と食事をして帰宅。
*ひがくの湯:https://www.okuhida.or.jp/archives/1704

登山中の画像
登山画像
新穂高センターここで登山届と下山届を出す。
登山画像
傘新道入口
登山画像
わさび平小屋
登山画像
双六小屋
登山画像
三俣蓮華岳 2841m
登山画像
三俣山荘
登山画像
鷲羽岳 2924m
登山画像
水晶岳 2986m
登山画像
ワリモ北分岐
登山画像
祖父岳山頂
登山画像
祖父岳分岐
登山画像
スイス庭園
登山画像
雲ノ平山荘とキャンプ場との分岐
登山画像
黒部五郎岳
登山画像
雲ノ平山荘
登山画像
日本庭園付近
登山画像
黒部五郎小舎
登山画像
雷鳥
登山画像
黒部五郎岳山頂
登山画像
黒部五郎岳山頂
登山画像
雷鳥
登山画像
振り返り双六小屋と鷲羽岳
登山画像
槍ヶ岳、穂高連峰方面
登山画像
下に鏡平山荘
登山画像
わさび平小屋のトマトとリンゴとスイカ。美味し…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、テント、シュラフ、テントマット、燃料、ライター、カップ、コッヘル、ローソク・ランタン
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

take-sanさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    12月になって気温がぐっと下がりました。山荘周辺の積雪は20㎝ほどです。
    19年12月07日(土)
    笠ヶ岳山荘~笠ヶ岳
    笠ヶ岳山荘
    笠ヶ岳山荘は2019シーズンの営業を終了しています。冬期期間は2~3人用の冬期小屋を解放
    19年11月01日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

take-san さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!