登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
20190407 生藤山・醍醐丸・市道山・臼杵山 三国山・生藤山・茅丸・連行峰・醍醐丸・市道山・臼杵山(関東)
img

記録したユーザー

mc22161 さん
  • 日程

    2019年4月7日(日)

  • 利用した登山口

    元郷  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:<往路>
    JR 上野原駅 (08:06) →富士急バス→ (08:30) 井戸

    <復路>
    元郷 (15:47 頃) →西東京バス→ (16:07 頃) JR 武蔵五日市駅(増発便)

  • 天候

    晴れのち曇り一時小雨
    [2019年04月07日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

井戸バス停(08:31)・・・車道分岐(08:36)・・・軍刀利神社(08:53)・・・軍刀利神社分岐(09:43)・・・三国山(09:50)[休憩 5分]・・・生藤山(09:59)・・・連行峰(10:29)・・・山の神(10:52)・・・醍醐丸(11:22)[休憩 8分]・・・市道山(12:40)[休憩 8分]・・・臼杵山(14:11)[休憩 5分]・・・元郷(15:39)

総距離 約14.3km 累積標高差 上り:約1,507m
下り:約1,689m
コースタイム 標準:7時間30分
自己:6時間42分
コースタイム倍率 0.89
コース定数:34

適当な強度の尾根歩きを楽しみたいということで、距離と上り累積標高差から今回のコースを選んだ。井戸から市道山までは概ね想定通りのコースだったが、市道山から元郷までは急勾配区間が長く、予想外に消耗することとなった。

<井戸~三国山>
井戸行きのバスには十数人の登山客が乗っていたが、自分以外全員が終点の1つ手前の石楯尾神社前で降りてしまった。こちらからも三国山方面に登れるようである。自分は予定通り終点井戸で下車した。井戸バス停には工事現場にあるような仮設トイレがあり、水道もあった。バス停から集落を奥のほうに歩いていくと、黒田川が狭まって車道が谷の反対側に曲がっていく。ここから谷の上流に歩いていく。舗装された普通自動車が1台ようやく走れる程度の車道をしばらく上っていくと、軍刀利(ぐんだり)神社である。ここから先は未舗装となる。奥の院で車道幅の道は終わり、登山道となる。人工林の中に九十九折りの道が続く。大きな倒木があり道がふさがれている箇所があったが、迂回する踏み跡が出来ている。倒木のすぐ先に南北への分岐がある。どちらを経由しても三国山に行けるが今回は南側を選ぶ。稜線にでると、佐野川峠方面からの道と合流する。軍刀利神社からここまで誰とも会わなかったが、稜線上では前後に登山者が見える。合流点から三国山まではすぐである。三国山の南から東へ向かう巻き道があるが、ここは頂上に向かう。三国山は名前の通り、山梨県、神奈川県、東京都の三都県境である。

<三国山~生藤山~茅丸~醍醐丸>
東京都と神奈川県の境界となっている尾根で、首都圏自然歩道となっている。良く整備されていて、登山者も比較的多かった。生藤山・茅丸・醍醐丸の西にあるピークには巻き道があるが、今回はピークを通っている。醍醐丸の西にあるピークを通る登山道はヤマケイオンラインの登山地図には記載がなく、南側の巻き道を通ったように描かれている。茅丸(1019m)は今回のコースの最高地点である。山ノ神~大ゾウリ山付近の自然林はなかなか美しかった。

<醍醐丸~市道山>
比較的勾配が穏やかで、植生も自然林が中心で、今回一番楽しく歩けた区間である。醍醐丸から刈寄山方面の分岐まで特に目印となるようなものもなかったが、飽きることなくあることができた。744m峰の先辺りからか登山道の西側に未舗装車道と思われる道があったが、地理院地図には記載がない。造成したばかりにも見えた。

<市道山~臼杵山>
市道山のすぐ北で笹平方面の道が分岐する。この先は木の根や岩が露出した急坂が何ヵ所かにあり、手を使わないと歩けない箇所もあった。基本的に尾根沿いなので道が解らなくなることはなかったが、踏み跡がはっきりしない箇所もある。鞍部の標高は630m程であり、臼杵山(842m)への登り返しは200m以上になる。計画段階ではあまり意識していなかったが、醍醐丸(867m)と標高は大差ない。人工林が多く、細尾根の区間を除き展望もあまりないため、黙々と歩き続けた。市道山付近で1組3人と出会って以降、元郷まで他の登山者とは会わなかった。

<臼杵山~元郷>
後は下りるだけということで、気楽な気持ちで臼杵山を後にした。臼杵山は双耳峰であり、先の頂上の標識があるのは南峰である。一旦下って北峰に上る手前で荷田子方面への道が分岐する。北峰の上でも荷田子方面への道が分岐する。北峰には臼杵神社がある。ここから先元郷まで500m以上下ることになるのだが、とにかく勾配が急で、一歩一歩足元を確認しながら進む箇所が多くなる。ロープが張ってある箇所もある。特に後半の人工林の中は根が露出している箇所も多く、躓かない様に注意深く進んだ。臼杵山から元郷までのコースタイムは50分だが、自分は結局80分以上を要した。疲労のせいもあるかもしれないが、根本的に技術が足りないのかもしれない。コースタイムの設定が厳しすぎる気もする。元郷バス停横には商店があり、飲み物の自動販売機がある。

登山中の画像
登山画像
井戸バス停、トイレと水道あり
登山画像
ここで県道を離れ、右手の沢沿いを登っていく
登山画像
軍刀利(ぐんだり)神社の鳥居
登山画像
軍刀利神社の鳥居と石段、自分は左手の舗装路を…
登山画像
舗装路は砂防ダムの手前で途絶え、右手前に未舗…
登山画像
九十九折りの未舗装路、なおこの手前が神社の本殿
登山画像
奥の院遠景、奥の院の左奥から登山道が始まる
登山画像
登山道、人工林が続く
登山画像
登山道をふさぐ倒木、迂回する踏み跡があった
登山画像
分岐、どちらからでも三国山に行けるが今回は右…
登山画像
登山道、稜線が見えてきた、この稜線は山梨県と…
登山画像
尾根道との分岐点
登山画像
登山道、良く整備されている
登山画像
三国山手前の巻き道との分岐点
登山画像
三国山頂上、山梨県・神奈川県・東京都の三都県境
登山画像
三国山頂上
登山画像
生藤山の手前の巻き道との分岐点
登山画像
登山道、生藤山への登り
登山画像
生藤山山頂
登山画像
生藤山山頂
登山画像
茅丸の手前の巻き道との分岐点
登山画像
茅丸山頂、今回の最高地点
登山画像
登山道、自然林の中を行く
登山画像
連行峰、ここから下っていく
登山画像
登山道、自然林の中を行く
登山画像
山の神
登山画像
醍醐丸の西にあるピークの手前の巻き道との分岐点
登山画像
醍醐丸の手前の巻き道との分岐点
登山画像
登山道
登山画像
醍醐丸山頂
登山画像
登山道、自然林の中を行く
登山画像
登山道、自然林の中を行く、左下に車道が見える
登山画像
刈寄山方面分岐
登山画像
市道山山頂
登山画像
笹平方面分岐
登山画像
登山道
登山画像
地理院地図の749m峰は石津窪山というらしい
登山画像
登山道、写真で見るとはっきりしないが、踏み跡…
登山画像
臼杵山山頂
登山画像
臼杵山山頂
登山画像
荷田子方面分岐1
登山画像
荷田子方面分岐2
登山画像
臼杵神社
登山画像
電波塔1
登山画像
電波塔1付近から東を望む
登山画像
登山道
登山画像
電波塔2
登山画像
登山道
登山画像
元郷登山口、集落の建物の間に出る
登山画像
元郷バス停
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

mc22161さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

mc22161 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー最上級モデル モニターレポート
カリマー最上級モデル モニターレポート 冬の栂海新道、八ヶ岳のバリエーションルートで使用した永山さんのモニターレポート。ウェアもバックパックも高評価!
NEW 神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう
神戸の背後に広がる山々。六甲山へ行こう 気軽なハイキングを楽しむのもよし、本格派な登山やクライミングを楽しむのもよし。六甲山ならではの魅力を味わおう。
NEW 紅葉写真コンテスト2019結果発表!
紅葉写真コンテスト2019結果発表! 紅葉写真コンテストに沢山のご応募をありがとうございました。216の応募写真から受賞作品が決定!!
NEW 長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ
長野県佐久地域で夢のアウトドアライフ 晴天率が高く、便利で暮らしやすいという佐久地域。移住を実現した方々や地域の魅力を紹介。移住セミナーも開催します!
NEW ギミック満載の防寒帽/山MONO語り
ギミック満載の防寒帽/山MONO語り 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載、今月はアウトドアリサーチの冬仕様の帽子を滝子山でチェック!
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅の提案です。
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル
750mlサイズ新登場!サーモスの山専用ボトル 「もうちょっと」の声に応えた「ちょうどいい容量」の山専ボトル。「萩原編集長」の活用術もご紹介!
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
春を見つける・感じる山、早春ハイキング
春を見つける・感じる山、早春ハイキング この時期にいち早く春を感じる山を6つ紹介。いち早く花開く場所、陽だまりと海と空を感じる場所など、春を満喫できる場所へ