登山記録詳細

雪山登山
参考になった 0
20190503-04 常念岳登山 常念岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

まさゆき さん

この登山記録の行程

【1日目】
一ノ沢登山口(12:20)・・・王滝(大滝)ベンチ(13:30)[休憩 15分]・・・常念小屋(17:30)

【2日目】
常念小屋(06:15)・・・常念岳(07:00)[休憩 50分]・・・常念小屋(08:30)[休憩 60分]・・・王滝(大滝)ベンチ[休憩 15分]・・・一ノ沢登山口(13:00)

総距離 約13.8km 累積標高差 上り:約1,709m
下り:約1,709m
コースタイム 標準:10時間20分
自己:9時間35分
コースタイム倍率 0.93
今年はGWの天気がイマイチだったので遠征をする気にならず、天気の良い日にピンポイントで1泊の登山を決行。
北アルプスの残雪期登山としては燕岳と並んで初心者向けともっぱら評判の常念岳へ。

一ノ沢登山口は良い天気で、着いた頃はもう夏山という感じ(到着が諸事情でお昼近くなってしまったのが悪いのだが…)。
登山口に入り、沢沿いを歩いていくと、ちらほらと雪が見えるようになり、途中から完全に雪道に。

胸突八丁辺りからは傾斜が急になり、そこを延々と登っていく。
傾斜があるので座って休憩することもできず、息をあげながら小休止を繰り替えして登っていく。
東側の斜面なので、太陽が隠れるとどんどん寒くなってくるが、なかなか稜線に出れず、心が折れそうになりながらもなんとか山荘に到着。

恐らく最終到着だったが、運良く一帳分のスペースが空いており、ヘトヘトの状態でテントを設営。
しかし、夕食を食べ、槍に沈んでいく夕日を見ているうちに、ようやく来てよかったと感じられた。
夜は素晴らしい星空を眺めつつ、明日の好天を祈って眠りにつく。

翌朝、バーナーでインスタントラーメンの朝食を食べる。
寒い朝に熱々のラーメンは最高である(プラティパスの水は凍っていたので、明け方は零下になっていたようだ)。

朝食を食べていよいよ出発。
雪が引き締まってアイゼンがよく刺さり歩きやすい。
ピッケルを出すまでもなく、山頂には難なく到着。

山頂からは槍と穂高が眼前にそびえ、まさに期待していた風景が広がっていた。
左右には、槍だけでなく、御嶽、乗鞍、立山、白馬方面の山々も見え、まさにパノラマが広がる。
風はほぼ無風で、気温も上がって快適だったので、付近の岩に腰を下ろしてじっくりと景色を味わえた。

存分に景色を満喫した後、テント場に戻りテントを撤収。
重いリュックをまた背負って、出発地までひたすら下山する。
その頃には雪が腐っていたが、下山ではそれがクッションになり、逆に歩きやすかった。
登りの人は昨日の自分と同じように疲れ切っていた様子だったので、心の中で「頑張って!」と応援しながら下っていった。

登山口付近はまた夏山の暑さで、朝の零下から20度以上の温度変化があったと思う。
残雪期の温度調整の大変さを改めて感じた。

結局、行きも帰りもピッケルは使わなかった。
下りの早い時間はピッケルの方が安全の場合もありそうなので、一概に言えないが、気を付ければこの時期の今回のコースであればアイゼンとストックで行けると思う。

素晴らしい絶景を見せてくれる常念岳は、夏のハイシーズンは相当混雑しそうだ。
ゴールデンウィークのアルプスは凄い混むと聞いていたが、意外にそれほど混雑しておらず拍子抜けであった。天候がイマイチだったのが逆に良かったのかもしれない。
雪山としては初心者向きだと思うので、ぜひ良いコンディションの日を狙って快適な山行をしてほしい(登りはかなりしんどいのでそこは御承知おきを)。

登山中の画像
登山画像
一ノ沢登山口からしばらくすると雪道になる。
登山画像
常念小屋に到着。小屋はまだほとんど雪で埋まっ…
登山画像
扉までトンネルが掘られている(笑)
登山画像
槍に沈む夕日をテントから眺める最高の贅沢
登山画像
翌朝も素晴らしい景色
登山画像
朝は雪が閉まっていてアイゼンがよく刺さるので…
登山画像
山頂に到着。目の前に穂高と槍がそびえる様子に…
登山画像
大天上、燕方面
登山画像
松本方面
登山画像
下山して支度をしていると早くも雲が…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

まさゆきさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    本谷~涸沢~奥穂高岳、北穂高岳へは一部残雪あり、不安な方は軽アイゼンを用意しましょう
    19年07月11日(木)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    槍沢登山道は一部雪渓があり6本爪アイゼン+ストック推奨。落石注意。稜線で高山植物開花
    19年07月11日(木)
  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    登山道上の雪はなくなりました。7月に入り燕岳への登山者も増えました
    19年07月03日(水)
    穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    山荘(稜線)までは各ルートともアイゼンやピッケル必要。稜線ほぼ融雪しています。
    19年07月03日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

まさゆき さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2019年7月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 3人目のモニターは、雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの...
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。