登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
赤岳~硫黄岳 赤岳~硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

やまたろ さん
  • 日程

    2019年6月4日(火)~2019年6月5日(水)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:特急あずさ1号、茅野駅からレンタカー。2日間で約15000円。
    美濃戸駐車場、平日午前10時頃到着で、残りスペース約10台。

  • 天候

    1・2日目とも曇り(気温 行者小屋夜間室内約10度・外約5度、稜線上約5度~約10度)
    [2019年06月04日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
美濃戸(11:15)・・・行者小屋(13:30)・・・中山展望台(13:50休憩15分)・・・行者小屋(14:15)

【2日目】
行者小屋(04:30)・・・赤岳天望荘(06:25)・・・赤岳(07:00)・・・赤岳天望荘(07:40)・・・三叉峰(08:50)・・・横岳(09:05)・・・大ダルミ(09:50休憩15分)・・・硫黄岳(10:40)・・・赤岩ノ頭(10:50)・・・赤岳鉱泉(11:50)・・・堰堤広場(12:35)・・・美濃戸(13:05)


総距離 約17.3km 累積標高差 上り:約1,804m
下り:約1,804m
 美濃戸口~美濃戸間は凸凹道、車種や乗車人数、積載量によっては車底を擦ります。トヨタアクア1人乗車で一度軽く擦りました。所要時間は、すれ違いなしで約20分、待避場が少ない狭路なので、通行量によってはさらに時間がかかるかも。
 南沢コースは、傾斜が比較的強い場所が中盤に集中していて、美濃戸中山南側辺りで進行状況と標準コースタイムを比較すると妙に遅れているように感じましたが、後半は傾斜が緩いので最終的にはそれほど遅れませんでした。
 行者小屋から中山展望台までは、一部コンクリート舗装のようにカチカチに固まった雪が残っています。展望台からは、阿弥陀岳から硫黄岳まで見上げられますが、その他の方向は樹木に遮られています。広さはそれほどなく、テーブルや椅子もありません。
 行者小屋は、当日宿泊者、小屋に私一人、テント場に一張りだったようです。夕食は腹一杯いただけました。
 地蔵尾根登山道は、行者小屋裏手。上り始めてすぐに、コンクリート舗装のようにカチカチに固まった雪(一部シャーベット状)が、登山道上部金属階段手前まで続いていましたのでチェーンスパイク使用、歯が短いのでつけっぱなしでも良かったです。最初の階段を上ったところで少々雪がありましたが、階段を上る前にスパイクは外しました。この辺りから傾斜が強まって、ザックを下ろして休憩等するのに向いた場所はほとんどありません。
 地蔵ノ頭までは階段、梯子、鎖場が続いています。鎖場は、鎖を忠実にたどれば足場はしっかりしています。鎖から1メートル程度離れただけで、岩肌に砂礫が積もっていたり、掴むと割れるようなもろい岩だったりというところがありました。行者小屋から地蔵ノ頭までほかに誰もいなかったせいか、全行程中でこの付近が最も緊張しました。
 赤岳展望荘から赤岳山頂まで、急傾斜に大量の石があり、特に石の蹴落としに注意です。
 橫岳方向は、日ノ岳登りの鎖場に雪が残っていました。鎖の他にロープが設置してあり、上り下りすれ違いで通過できました。ここ以降赤岩の頭から下り始めるまでは、道上で気になる雪はありませんでした。
 橫岳周辺は、要所に鎖や梯子が設置してありますが、自身は今回が初の泊まりがけ山行で立ち眩み癖もあるので、荷物の重みによる重心のぶれや、一つ一つの動作を確実に区切って行うよう心掛けました。
 橫岳奥の院を越えると、左右が切り立った岩の鎖場を通過、この辺りまで来るとやや高所慣れして油断しやすいかもしれません。
 大ダルミまでは緩い下りで、砂礫や石がゴロゴロ転がっていたりする道です。転倒に気をつけて疲労回復しつつゆっくり歩くと良いでしょう。
 大ダルミから硫黄岳山頂までは、緩やかな上り坂で、平べったい石だらけです。平べったいので大体安定していますが、たまにシーソーのようにガタッと来るものもあります。ケルンが数10メートル間隔で設置されており道標になっていますが、全体的にのっぺりしているので、濃霧に包まれるとかなり危険と思われます、山頂部は二つの火口に挟まれた形ですので、平面からいきなりストンと落ちています。
 硫黄岳から赤岩の頭まで下りはじめに、平べったい石のガレ場で左が急傾斜、右から岩が出っ張って突き落とされそう、というところがあります。
 赤岩の頭から赤岩鉱泉まで、一部カチカチの雪が残っています。
 北沢コースは、一部沢上の木道歩きがあり、アイゼン等で痛んでいる(木材が薄くなってしまっている)箇所があるので、労って歩いた方が良さそうです。堰堤を越えると、後は自動車が通行できるような砂利道を美濃戸まで、です。

登山中の画像
登山画像
美濃戸、赤岳山荘駐車場
登山画像
北沢コース、南沢コース分岐。駐車場から徒歩5分…
登山画像
南沢コース。
登山画像
南沢コース。ここまで来ると、傾斜はかなり緩い。
登山画像
行者小屋。
登山画像
行者小屋上方。
登山画像
中山展望台。
登山画像
中山展望台。写真外左手の方は、やや樹木多し。
登山画像
正面は阿弥陀岳、下方が地蔵尾根登山道。
登山画像
地蔵尾根を振り返って西方向。
登山画像
地蔵ノ頭から橫岳方向。
登山画像
地蔵ノ頭から赤岳方向。
登山画像
赤岳登り途中から赤岳展望荘。
登山画像
赤岳山頂。
登山画像
赤岳の左奥に富士山。
登山画像
地蔵ノ頭から日ノ岳、上部白いところが雪が残っ…
登山画像
石尊峰から橫岳奥の院方向。
登山画像
橫岳から大ダルミへの下り。岩を左、右と通過し…
登山画像
梯子を下りるとこんな札が。写真中央の岩の左側…
登山画像
左側(西側)鎖場
登山画像
左側(西側)から右側(東側)に移る辺りの下方。
登山画像
反対側は梯子を下りて、下のハイマツ沿いを歩け…
登山画像
大ダルミまでの下り。
登山画像
硫黄岳、のっぺりしています。
登山画像
硫黄岳爆裂火口。
登山画像
北沢コース木道、一部削れて薄くなっています。
登山画像
北沢コース、この橋は渡ってもすぐに行き止まり…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、ライター
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やまたろ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年7月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?