登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
東京 VOL.5 御前山(関東)
img

記録したユーザー

たかじゅん さん
  • 日程

    2019年4月20日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:圏央道の「日の出IC」で下りて、国道411号線(滝山街道)を北上し、県道45号線(吉野街道)に入り、多摩川沿いに西に登って行くと「小河内ダム」でできた「奥多摩湖」に着きます。大麦代トンネルを抜けると左手に100台近く駐車可能な「大麦代駐車場」(無料)に着きます。トイレは有りますが自販機は有りません。「日の出IC」から約34km・50分です。

  • 天候

    曇り後晴れ、軽風

この登山記録の行程

大麦代駐車場(05:50)・・・サス沢山山頂(06:55)・・・惣岳山山頂(08:00)・・・御前山山頂(08:15)・・・クロノ尾山山頂(08:55)・・・鞘口山山頂(09:10)・・・大ダワ峠(09:35)・・・鋸山山頂(09:55)・・・天地山三角点(10:10)・・・愛宕神社2.5km道標(10:25)・・・天聖神社・天狗像(10:55)・・・愛宕山山頂(11:30)・・・JR青梅線「奥多摩駅」(11:50)


総距離 約12.8km 累積標高差 上り:約1,330m
下り:約1,521m
奥多摩三山とは、東京都の奥多摩山域にある、多摩川南岸の大岳山、御前山、三頭山です。
「御前山」の山頂付近は「カタクリ」の自生地で有名で、この時期だけは瞬間的に混雑します。
奥多摩湖の小河内ダムを渡り、奥多摩三大急登ではないですが、5本の指には入る急登で
有名な「大ブナ尾根」から入山しました。しかし、「カタクリ」の葉は一面に出ているのですが
花はまばらで、花弁がまだ反り返ってない状態でした。それでも、春の奥多摩の峰々を縦走
するのが目的だったので、ぐるーっと回り、これまた急登で有名な「鋸尾根」で下山しました。
「大ブナ尾根」の急登は「惣岳山」までで、人が言うほど急登を感じない登りやすい尾根です。
早朝に入山したので、「鋸山」まではほとんど人に会わない静かな山旅で、小ピークを越えて
アップダウンを繰り返す楽しい道です。山道は人気の奥多摩なので非常に整備されています。
「大ダワ峠」から登り返して「鋸山」に入ると、時間の影響もあっていきなり登山者が増えます。
「鋸山」山頂に午前10時だったので、「鋸尾根」を下って行くと、JR「奥多摩駅」からの多くの
老若男女や外国人の登山者とちょうどいいタイミングですれ違います。やはり人気の山です。
「大ブナ尾根」も「鋸尾根」も距離や勾配は似ていますが、同じ景色が続く「大ブナ尾根」より
「鋸尾根」の方が色々と景色が変わり、変化に富んでいるので、飽きのこない楽しい道です。
最後は「愛宕神社」の鳥居をくぐり、「愛宕山」を抜けて下山し、JR「奥多摩駅」に着きました。
さすがに、お昼のJR「奥多摩」は静かです。空いているバスに乗って奥多摩湖に戻りました。
その後、奥多摩湖の先で、日帰り温泉もある「丹下堂」で「シカ肉定食」を食べて帰りました。

登山中の画像
登山画像
奥多摩湖の大麦代駐車場で0セットです
登山画像
奥多摩湖の小河内ダムを対岸に渡ります
登山画像
桜が咲く公園の階段から入山します
登山画像
奥多摩でも5本の指に入る急登の「大ブナ尾根」…
登山画像
急登とはいっても登りやすい道です
登山画像
ガンガン登って行きますがあまりきつさを感じま…
登山画像
休憩するところの無い急登が続きます
登山画像
サス沢山山頂 406m
登山画像
「サス沢山展望台」からですが朝曇りの状態です
登山画像
再び「大ブナ尾根」をガンガン登って行きます
登山画像
「カタクリ」満開はまだこれからのようです
登山画像
こんな岩場も登山の中には必要です
登山画像
朝日が差してきました
登山画像
惣岳山山頂 806m
登山画像
「惣岳山」からは植生保護の核心部になります
登山画像
「御前山」に向けて最後の登りです
登山画像
御前山山頂 869m
登山画像
経験に無いような歩きにくい階段を下ります
登山画像
なんとガスって来ました
登山画像
アップダウンを繰り返して進みます
登山画像
クロノ尾山山頂 641m
登山画像
小ピークを過ぎると一度下ります
登山画像
下ったら再び登り返します
登山画像
鞘口山山頂 595m
登山画像
地獄の底へ下りるような急降下です
登山画像
登山道の両側の葉はすべて「カタクリ」です
登山画像
下ったので当然再びの登りです
登山画像
左から「大ダワ峠」に出てきて次は右の山に入り…
登山画像
大ダワ峠 447m
登山画像
「鋸山」へ向かい登って行きます
登山画像
「鋸山」の名に恥じない危険な登りです
登山画像
「鋸尾根」に入り登って行きます
登山画像
鋸山山頂 569m
登山画像
JR「奥多摩駅」に向かい下山開始です
登山画像
とても気持ちの良い「鋸尾根」を下って行きます
登山画像
天地山三角点 508m
登山画像
急勾配で有名な「鋸尾根」をガンガン下ります
登山画像
いろいろと景色が変化する「鋸尾根」です
登山画像
愛宕神社2.5km道標 334m
登山画像
ドンドコ下って行きます
登山画像
今まで縦走してきた山並みを振り返ります
登山画像
キレットも楽しい一場面です
登山画像
下山途中ですがさすがに汗が出てきました
登山画像
天聖神社・天狗像 197m
登山画像
お決まりの最後の針葉樹林帯に入りました
登山画像
「愛宕神社・愛宕山」に入って行きます
登山画像
「愛宕神社」様です
登山画像
愛宕山山頂 20m
登山画像
この最後の階段で一気に疲れました
登山画像
もうすぐJR「奥多摩駅」です
登山画像
JR青梅線「奥多摩駅」 ▲86m
登山画像
お疲れ様でした
登山画像
大麦代駐車場帰ってきて「御前山」を見上げます
登山画像
「丹下堂」でシカ肉定食を食べて帰りました
登山画像
「丹下堂」への駐車には注意が必要です
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、行動食、トレッキングポール、GPS機器
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たかじゅんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たかじゅん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...