登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
2018秋・黒部源流を巡る 三俣蓮華岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

タイゾー さん
  • 日程

    2018年10月13日(土)~2018年10月15日(月)

  • 利用した登山口

    新穂高温泉  

  • パーティ

    3人 (タイゾー さん 、ほか2名 )

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前日に平湯温泉で仮眠し翌日4時に新穂高へ移動

  • 天候

    1日目晴れ後曇り、2日目曇りのち晴れ強風、3日目曇り
    [2018年10月13日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
新穂高温泉(04:45)・・・笠新道登山口(05:45)・・・わさび平小屋(06:05)[休憩 10分]・・・小池新道登山口(06:35)・・・秩父沢出合(07:20)[休憩 10分]・・・シシウドが原(08:50)[休憩 15分]・・・鏡平山荘(10:05)[休憩 25分]・・・弓折乗越(11:45)[休憩 20分]・・・双六小屋(13:10)

【2日目】
双六小屋(04:50)・・・双六岳(06:15)[休憩 5分]・・・三俣蓮華岳(07:25)[休憩 10分]・・・三俣山荘(08:20)[休憩 50分]・・・鷲羽岳(10:20)[休憩 5分]・・・ワリモ北分岐(11:20)・・・岩苔乗越(11:30)・・・徒渉点(12:20)[休憩 10分]・・・三俣山荘(13:15)[休憩 40分]・・・双六小屋(16:00)

【3日目】
双六小屋(04:40)・・・弓折乗越(05:30)[休憩 5分]・・・鏡平山荘(06:20)[休憩 20分]・・・シシウドが原(07:50)・・・秩父沢出合(08:40)[休憩 10分]・・・小池新道登山口(09:30)・・・わさび平小屋(09:50)[休憩 15分]・・・笠新道登山口(10:20)・・・新穂高温泉(10:40)

総距離 約39.3km 累積標高差 上り:約3,515m
下り:約3,515m
コースタイム 標準:21時間30分
自己:21時間25分
コースタイム倍率 1.00
当初9月末に予定していた山行ですが、相次ぐ台風の影響で小屋閉め前のこの時期になってしまいました。
12日は平湯温泉の「穂高荘倶楽部」で仮眠伯。13日4時に新穂高温泉に車で向かい登山者用無料駐車場に駐車。星が良く見えており好天の期待が膨らむ。
駐車場の混雑を危惧していたがかなり空きがあって予定より早く5時前に登山口を出発。ワサビ平小池新道と順調に歩を進める。紅葉はワサビ平からシシウドヶ原のあたりが見頃といった感じ。槍・穂の稜線を眺めつつ弓折乗越の急登もクリアし双六小屋のテント場へ。13時過ぎにテント場到着。このころから雲も出て気温が下がりとても寒くなってきた。ビールで乾杯と行きたいところだったが熱燗に変更。夜は満天の星空で翌日の好天を期待したが朝起きてみるとガスの中。予定を30分遅らせ5時前に出発、双六の頂上はガスに加え強烈な風、体感温度は完全に氷点下。晴れていれば快適な稜線歩きのところを強風に吹かれながら三俣蓮華へ。このころから少しづつガスが切れてくる。三俣山荘で美味しいコーヒーにケーキを食べながら外を眺めていると鷲羽岳の山頂が見え始めたため予定通り鷲羽へ向けて進むことにする。徐々に雲は切れて360度の素晴らしい眺めが広がる。しかし相変わらず風が強く長居はせずに先へ進む。ワリモ岳では岩陰に荷物をおろしゆっくりと景色を楽しんだ。ワリモ岳は山頂が登山道から外れておりマイナーな感じではあるが眺めがよく好きな場所の一つです。岩苔乗越から黒部源流に下るが源流付近で友人とはぐれそうになり焦った。気をつけなければいけないと肝に銘ずる。もう一度三俣山荘に寄ってジビエカレーを頂いた。レトルトだが鹿肉は適度な歯ごたえがありとても美味しかった。個人的には下山後に新穂高で食べたカレーより良かったように思う。双六へ戻る途中で少し雪が降って気温も下がって翌朝にはマイナス5℃と冷え込んだ。モンベルの♯5のシュラフではダウンジャケットを着込んでも寒くて目が覚めた。
最終日は霜柱を踏みしめて稜線へ。槍・穂が見えておりご来光を期待したが直前で雲がかかり日の出を拝むことは出来なかった。鏡平では昨日までの強風は嘘のように無風で何度か来たことがあるがこんなに綺麗に鏡池に映る逆さ槍を見たのは初めてだった。小池新道の下りは無風で静寂の中、紅葉を楽しみつつ下山した。
年内はこれが最後の山行です。今年は春の八ヶ岳・夏の大キレット・今回の黒部源流と充実した山行が楽しめました。50を過ぎて年々体力の衰えを感じてますが、冬の間にしっかり鍛えて来春の山行に備えたいと思います。

登山中の画像
登山画像
ワサビ平小屋 外トイレがきれいに改築されてま…
登山画像
秩父沢出合 このあたりの紅葉が見頃でした。
登山画像
シシウドヶ原
登山画像
鏡平山荘から
登山画像
弓折乗越から
登山画像
弓折乗越から鏡平を俯瞰する
登山画像
三俣蓮華岳 このころはまだガスのなかで風も強…
登山画像
三俣山荘にて ケーキセットとジビエカレーを頂…
登山画像
三俣山荘にて 小屋のスタッフもとても感じが良…
登山画像
鷲羽岳から鷲羽池を望む
登山画像
鷲羽岳山頂にて 強風で体感温度は氷点下、写真…
登山画像
ワリモ岳から黒部五郎を望む
登山画像
黒部源流 
登山画像
鏡池にて この日は風もなく槍ヶ岳が綺麗に映り…
登山画像
下山中 小池新道入口付近から抜戸方面名前はわ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

タイゾーさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 西穂山荘 ~西穂高岳
    西穂山荘
    積雪100〜140cm。ロープウェイから山荘までのルートの一部が冬コースに
    19年01月16日(水)
    燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    年末年始は1月6日まで営業。12/29まで厳しい天気の予想。視界不良の際は赤旗を頼りに登ってください
    18年12月28日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

タイゾー さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は?
あなたの登山靴にあったインソール、靴下は? 今回は「ハイキング」、「岩稜・雪山」などアクティビティごとに登山靴、靴下、インソールの組み合わせをご紹介!
NEW 特集スノーシュー 厳選エリアガイド
特集スノーシュー 厳選エリアガイド 雪原や林間を楽しむスノーシュー。「どこでできるの?」の疑問に答える、各地のスノーシューエリアと関連施設を紹介!
NEW 冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す!
冬向けソフトシェルパンツを岩の山で試す! 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマムートの冬向けソフトシェルパンツを岩場のある乾徳山でチェック!
NEW 冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
NEW 2019年に登るべき山、大集合!
2019年に登るべき山、大集合! 新元号が始まる2019年、今年はどんな山に登ろうかと計画している人――、標高の山、干支「猪」の山など大集合!
冬季営業の山小屋をご紹介!
冬季営業の山小屋をご紹介! 冬季の山小屋営業情報をピックアップ! 冬山を楽しみたい登山者のみなさま、ぜひご利用ください!
富士登山についてのアンケート
富士登山についてのアンケート 富士登山についてアンケートのお願いです。抽選で富士山グッズをプレゼント! 富士山未経験の方もぜひご参加ください。
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう!
雪山の学び場、八ヶ岳へ行こう! 初級者から上級者まで、バラエティに飛んだ雪山登山を楽しめる八ヶ岳。しっかり冬山装備を整えて、雪山の魅力を堪能してほしい。
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模や迫力は元祖アルプスには遠く及ばないものの、アルプスらしさが楽しいご当地アルプスの魅力
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山
JR青梅線の駅から行く奥多摩エリアの山 都心と奥多摩を結ぶJR青梅線に乗って駅を降りれば、そこはもう登山口、駅から登って駅から帰れる、魅力たっぷりの山を紹介!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
冬でも元気いっぱい! 高尾山は楽しい
冬でも元気いっぱい! 高尾山は楽しい 冬になっても高尾山は楽しみいっぱい! シモバシラ、ダイヤモンド富士、夜景――、1年中いつでも楽しめます!