登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
鷹ノ巣山ついでに稲村岩【奥多摩3大急登】2019 鷹ノ巣山(関東)
img

記録したユーザー

ひろり さん

この登山記録の行程

東日原(09:10)・・・稲村岩のコル(10:00)[休憩 15分]・・・鷹ノ巣山(12:19)[休憩 35分]・・・縦走路分岐・・・水根山・・・六ツ石山分岐(13:59)・・・六ツ石山(14:04)[休憩 10分]・・・六ツ石山分岐(14:18)・・・三ノ木戸山分岐・・・奥多摩駅(16:07)

総距離 約15.0km 累積標高差 上り:約1,515m
下り:約1,784m
コースタイム 標準:7時間10分
自己:5時間57分
コースタイム倍率 0.83
 2019年のメイン山行は7月に一の沢から常念岳へ登り、大天井岳、燕岳へ縦走する1泊2日の山行に決定!今回も日程的にハードな山行となりそうな予感(汗)です。5月も後半、そろそろ常念岳に向けて本格的な訓練山行を実施と言うことで、今回は奥多摩3大急登に挙げられる鷹ノ巣山の稲村岩尾根を登り、奥多摩駅に下るロングコースの山行となりました。
 稲村岩尾根は、1200m弱を約3Kmで一気に登ります。そのほとんどが、急登で3大急登に偽りなしです。さらに奥多摩駅への下山がとにかく長くかなり疲れました。
常念岳への良い訓練となった山行でした。

登山中の画像
  • 東日原バス停から少し歩くと登山道入口の標識があります。
  • 稲村岩がそびえています。 登る予定は無かったのですが・・・
  • 登山開始から大渋滞・・・この先が心配です・・・
  • 緑が濃くとても癒されます
  • 大きな岩がゴロゴロ。右側は高い岩の壁。スケールの大きさを感じてテンションが上がってきました。
  • 稲村岩のコルに到着、右が稲村石尾根、左が稲村岩。ここで休憩の予定でしたが、リーダーが稲村岩ちょっと見て来いよの一言・・・頂上部分がどんな感じなのか少しだけ見てくるつもりでしたが・・・
  • 稲村岩のコルから岩に取り付くと右方向へ岩の尾根が続いてます
  • 岩を越えていきます
  • 山頂付近が見えてきました。だいぶ奥まできたので山頂まで行くことにしました。※
  • 鎖はありませんが、取り付く足場があるので問題ありませんでした。
  • 山頂の岩が見えてきました。この岩場を越えると山頂のようです。
  • 稲村岩山頂からの景色①
  • 稲村岩山頂からの景色②
  • 山頂には祠と920mの標識があります
  • 無事稲村岩から帰還。往復で約15分程度でした。危険個所は※写真の場所の道が非常に狭く右側が崖になっているので慎重に。岩場の難易度は高くありませんが、標識にあるように不用意に立ち入るのはやめましょう!!
  • 休憩する間もなく岩村尾根に突入・・・
  • 写真では伝わりませんが、かなりの急登
  • ヒルメシクイノタワに到着。ここまで来れば山頂はあと少しです。
  • 最後の登りはこれまた急登・・・登り切ったと思ったら、奥にもう一登りあります(ガクッ)
  • 鷹ノ巣山登頂! 雲取山と同じ標識。六ッ石山も同じ・・・個性がなくてつまらないとリーダーの一言。確かに!
  • 御前山と奥に三頭山
  • 富士山きれいに見えました
  • 六ッ石山方面に下山開始
  • 下山途中に急な下りが数か所ありました
  • 六ッ石山到着!六ッ石山の棒の木尾根も奥多摩3大急登に挙げられています。
  • なが~い下山がようやく終わり。かなり疲れました。翌日は筋肉痛でした。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ひろりさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ひろり さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。