登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
雨の雲取山 雲取山(関東)
img

記録したユーザー

あし0316 さん
  • 日程

    2019年6月8日(土)~2019年6月9日(日)

  • パーティ

    2人 (あし0316 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:JR新宿発特別快速ホリデーおくたま1号6:46発(ホリデーあきがわ1号でもある)→武藏五日市7:55着 拝島行8:05発→拝島でホリデー快速おくたま3号→奥多摩駅9:17着
    奥多摩駅前タクシー10:10→後山林道片倉橋前のゲート前10:45
    6400円!
    ちなみに帰路小袖川BS→奥多摩駅\627

  • 天候

    初日:後山林道は通り雨が強く吹いた後止む。2日目:雨ときどき曇り。
    [2019年06月08日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

片倉橋ゲート前(10:55)・・・塩沢橋(11:56)・・・林道終点(13:10)・・・三条の湯(13:50)テント泊

三条の湯(6:45)・・・三条ダルミ(10:36)・・・雲取山(11:33)★休憩10分・・・
旧奥多摩小屋(12:35)・・・ブナ平(13:07)・・・七つ石山(13:28)・・・七つ石小屋(13:55)★WC休憩10・・・小袖川BS(16:09)


 


総距離 約23.7km 累積標高差 上り:約1,881m
下り:約1,996m
山岳会の新人と雲取山へ。奥多摩1号で尿意を催した相方が途中下車。終点で待っていようと決め込んだ自分も五日市駅に行ってしまうという失態。奥多摩行はも少し後ろの車両でした。
大笑いの旅が始まる。拝島で乗り換えたのは奥多摩3号。残念ながらこの時間では丹波行のバスはない。観光協会に行くと『奥多摩駅にはタクシーは1台だけ。どの辺にいるか電話してみたら?』とアドバイス頂く。まだ9時過ぎ。奥多摩ビジターセンターで作戦を練り直す。丹波天平から三条の湯へ6時間かけて向かう予定が、ピンチ。急きょ、後山林道経由で三条の湯へ行く。最悪11時のバスを覚悟していた。10時頃、貴重なタクシーが戻ってきた。奥多摩駅のタクシーは2台でフル回転中でした!今年は雨不足で奥多摩湖のドラム缶橋が通行止めなんだそうです。【後山林道】と指定したら、なんとゲート前の『片倉橋』まで入ってくださった。降車したとたんに、猛烈な雨。奥多摩駅では曇りだったが、ここは奥多摩山中。雨の恵みで『麦山の浮橋』の通行解除が早まりますように~。山歩きが趣味のドライバーさん、ありがとうございました♪ 慌ててレインウェアを着こみ、ザックカバーをかけ三条の湯へ歩く。沢沿いの道は快適。お喋りしながら、初めての後山林道を歩く。
迷うことなく1本道の舗装路を辿り、やがて三条沢沿いの薄暗い山道を進む。まもなく「テントが見えた」とはしゃぐ彼。あら、早かった。13時半到着。受付を済ませ、テントの設営。私は4回目の三条の湯。誘われるがままに飛龍山の石楠花を愛で、12月はステーキとケーキを持参した冬の宴会が懐かしい。何より、山奧の温泉は魅惑的。雨でちょっぴり冷えた身体を山の出湯で癒す。山メシに大喜びの相方。胃袋は掴んだぜ~(^^♪はしゃいで、ウイスキーストレート多飲の為、撃沈。まぁ、普段は世界中を飛び回って一生懸命働く企業戦士だから、ここで休息していただこう。
 本日、私は2度目の入浴。時間制で男女交代。ひとり浴槽に浸っていたら、女性が入ってきた。話出すと小屋のスタッフさんとのこと。『飛龍山の石楠花はいいね~。』と話しがはずむ。小屋の仕事頑張ってください。相方潰れたので、消灯9時が自主的に8時消灯となりました。チ~ン。

 2日目。8時間以上爆睡した二人。日々の疲れも取れ、5時過ぎて始動。朝食を食べ、7時前に出発。せっかちな山岳会の連中と違い、万事のんびりとしている彼。一緒に山を歩くのは今回が初めて。テントとシュラフが重い、という。シュラフは30年物のモンベル・5番。「!!」私のイスカも4年物だが軽くてコンパクト。小川テントのエアライズの前のモデルだという2人用テント。確かに私の使っているのと構造は一緒。企業努力の賜物でテントもシュラフも軽量化・コンパクトになっているんだね~。お互いの持ち物に軽く、カルチャーショックを受ける。

 三条ダルミまで長いのは知ってる。夕べの深酒が効いているのか、相方の出足が鈍い。こまめに休憩を取りながら、谷沿いの一本道を少しづつ進む。トイレは奥多摩避難小屋までない。一応、携帯トイレは持参したが、必要なかった。雨のおかげで濡れはするが暑くも寒くもなく歩き続ける。話は尽きない。山菜取りが趣味のお父さんを持つ相方はヤマヤではない。が、山の事に詳しい。知り合って半年。面白い人だ。本来の予定では岩登りに行く予定でいたが、指を痛めた私を気遣い、登山となった。それにしても、私の着ているレインウェアは機能を失っている。辛うじて、ミレーの下着の効果で低体温症にならずに済んでいるが、帰ったら買い替えます。
 そのうちに狭い山道を人とすれ違うようになった。雲取山荘から三条の湯へルートを取った人達だろう。標識も全く無いので、「三条の湯、こっちですよね?」と聞かれた。『ここは急峻で厳しいから全く知らないで入山すると心細いかも・・。』奥多摩は遭難者も多い理由が分かった様子。途中、本来の道が崩壊し、尾根をまたいで上がり降りするので時間はますます乏しくなる。やっと三条ダルミに出て、雲取山頂上へ、急な九十九折の道を登る。いつも思う。わかってはいるが、ここがキツイ。だが越えてしまえば頂上だ。見慣れた山頂の奥多摩避難小屋は改修工事中。トイレの場所が変わっていた。トイレといえば、相方。先に使うように勧めたら『トイレがあまりに汚い』と言って使わずに戻ってきた。頂上で富士山を心に思い描き、「晴れていたらこっちに富士山」と説明する。晴れていれば、最高だったんだけどね。記念撮影をし、鴨沢へ向かう。16時のバスを逃したら大変。地元の交通事情を呑み込んだ相方もスピードアップする。唐松の景色を楽しみながら、小雲取山へ。トイレと水の補給で七ツ石小屋へ向かう。途中、道沿いに岩を見つけると、二人で岩談義が始まる。
 ヨモギの頭の頂上に向かうのにまた急登が始まる。「まさか、またあんな登りが待っていると思わなかった」と相方。奥多摩の山は厳しいのよ。(笑) 3月で使命を果たした奥多摩小屋やブナ坂を過ぎ、建て替えたばかりの七ツ石神社の岩場に注目。七ツ石小屋への道標を頼りに歩くと水場を発見。
相方、500MLのペットボトル1本でしのごうというのは雨でも無理だろう。大喜びで水を補給する。次は七ッ石小屋でトイレ休憩。『とっても綺麗なトイレだった。♪』とご満足いただく。
小屋番さんのいる小屋のそばのトイレはどこも綺麗。ただ素直に感謝。チャイに心惹かれながらもバスの時刻は16:09。『頑張れば間に合うかも・・』ってことで、相方は底意地を見せてくれた。
堂所から、小袖の廃屋を過ぎ、「ガードレールが見えた」と《ゴールが近いんじゃないか》、と浮かれる相方。《ここからが勝負だから・・》と諫め、道路へ進路を取り、へアピンカーブを小走りで下っていく。『今、〇分』。ダメなら最終バス時刻までお喋りしようと腹をくくっていたら、3分前に鴨沢の先のバス停に到着。「やった~。」雨でびしょびしょになりながら、大いなる達成感を得た二人だった。さすがにこの時間、下山する人もあまりいない。乗車してから車内を汚さないように、ザックカバーやレインウェアを脱ぎ、スーパーの袋にしまう。
 奥多摩駅に到着。相方が嬉しそうに「東京行き、ちょっと待てば来るよ!」と報告。電車に乗る前にトイレを済ませ、各自飲み物を買うために自由行動。駅の二階の飲食店に足を踏み入れた。お洒落なショップだ。お薦めのコーヒーをテイクアウト。登山客を意識しながら、奥多摩駅もパワーアップ。
 『楽しい旅だったね~』と口にする。良い子の皆さん、電車に乗る前にトイレへ行きましょう。
奥多摩号に乗車する際は駆け込み乗車はおやめください。のんびりしてると武藏五日市に行ってしまいます。(笑)



 
 




 






 

登山中の画像
登山画像
塩沢橋の休憩ポイント。木の椅子が有り難い
登山画像
ここから山道に入る
登山画像
三条の湯で受付を済ませる。テント+入浴代で1人…
登山画像
鹿肉の燻製¥300。是非ご賞味を♪
登山画像
ヤマツツジが見頃。
登山画像
通行禁止の札。
登山画像
巻き道ルートは安全。時間ロスが痛い。
登山画像
ヤマツツジの花の色って素敵。
登山画像
ミツバツツジ。
登山画像
三条ダルミの標識。
登山画像
雲取山へ向かう。
登山画像
山梨県の『雲取山』標識。
登山画像
奥多摩避難小屋。工事中で使用できません。
登山画像
どんな快適な小屋にリニューアルするのでしょう…
登山画像
丘にポツン、トイレ。
登山画像
埼玉県と東京都合同の山頂記念碑?
登山画像
雲取山のピーク。
登山画像
周囲は厚い雲で視界ゼロ。
登山画像
七つ石山頂付近のツツジは見頃でした♪
登山画像
閉鎖された奥多摩小屋。
登山画像
ブナ平。ここを回避し七つ石小屋へ向かいました。
登山画像
七つ石山の頂上。
登山画像
七ツ石神社。岩はご神体だろうか?
登山画像
分岐。このあたりは分岐だらけで道迷いに気を付…
登山画像
水場発見。とってもおいしい水でした。
登山画像
七ツ石小屋。今度はチャイを飲みたい。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、防水スタッフバック、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、シュラフ、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
この山行で使った山道具
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

あし0316さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 雲取山荘 ~雲取山
    雲取山荘
    キバナノコマノツメ、オサバグサ、フデリンドウなどが見頃。8/3(土)音楽祭開催!宿泊者は参加無料です
    19年07月16日(火)
    七ツ石小屋~七ツ石山
    七ツ石小屋
    雨が続いています。雨天時は暗くなるのも早いので、行動時間を考えて計画を
    19年07月10日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

あし0316 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年7月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中!
サロモン「OUT NIGHT」レポート公開中! 雲取山〜笠取山を縦走したランブラーさん。実際に背負って感じた、従来の25L前後の軽量バックパックとの違いとは?
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?