登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
雲取山 (関東)
img

記録したユーザー

ayama さん

この登山記録の行程

【1日目】
鴨沢(09:25)・・・小袖乗越(09:50)・・・堂所(11:10)[休憩 10分]・・・七ツ石小屋(12:10)[休憩 30分]・・・七ツ石山(13:05)[休憩 10分]・・・ブナ坂(13:25)[休憩 10分]・・・雲取奥多摩小屋(14:00)

【2日目】
雲取奥多摩小屋(06:00)・・・小雲取山(06:30)・・・雲取山(06:50)[休憩 10分]・・・小雲取山(07:10)・・・雲取奥多摩小屋(07:25)[休憩 50分]・・・ブナ坂(08:35)・・・堂所(09:35)・・・小袖乗越(10:25)・・・鴨沢(10:50)

総距離 約22.1km 累積標高差 上り:約2,180m
下り:約2,180m
コースタイム 標準:8時間55分
自己:7時間25分
コースタイム倍率 0.83
2017年の出だしに標高2017.1mの雲取山に行って来ました。
鴨沢から歩き出すと直ぐに奥多摩湖の西岸を見下ろすが、見える範囲は凍っています。
小袖駐車場過ぎの登山口から先は積雪があり日陰は凍結しているので注意が必要。
七つ石小屋の水場は凍結して使用不可であるが、その先の沢筋の水場は水が流れている。
七つ石山からは積雪が増えたためアイゼンを装着したが、
ブナ坂からの先は積雪も少ない為、アイゼンは取り外して行動。
翌日はアイゼンを付けて早朝に雲取山へ出発。
雲取山山頂は積雪も多く、日の出の時間と重なり多くの山屋がカメラで待ち構えていた。

登山中の画像
  • 9:00鴨沢バス停に到着
  • 奥多摩湖西岸は凍結
  • 小袖駐車場先の登山口
  • 七つ石小屋
  • 沢筋の水場
  • 気温はマイナスでも日差しは暖かい
  • 雲取山山頂
  • 七つ石のエスケープルートには 約3m程度のアイスキャンディ
  • 鴨沢からのバス(奥09)の時間が少し開くので、隣の留浦(奥11)まで歩いた
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ayamaさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 東京都奥多摩ビジターセンター ~奥多摩
    東京都奥多摩ビジターセンター
    標高の高い所や北面に凍結あり軽アイゼンの用意を。館内工事で利用制限中(トイレ使用不可)
    20年02月21日(金)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    先週後半は暖かい日が続き、春のようなモヤのかかった日が続きました。雲取山へは6本爪以上のアイゼン必要
    20年02月19日(水)
  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    先週よりも雪は融けて少なくなりました。凍結箇所があるので、アイゼン必携です。
    20年02月18日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ayama さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年2月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ