登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
向山から三頭山へ 秋の忘れ物探し 三頭山・向山(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん
  • 日程

    2018年11月10日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:登山口に駐車スペース有り。
    駐車台数10台ほど。(無料)
    登山口駐車場にトイレ有り。
    最寄りバス停は余沢バス停となります。

  • 天候

    晴れ、午後から曇り 風弱し 山頂気温18℃

この登山記録の行程

余沢(7:30)・・・向山(8:50)・・・向山分岐(9:54)・・・神楽入ノ峰(10:44)・・・三頭山(11:18)・・・鶴峠分岐(11:41-12:00)・・・向山分岐(13:08)・・・向山(13:57-14:20)・・・余沢(15:11)


総距離 約14.4km 累積標高差 上り:約1,474m
下り:約1,471m
三頭山のブナも落葉してしまったようですが未だブナ・ナラ類の黄色の紅葉が残っていないものかと山梨県側の向山経由で三頭山に秋の忘れ物探しに出かけました。

向山周辺もブナなどの自然林が多い場所となりますが、此方もブナ類は略落葉しておりましたが一部に紅葉の残るものが有りました。
また、向山から分岐まで全般的にもみじの紅葉が観られ、特に向山山頂付近は綺麗な感じでした。
登山道は踏み跡も明瞭で、比較的新しい道標や階段も有り、整備はされているようです。なお、特に危険箇所は有りませんでした。

三頭山マイナールートなので、鶴峠ルートとの分岐までは誰にも会いませんでした。
鶴峠から登られる方も少ないので、三頭山を静かに登りたい方には良いかもしれません。
(鶴峠バス停で降りられた方は、ほぼ奈良倉山方面に向かわれたとのお話お聞きしました。)
なお、バスご利用の方は余沢バス停は本数少なく微妙な時間となりますので、東京側に抜けるのが宜しいかと思われます。

時折吹く風に、はらはらと舞い降りる葉に秋の終わりを・・・  と言うのは嘘で、大きなホオの葉がバサバサバサと落ちる音が森に響き、少しドキドキしてましたが無事下山致しました。

ご注意!向山の展望台跡の有る山頂は登山道上に有るのでは無く、登山道のそれらしい踏み跡の有る分岐から往復することとなります。
また、山頂は広く自由に歩き回れますので、登ってきた場所を忘れないようにして下さい。

使用GPSログ:Huawei P9 liteスマホ + ジオグラフィカ

登山中の画像
  • オマキ平(向山)ハイキングコース駐車場に車を止め出発です。
  • 右手の道に進みます。手前の小屋はトイレとなります。
  • 入り口付近に看板が埋もれていました。
  • 車道を5分ほどで、登山口入り口です。
  • 朝靄の植林帯を登ります。 ハイキングコースなので、つづら折れですが急登では有りません。
  • 高度800mほどになりますとカラマツなども有る自然林となります。なお、この先地理院地図で見ますと南西側にもルートが有ったようですが実際は通行止めとなっております。
  • ハイキングコースとして整備された頃の名残のようです。
  • ツツジが咲いておりました。
  • 丁度、山陰から日が差し込み、待望の黄金色に輝く木々が観られました。
  • 最盛期は山全体が黄金色となっていたことでしょう。
  • 本日の念願が叶いました。
  • この黄色い葉は何?
  • ウリハダカエデと木に表されておりました。
  • 向山山頂に到着。頂上には木製の展望台が有りますが老朽化のため、登ることは出来ません。
  • 周辺はもみじの紅葉が綺麗でした。
  • 久々に陽の光射し込む道を歩きます。気持ちの良いものです。
  • 途中に白沢集落分岐が有ります。
  • 自撮りしてみました。
  • 比較的最近に整備されたようで、階段箇所も有ります。
  • 鶴峠と合流。この辺りまでが未だ紅葉が楽しめる様でした。
  • 小焼山の小ピーク。
  • 三頭山との分岐地点。三頭山を反時計回りで進みます。
  • 全て落葉しております。
  • 未だ葉の残る木々も時折吹く風に、はらはらと舞い降りてきます。
  • 神楽入ノ峰。この手前から少し急登で三頭山までアップダウンを繰り返します。
  • 途中の小ピークから富士山を眺望。道々木々の間から見えておりましたが雲がかかりガスも上がってきているようです。
  • 三頭山山頂に到着。完全にガスの中となってしまいました。山頂は大勢で賑わい此処でお昼も何ですから先に進みます。
  • イヨ山方面もすっかり落葉しております。
  • 鶴峠との分岐点に到着。此処でお昼としました。 午後は曇りがちで、雨雲らしき雲も見えておりました。
  • 鶴峠方面は未だ紅葉が楽しめます。
  • 向山分岐に到着。
  • 分岐周辺の紅葉の様子。
  • 向山方面に戻ります。
  • 午後は曇ってしまいました。
  • 向山まで戻ってまいりました。暫し周辺を探索。東屋も有ります。
  • ウリハダカエデ
  • 下山開始です。
  • 倒木に注意。
  • 登山口まで下りて来ました。
  • 車が一台増えていました。今日は私とこの方だけかな?
  • 駐車場に到着。おつかれさまでした。
  • 駐車場の紅葉が一番綺麗とは言わないこととしましょう。奥多摩湖湖畔や鳩ノ巣渓谷も紅葉の見頃のようです。
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月4日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活!
パタゴニア 化繊インサレーションの名品が復活! パタゴニアの「DASパーカ」が4年ぶりに復活。アルパインクライマーの横山勝丘さんが立山・龍王岳での使用感を語る!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!