登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
千本ツツジ見に 七ツ石山 - 雲取山 雲取山、七ツ石山(関東)
img

記録したユーザー

てんてん さん

この登山記録の行程

小袖乗越(06:30)・・・堂所(07:52)[休憩 5分]・・・七ツ石小屋(08:40)[休憩 13分]・・・千本ツツジ(09:17)・・・七ツ石山(09:50)[休憩 13分]・・・ブナ坂・・・雲取奥多摩小屋・・・小雲取山・・・雲取山(11:23)[休憩 45分]・・・小雲取山・・・雲取奥多摩小屋・・・ブナ坂・・・堂所(13:57)[休憩 9分]・・・小袖乗越(15:00)

総距離 約21.5km 累積標高差 上り:約2,005m
下り:約2,005m
コースタイム 標準:8時間29分
自己:7時間5分
コースタイム倍率 0.83
七ツ石小屋の現地レポートに千本ツツジが見頃(12日満開)と有りましたので、千本ツツジ経由で雲取山ピストンしてまいりました。
梅雨らしくない前線通過後の晴れ間なので、吹き返しの風が強まり、様子を見ながら進みました。
山頂は思いの外に風はなく、時より10m前後の風が吹き抜けて行きました。(テンクラ予報はCランク)
なお、雨上がりの道ですが特にぬかるみで困難となる事もなく、歩きやすい状態でした。

今回はちょっと寄り道となりますので、早めの時間に出発、マムシ岩分岐も下りでしか使ったことのない最短ルートで、七ツ石小屋に向かいました。
小屋で休憩の後、千本ツツジに向かいます。
石尾根縦走路を進み、千本ツツジ分岐に近づくに連れ、ツツジが見え始めます。
千本ツツジ分岐からは尾根に登り、尾根沿いに七ツ石山方面に戻ることとしました。
ツツジはミツバツツジは既に終わり、ヤマツツジも終盤といった感じで、石尾根縦走路の千本ツツジ分岐手前、千本ツツジ分岐からの登り沿いと尾根沿いを七ツ石山方面に向かった辺りが多く見られました。
なお、千本ツツジ分岐から登った場所は広場のような場所で、開けた尾根沿いは踏み跡も明瞭で、天候が良ければ富士山も望める心地よい場所でした。
その先を更に七ツ石山方面に進むと木々の間の尾根道となり石尾根縦走路と合流致します。

GPSログでは22.1k 1880m でした。
雲取山から堂所までかなり頑張って下ったのですが、やはり下りは弱い私でした。
今回はテーピングでは無く、サポーターで凌ぎました。

登山中の画像
  • 6時半に出発時、半分ぐらいの駐車です。(今日は天候からして少ないかと思いましたが意外でした。)
  • 車道を5分ほど歩きますと登山道入り口となります。
  • 雨上がりですが道は乾き、歩きやすかったです。
  • なんか花が多い、二人で無いフタリシズカ、沢山咲いていました。
  • 水場は豊富
  • 堂所で一休み
  • 1/3地点案内が新しくなっていました。
  • マムシ岩に到着。特に道標も無く、石ころがゴロゴロした場所がマムシ岩です。
  • マムシ岩の七ツ石小屋分岐、ここも特に道標無く、木が渡された右手に登って行きます。笹の間の少し急なつづら折れを登ります。
  • 七ツ石小屋に到着。託児所では有りませんとのことですネ! (七ツ石小屋のトイレはバイオトイレで快適です。)
  • 七ツ石小屋から富士山
  • 山頂に雲がかかっています。
  • 小屋上の水場
  • 石尾根縦走路、千本ツツジ分岐手前
  • 千本ツツジ分岐
  • 分岐から尾根に乗ります。
  • 尾根沿いを少し七ツ石山方面に進んだ場所
  • 天候が良ければ富士山も望めそうです。
  • 更に七ツ石山方面に進むといい感じの場所
  • 本日、3匹目のシカ君
  • 反時計回りに周回しました。
  • 再建された七ツ石神社
  • 復元されたオオカミ君は社殿の中におります。
  • 七ツ石山から雲取山を望む。尾根道や避難小屋も見え、七ツ石山に立ち寄ってからがお勧めです。
  • お約束のショット
  • 閉鎖された奥多摩小屋
  • 小雲取山
  • 雲取山が見えてまいりました
  • 山梨県側、山頂山標。山梨百名山。見晴らしはこちら側の方が良い。
  • 更に奥に進むと、東京都側、山頂山標。
  • 山標が増えておりました。山梨百名山雲取山に対抗なのか?
  • 残念ながら富士山は雲がかかってしまいましたが丹沢方面は良く見えておりました。
  • 七ツ石山巻道下段、ここは水が出ておりましたが他には特に歩行に問題となる箇所は有りませんでした。
  • 七ツ石山付近、分岐案内。実際、はぐれて怪我された方もおりますので、ご注意下さい。水場は七ツ石小屋と小屋から登った上段巻道との合流点となります。
  • 堂所の大木
  • 登山道入り口
  • 駐車場に到着、おつかれさまでした。
この山行での装備
雨具・レインウェア、ヘッドライト(+予備電池)、防寒着、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、非常食、テーピングテープ、GPS機器
【その他】 熊鈴、膝サポーター、腰サポーター
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てんてんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てんてん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2020年6月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット
ストレスフリーの着心地!モンチュラの軽量レインジャケット しなやかな生地感と袖の立体裁断が特徴の「パックマインドジャケット」をワンダーフォーゲル編集部がチェック!
NEW 4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル
4つの脚の高さを自在に変えられるULテーブル 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。「factory-b」というブランドのULテーブル。不整地でも水平を作れるその仕組とは...
NEW サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表!
サーモス山ごはんレシピ 優秀作品発表! 5月中旬まで募集した「サーモス山ごはんレシピ」コンテスト。優秀作品3点を発表! 山ごはんレシピの参考に!
NEW 関東近郊で楽しむ高原ハイキング
関東近郊で楽しむ高原ハイキング 初心者やファミリーでも山歩きを気軽に楽しめる長野・群馬・栃木の高原6選
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿
身近な花の物語、知恵と工夫で生き抜く姿 『花は自分を誰ともくらべない』の著者であり、植物学者の稲垣栄洋さんが、身近な花の生きざまを紹介する連載。
理論がわかれば山の歩き方が変わる!
理論がわかれば山の歩き方が変わる! 山での身体のトラブルや疲労の多くは、歩き方の密接に結びついている。あるき方を頭で理解して、疲れにくい・トラブルを防ぐ歩行...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
知らないと損する山岳保険の知識
知らないと損する山岳保険の知識 自立した登山者なら必ず加入しておきたい「山岳保険」、その内容や詳細について、どれだけの人が知っているでしょうか?