登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
20190406鷹ノ巣山(稲村岩尾根・石尾根) 日帰り 鷹ノ巣山(関東)
img

記録したユーザー

リンサン さん
  • 日程

    2019年4月6日(土)

  • 利用した登山口

    東日原   奥多摩駅  

  • パーティ

    2人 (リンサン さん 、高橋 さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:奥多摩駅までマイカー、駅前の有料駐車場に5時半着
    6:27始発の東日原行で登山口に

  • 天候

    晴れ、春霞で遠方までは望めず
    [2019年04月06日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

<実際>
東日原(06:55)・・・稲村岩のコル(07:50)[休憩 20分;稲村岩の著中まで往復を含む]・・・鷹ノ巣山(10:30)[休憩 50分]・・・縦走路分岐・・・水根山・・・城山(11:55)・・・六ツ石山分岐(12:40)[休憩 15分;六ッ石山の往復を含む]・・・三ノ木戸山分岐(13:25)・・・羽黒三田神社(14:55)・・・奥多摩駅(15:20)

<計画>
東日原(07:00)・・・稲村岩のコル(07:55)・・・鷹ノ巣山(10:05)・・・縦走路分岐(10:30)・・・水根山(10:35)・・・六ツ石山分岐(11:45)・・・三ノ木戸山分岐(12:25)・・・奥多摩駅(13:55)

日帰り温泉
もえぎの湯:TEL0428-82-7770(780円、~19:00)

総距離 約14.7km 累積標高差 上り:約1,483m
下り:約1,752m
コースタイム 標準:6時間55分
自己:7時間
コースタイム倍率 1.01
4月の奥多摩を侮っていました。ヒルメシクイノタワ辺りから鷹ノ巣山頂までの北斜面の登山道は溶けかけたアイスバーンと雪道でした。アイスバーンは軽アイゼンを持って行かなかったので、恐る恐る滑らないように何とか登りました。準備不足を反省です。

稲村岩には途中まで行きましたが、未熟と小心で途中でやめました。次回は。。。
稲村岩からの奥多摩三大急登の稲村尾根はアップダウンの尾根道ではなく、ズーと登りばかりの尾根道でした。そして最後にアイスバーンと雪道には参りました。

山頂からは南側の山々(大岳山、御前山、三頭山他)が望めましたが、更にその遠方は春霞でぼやーとした感じでした。

帰路の石尾根は黙々と下る長い道でした。三ノ木戸山を通過して、下山できるようです。三ノ木戸山過ぎの工事現場で道を外れてしまい、工事現場の林道を少し下りてしまいました。が、引き返して、下山道に戻り、羽黒三田神社を経由して、ほぼ予定の時間(休憩を除く)で、奥多摩駅に戻りました。

登山中の画像
登山画像
稲村岩と続く尾根
登山画像
中日原過ぎの登山口
登山画像
稲村岩の看板。かつては左側に「稲村岩」の記載…
登山画像
変木1
登山画像
変木2(恐竜?)
登山画像
稲村尾根から鷹ノ巣山:斜面の白は氷か雪
登山画像
鷹ノ巣山山頂
登山画像
三頭山(違っていたら、お教えください。他の山…
登山画像
御前山
登山画像
大岳山
登山画像
石尾根から振り返って鷹ノ巣山
登山画像
城山(?)
登山画像
六ッ石山山頂
登山画像
六ッ石山からの鷹ノ巣山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

リンサンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

リンサン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年12月15日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
NEW 安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート!
安達太良山の紅葉と源泉見学 レポート! 福島県内からの3組の読者と、紅葉の安達太良山へ。山麓の岳温泉や二本松市の観光スポットもチェック!
NEW 1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン
1000フィルパワー&雨・濡れに強いダウン マーモット「1000イーズダウンジャケット」は、撥水加工を施した羽毛で、雪や汗、濡れに強く、保温力の高い一着!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
NEW 山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由
山岳ガイドが冬期登山でゴアテックスを選ぶ理由 ゴアテックスのハードシェルは過酷な冬季登山でいちばん信頼がおける、と話す山岳ガイドの加藤直之さんに、その理由を聞いた
NEW 汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」
汎用性高く快適な寝袋! 連載「山MONO語り」 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載は、シートゥサミット「アセントACⅠ」をテスト。快適な寝心地の秘密とは…。
NEW 伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー
伸縮素材で動きやすい!高機能ミッドレイヤー コロンビア独自の保温機能「オムニヒート」を搭載したアイテムの中から「サンタフェパークフーディ」をご紹介!
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!